ヒムコパス(腹痛・下痢止め)「徹底検証」安全なのか?

 

ヒムコパス(腹痛・下痢止め)

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

ヒムコパス(腹痛・下痢止め)は、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいて製造・開発された鎮痙(痙攣を抑える)および止瀉(下痢止め)薬です。服用することで消化管の異常な痙攣によって起こる腹痛を緩和し、消化機能を向上することで下痢症状も解消してくれます。

内容量 10錠/箱
剤形 錠剤
有効成分 1カプセル中に以下を配合 Ajamoda(Apium graveolens) 96mg、Sati(Curcuma zedoaria) 25.5mg、Sunthi(Zingiber officinale) 24mg
ブランド Himalaya Healthcare (ヒマラヤ・ヘルスケア)




□効果・効能

ヒムコパス(腹痛・下痢止め)は、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいて製造・開発された鎮痙(痙攣を抑える)および止瀉(下痢止め)薬です。

1930年に創業が開始された100年近い歴史をもつ老舗のサプリメントメーカーであるHimalaya(ヒマラヤ)社によって製造・販売がされています。

ヒマラヤ社はインドの歴史ある伝統医学アーユルヴェーダに基づいた製品を多く開発し、世界中に発信している製薬メーカーです。

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいた生薬を大量に使用し、100%天然成分のみで構成されているのにもかかわらず強力な効果が得られるといわれています。

服用することで消化管の異常な痙攣によって起こる腹痛を緩和し、消化機能を向上することで下痢症状も解消してくれます。


□用法と用量

  • ヒムコパスは、急性痙攣疼痛を感じたときに速やかに1回2カプセルを服用してください。
  • ヒムコパスを服用して1時間経過後、まだ痛みがあるようでしたら追加で1カプセル服用することができます。
  • あるいは、患者の疾患および症状に応じて適切な投与量をアーユルヴェーダ医者に相談して決めてください



□副作用




□情報広場





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

ヒムコパス(腹痛・下痢止め)