ハロベート0.05%軟膏「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

 ハロベート0.05%軟膏

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要


ハロベート0.05%軟膏は、日本では販売されていない強力な抗炎症作用をもつステロイドの塗り薬です。使用することで、抗炎症作用や抗アレルギー作用により発赤、はれ、かゆみなどの症状を改善します。1箱30gチューブ1本入りです。

内容量 30g/本
剤形 軟膏剤
有効成分 1g中にハロベタソールプロピオン酸塩(Halobetasol Propionate)として0.5mg(0.05%)含有
ブランド Glenmark Pharmaceuticals (グレンマーク・ファーマ )



□効果・効能

ハロベート0.05%軟膏は、日本では販売されていない強力な抗炎症作用をもつステロイドの塗り薬です。

使用することで、抗炎症作用や抗アレルギー作用により発赤、はれ、かゆみなどの症状を改善します。

1箱30gチューブ1本入りです。

塗り薬にはクリームタイプや軟膏タイプ、スプレータイプやローションタイプのものがありますが、このお薬は軟膏タイプです。

軟膏タイプのハロベート0.05%は、皮膚への刺激感が他のタイプの塗り薬よりも少なく、皮膚を保護したり柔軟にしたりする効果があります。

傷のある部位やジュクジュクした皮膚でも刺激を与えずにハロベート0.05%を使用することが可能となっています。

湿疹や皮膚炎の症状がひど過ぎて掻きむしって悪化した皮膚でも安全に使用することができます。

そのため、軟膏タイプのハロベート0.05%は乾燥した肌やアトピー性皮膚炎のようなカサカサした肌への使用に適しています。

軟膏タイプのハロベート0.05%の弱点は、他の塗り薬よりもベタベタしやすく、キレイに洗い流しにくいということです。

夏のように暑い時期に軟膏タイプのハロベート0.05%を使用するとベタつきが気になるので、そのような時期はクリームタイプのハロベート0.05%を使用するようにしてください。

そして、冬場の寒く乾燥する時期は保湿のために軟膏タイプのハロベート0.05%を使用するようにしてください。

強力な効果がありながら、患部に直接塗ってその場で抗炎症作用を発揮するので、飲み薬のような全身性の副作用がほとんどなく、安全に使用することができます。


□用法と用量

  • 湿疹
  • 皮膚炎
  • 蕁麻疹
  • 乾癬
  • 虫さされ
  • 紅皮症

  • 通常、1日1〜2回適量を患部に塗布しますが、症状により適宜増減されます。必ず指示された使用方法に従ってください。

<用法・用量に関連する使用上の注意>

  • 眼の中に入らないように注意してください。
  • 長期にわたって使用しなければならないときは定期的に医師の診察を受けてください。
  • 副作用があらわれるおそれがありますので、化粧下やひげそり後に使用しないでください。
  • おむつのあたる部分に使うときは、ぴったりしたおむつやビニール製のパンツの使用は避けてください。
  • 使い忘れた場合は、気がついたときすぐに使用してください。ただし、次に使用する時間が近いときは、忘れた分を抜き、次回より指示どおり使用してください。
  • 誤って多く使った場合は医師または薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で使用を止めないでください。


□副作用

主な副作用として、皮膚萎縮、毛のう炎・せつ、毛細血管拡張、紅斑、発疹、蕁麻疹、かゆみ、皮膚灼熱感、接触性皮膚炎などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。


□情報広場





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

 ハロベート0.05%軟膏