デンタルフレッシュ犬用503ml「徹底検証」個人輸入は安心なのか?

 

デンタルフレッシュ犬用503ml

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

犬用のデンタルケアです。飲み水にに混ぜていただきそれをワンチャンに飲ませていただくだけなので、歯ブラシが難しい子に対しても簡単に投与できます。口臭予防や歯垢付着防止にも効果あり。

内容量 503ml/本
剤形 液体
有効成分 水、安定二酸化塩素、安息香酸ナトリウム、酢酸EDTA
使用期限 2021-01-31
ブランド SynergyLabs(シナジーラボ)

デンタルフレッシュ犬用はワンちゃん用のデンタルケア製品です。飲み水に混ぜて使用します。

ワンちゃんの口腔内のケアは非常に重要です。

ワンちゃんは基本的に虫歯にはなりません。しかし、歯周病になってしまうワンちゃんが非常に多いです。

歯に食べ物の残りカスや汚れが付着しているとそこに歯垢が溜まります。歯垢が溜まってくると、それが歯石になり、そこに細菌が増殖します。増殖した細菌から分泌されるガスによって口の中に嫌な臭いが発生します。さらに細菌が繁殖すると、歯の根元から歯肉にかけて炎症を引き起こし、歯周病になります。歯周病がさらに悪化すると歯の根元が腐り、歯を抜かなければならない事態に陥ってしまいます。

歯周病になってしまった場合は内科的な治療はもちろんですが、麻酔をかけて外科的に歯を摘出したり歯肉を縫う必要が出てきます。外科手術には麻酔が伴うため、ワンちゃんの身体に負担がかかります。

ですので、歯周病の進行を食い止めるためにも日々のデンタルケアが重要になります。

デンタルケア製品には色々な種類のものがあります。歯ブラシ、歯磨き粉、歯磨きガムなどが主なデンタルケア製品かと思います。

しかし、歯ブラシや歯磨き粉は嫌がるワンちゃんが多く、行うハードルが非常に高いです。

歯磨きガムはおやつ感覚で食べることができ、比較的行いやすいデンタルケアです。ただ、中には歯磨きガムが合わずに下痢をしてしまうワンちゃんがいたり、喉に詰まらせてしまうワンちゃんもいます。

デンタルフレッシュは飲み水に混ぜてもらうだけの簡単投与なので、ワンちゃんが嫌がることは少ないですし、喉に詰まらせてしまうような心配もありません。また、飲み水なので歯の隙間や口の奥までしっかりと成分が届きます。

デンタルフレッシュ犬用を混ぜた水を飲んでいただくだけで、口臭の原因菌となる細菌の増殖を抑えてくれます。細菌の増殖が収まれば口臭軽減にも繋がります。また、歯への汚れの付着を防ぎ、歯石の予防にもなります。

適切な使用を継続していけば、白い美しい歯を維持することができます。

ただし、デンタルフレッシュ犬用単体よりも歯磨きや歯磨きガムなどと併用すると効果が高まるので、可能であれば他のデンタルケアも使用してください。

また、デンタルフレッシュ犬用は歯周病を直す薬ではないので、歯に赤みが見られたり、口の臭いが気になる場合は一度動物病院を受診してください。




□効果・効能

ワンちゃんの歯垢・歯石付着予防、口臭予防効果があります。

歯磨きやデンタルガムが難しいワンちゃんにおすすめです。

液状の薬なので、口全体にまで染み渡り、歯の隙間にも入っていきます。

歯垢・歯石の予防は歯肉炎の予防にも繋がります。


□用法と用量

ワンちゃんの歯周病は小型犬種で非常に一般的です。歯周病は、歯垢や歯石などの口腔内の環境悪化が原因で発生します。歯周病が悪化すると歯茎の下の支持骨にまで細菌が感染し、悪化すると骨を溶かします。

歯周病の進行は口の痛みを引き起こし、食欲不振に繋がります。

ワンちゃんの歯が定期的に手入れされていない場合、口臭、歯垢、歯石、歯周病、さらには歯が抜け落ちる可能性があります。

適切なデンタルケアは歯周病の予防につながります。

デンタルフレッシュ犬用に含まれている有効成分は安定二酸化塩素という物質です。この成分によって口臭や歯周病の原因になるような細菌の増殖を抑えてくれます。

歯は外側からエナメル質・象牙質・歯髄と層状の構造になっています。一番外側のエナメル質は身体の中で最も硬い部位です。エナメル質は歯にとって非常に重要な層で、歯の表面をコーティングしている層です。この硬い層によって歯は守られています。エナメル質は酸に弱く簡単に溶けてしまいます。

デンタルフレッシュ犬用を毎日使用することで、このエナメル質の再生を促して歯を強くしてくれます。

ペットショップなどで市販されている製品の多くには砂糖や強い刺激があるミントフレーバーなどといった成分が使われていることがあります。しかし、デンタルフレッシュはこれらの成分を一切添加していません。

ですのでデンタルフレッシュ犬用を継続して使用しても、歯が着色したりすることはありません。

デンタルフレッシュ犬用には人工的なフレーバーなどは一切含んでおらず、無味無臭です。ですから、ワンちゃんはデンタルフレッシュが飲み水に混ざっていることに気付かず、無理なくデンタルフレッシュを投与することが可能です。

安定化二酸化塩素は濃度によっては身体に有害作用を及ぼす可能性があるので、使用前に一度動物病院で健康診断・使用の相談を受けてください




□副作用

  • まれに飲水後に下痢を呈する子がいるので、万が一、症状が出た場合は動物病院を受診して下さい。



□情報広場

デンタルフレッシュ犬用をオンラインのショップから購入すれば受け取る手間がかかりません。
また、診察料や処方料もかからないので動物病院でデンタルフレッシュ犬用を手に入れるよりもコストがかかりません。

具体的な数字で比べてみましょう。
日本獣医師会による平成27年度の調査によると、動物病院の初診料で最も多い価格帯は1,000円~1,999円です。再診料で最も多い価格帯は500円~999円。
内服薬の調剤料金として最も多い価格帯は1~499円です。

ざっと平均値で考えると、初診の場合は約1,750円、再診の場合は約1,000円がかかります。
デンタルフレッシュ犬用のような口腔ケア製品を動物病院で購入した場合、2,000円程度になります(動物病院によって異なります)。
ですので、初診の場合1,750+2,000=3,750円、再診の場合1,000+2,000=3,000円程度がかかる可能性があります。

オンラインストアでは来院の必要はありませんし、まとめ買いで更に安く購入することが可能です。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

デンタルフレッシュ犬用503ml