エナカルド錠ジェネリックエナラプリル2.5mg「徹底検証」個人輸入は安心なのか?

 

エナカルド錠ジェネリックエナラプリル2.5mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

犬の僧帽弁閉鎖不全性への治療薬。血流改善を促し心臓への負担を減らします。砕けやすい薬剤なので非常にワンちゃんにとって食べやすい作りです。長期投与が必要になる心臓の薬として飲みやすい作りになっています。

内容量 28錠/箱
剤形 錠剤
有効成分 1錠中マレイン酸エナラプリルを2.5mg含有する
使用期限 2000-01-01
ブランド UK Generic(ユーケージェネリック)

エナカルド錠ジェネリックエナラプリル2.5mgにはエナラプリルと呼ばれる薬剤成分が含まれています。

エナラプリルはアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬と呼ばれる種類の薬剤です。

心不全のワンちゃんは身体の中でアンジオテンシン2と呼ばれる酵素が増加しており、これによって動脈収縮、Na貯留、血液量増加が引き起こされます。その結果、心臓にかかる負荷が増大し、心肥大も起こり、心不全がさらに悪化します。

エナラプリルがこのACEを阻害することで動脈収縮を抑制し、心臓への負担は軽くなります。さらにACEの抑制は心肥大の改善にも繋がります。

また、ACEを阻害するとアルドステロンと呼ばれる物質の分泌が減少します。アルドステロン分泌の減少により利尿効果が現れ、うっ血がとれ、浮腫が軽減されます。

このACE阻害薬は重篤な副作用が少ないこともあり、うっ血性心不全の第一選択薬として使用されています。

ワンちゃんの僧帽弁閉鎖不全症は、心臓の弁が緩くなることで心臓内で血液の逆流が引き起こされます。逆流が引き起こされると本来全身に流れていくはずの血液の一部が心臓に止まり、循環不全、心臓の肥大を引き起こします。ACE阻害薬の薬理作用でこれら僧帽弁閉鎖不全症で引き起こされる症状を緩和することができます。

ACE阻害薬は大きな副作用はありませんが、低血圧の副作用の可能性があるので、初回の処方の際は服用量を動物病院で調節してもらってください。




□効果・効能

エナカルド錠ジェネリックエナラプリル2.5mgは心血管系に作用する薬です。血液の流れを良くする作用があります。

エナカルド錠ジェネリックエナラプリル2.5mgは主としてワンちゃんの僧帽弁閉鎖不全症の治療薬として使用されます。

僧帽弁閉鎖不全症は心臓の中にある「弁」が緩くなってしまう病態です。

弁が緩くなってしまう主な原因は老化です。

弁の役割は心臓の中で血液の逆流を防ぐことです。なので、弁の機能が落ちてしまうと心臓の中で血液の逆流が生じてしまいます。血液の逆流が起こると身体にしっかりと血液を循環させることが難しくなり、失神や虚脱を生じさせます。

エナカルド錠ジェネリックエナラプリル2.5mgは血液の流れを改善させることにより、弁の機能が落ちているワンちゃんでもしっかりと全身に血液を巡らせることができるように働きかけてくれます。

僧帽弁閉鎖不全症は9割程度の症例で心臓の雑音が聴取されます。ですので、ご家庭のワンちゃんの心臓が心配な方は一度動物病院を受診してください。心臓病にかかったワンちゃんの初期症状として、疲れやすさ・咳などが多く見られます。もし、ご自宅でそのような症状が見られた場合は動物病院を受診されることをお勧めします。

エナカルド錠ジェネリックエナラプリル2.5mgは血液循環に作用する薬です。なので、血圧にも影響及ぼします。容量を間違えると命に関わる副作用にも繋がるので、初めて薬を飲む場合は動物病院で獣医師に相談してからお薬を始めるようにしてください。

エナカルド錠ジェネリックエナラプリル2.5mgは通常の錠剤とは異なりフレーバーが付いているお薬になるためおやつ感覚で食べやすい薬になっています。心臓病のお薬は、通常一生涯必要な飲み薬となります。なので普通の錠剤よりも飲みやすい形状の薬の方がストレスも少なくワンちゃんの負担も少ないです。


□用法と用量

エナカルド錠ジェネリックエナラプリル2.5mgは砕けやすいタブレット錠になっています。

おやつ感覚で単独でワンちゃんに投与して下さい。身体が小さく、錠剤が飲みにくい場合は、砕いて投与していただいても構いません。

錠剤単独での投与が難しい場合は、オヤツなどと一緒に投与して頂いても構いません。

エナカルド錠ジェネリックエナラプリル2.5mgは長期投与が可能なお薬です。

用法・用量は以下の通りです。

  • 通常、体重1kg当たりマレイン酸エナラプリルとして0.25mg~0.5mgを1日1回経口投与します。必要により体重1kg当たりマレイン酸エナラプリルとして0.5mgを1日2回に増量可能です。
  • 用量を誤ると、低血圧等の症状が現れるため、初期投与量は動物病院にて相談して決めて下さい。



□副作用

  • 降圧作用に基づき虚脱等が現れることがあるので、初回投与後および増量後24時間は患畜を注意深く観察してください。
  • 蛋白尿やヘマトクリット値、AST、ALT、BUN、クレアチニン、ALP、CPKの変動が認められることがあります。



□情報広場

エナカルド錠ジェネリックエナラプリル2.5mgをオンラインのショップから購入すれば受け取る手間がかかりません。
また、診察料や処方料もかからないので動物病院でエナカルドを手に入れるよりもコストがかかりません。
具体的な数字で比べてみましょう。

日本獣医師会による平成27年度の調査によると、動物病院の初診料で最も多い価格帯は1,000円~1,999円です。再診料で最も多い価格帯は500円~999円。
内服薬の調剤料金として最も多い価格帯は1~499円です。
ざっと平均値で考えると、初診の場合は約1,750円、再診の場合は約1,000円がかかります。

心臓疾患の場合、超音波検査やレントゲン検査も必要です。
超音波検査で平均2,500円、レントゲン検査で平均2,250円ほどがかかります。

ですので、初診の場合1,750+2,500+2,250=6,500円、再診の場合1,000+2,500+2,250=5,750円程度がかかる可能性があります。(検査はその子の状態にもよるので、必ず行うわけではありません)
オンラインストアでは来院の必要はありませんし、まとめ買いで更に安く購入することが可能です。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

エナカルド錠ジェネリックエナラプリル2.5mg