トール20mg(ルプラックジェネリック)「徹底検証」個人輸入は安心なのか?

 

トール20mg(ルプラックジェネリック)

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

トール20mgは、個人輸入が禁止になってしまったフロセミド(ラシックス)のかわりとなるお薬です。フロセミド(ラシックス)よりも効果が強力であり、服用することで余分な水分を体から排出し、むくみを解消してくれます。

内容量 30錠/箱
剤形 素錠
有効成分 1錠中にトラセミド(Torasemide)として20mg含有
ブランド Intas Pharma (インタス・ファーマ)

トール20mgの有効成分はトラセミドです。

1錠中に日本で承認・販売されている先発品ルプラック錠よりも多い20mgを含有しています。

トラセミド製剤は、1987年にベルギーで初めて承認されて以来、浮腫、高血圧、腎不全の治療薬として、世界27カ国で承認されています。

トラセミドはループ利尿薬といわれるお薬です。

ループという名前の由来は、尿細管がループ状に曲がっている部分(ヘンレ係蹄上行脚髄質部)に作用することによります。

この系統は、もっとも作用の強い利尿薬となっています。

同類薬のなかでは、カリウムの排泄が少なく、低カリウム血症の副作用がでにくいのが特徴です。




□効果・効能

トール20mgは、個人輸入が禁止になってしまったフロセミド(ラシックス)のかわりとなるお薬です。

強力な利尿剤であるルプラック錠のジェネリック医薬品として製造・販売されています。

フロセミド(ラシックス)よりも効果が強力であり、服用することで余分な水分を体から排出し、むくみを解消してくれます。

服用することで体の余分な水分を排出することができ、いろいろな病気による浮腫の治療に用いることができます。

心臓や腎臓、あるいは肝臓の働きが悪くなると、体に水分がたまり浮腫(むくみ)を生じてしまいます。

心不全では、肺に水がたまり呼吸が苦しくなることもあります。

トール20mgは、腎臓に作用して尿量を増やし、体にたまった余分な水分をとり除きます。

その結果として体のむくみがとれ、心臓の負担も軽くなります。

また、血液の無駄な水分が減ることと、血管壁のナトリウムが減ることにより血圧を下げることもできます。

個人輸入禁止となったフロセミド(ラシックス)と比較して、利尿作用が約10~30倍、抗浮腫(むくみ)作用で約10倍強力であるとされており、多くの方にフロセミドの代替薬として使用されています。

ラシックスに含まれている有効成分フロセミドは10mgあたりトール20mgの有効成分トラセミド1mgとほぼ同等なので、切り替えの際に参考にしてください。


□用法と用量

  • 通常、成人は1回主成分として4〜8mgを1日1回服用しますが、年齢・症状によって適宜増減されます。必ず指示された服用方法に従ってください。
  • 飲み忘れた場合は、気がついたときにできるだけ早く飲んでください。ただし、次の通常飲む時間が近い場合には、忘れた分は飲まないで1回分を飛ばしてください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
  • 誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。
  • また、海外では10~20mgのトラセミドを服用する用法も承認されています。



□副作用

  • 主な副作用として、頭痛、頭が重い、倦怠感、のどが渇く、めまい、立ちくらみ、頻尿などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

  • 全身倦怠感、食欲不振、皮膚や結膜などの黄染(黄色くなる)[肝機能障害、黄疸]
  • 鼻血・歯ぐきの出血、四肢などの皮下出血[血小板減少]
  • 不整脈、全身倦怠感、脱力感[低カリウム血症、高カリウム血症]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。




□情報広場

日本では、先発品であるルプラック錠4mgを病院から処方してもらうことができます。
1箱30錠分のトール20mgとほぼ同じ量を処方してもらうには、ルプラック錠4mgが150錠必要です。

日本の病院から、ルプラック錠4mgを150錠処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
ルプラック錠4mgの価格:1錠21.9円×150錠=約3,290円
合計約6,790~7,790円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約2,040~2,340円かかります。





□レビュー

フロセミド(ラシックス)の個人輸入ができなくなるので、フロセミド(ラシックス)のストックと一緒にトラセミドなるものを試しに一箱だけ個人輸入してみました。

以前にも、カリウムとナトリウムのバランスが気になって利尿剤を変えようと考えたときに、アルダクトンなるものを試したことがあるのですが、ラシックスのような顕著な利尿効果を感じられず、結局アルダクトンはラシックスとの併用に落ち着きました。

トラセミドはアルダクトンよりは利尿効果をしっかり感じることができましたが、

気のせいかなラシックスほどではないような気がしました。

ラシックス(フロセミド) ≧ トラセミド >>> アルダクトン
と、いった感じです。

そんなわけで、ラシックス(フロセミド)のストックがなくなったら移行するのはトラセミドなるものになる予定です。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

トール20mg(ルプラックジェネリック)