プロゲスタン(プロゲステロン)200mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

プロゲスタン(プロゲステロン)200mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

プロゲスタン200mgは、乳癌・子宮体癌治療薬です。服用することで癌の原因である女性ホルモンのバランスを調整し、他剤による治療を受けている患者、痛みを伴う骨転移患者、閉経前の患者にも効果があるとして多くの患者に使用されています。

内容量 30錠/箱
剤形 カプセル剤
有効成分 1カプセル中にプロゲステロン(Progesteron)として200mg含有
ブランド Kocak Pharma (コパック・ファーマ)




□効果・効能

プロゲスタン200mgは、乳癌・子宮体癌治療薬です。

Kocak Pharma (コパック・ファーマ)によって製造・販売されています。

服用することで癌の原因である女性ホルモンのバランスを調整することができます。

従来の女性ホルモン製剤と異なり、多様な作用メカニズムにより効果を発現します。

他剤による治療を受けている患者、痛みを伴う骨転移患者、閉経前の患者にも効果があるとして多くの患者に使用されています。


□用法と用量

  • 乳癌には、プロゲステロンとして通常成人1日600~1,200mgを3回に分けて経口投与する。
  • 子宮体癌(内膜癌)には、プロゲステロンとして通常成人1日400~600mgを2~3回に分けて経口投与する。 なお、症状により適宜増減する。



□副作用

主な副作用として、体重増加、満月様顔貌(ムーンフェイス)、子宮出血、浮腫、血栓症、月経異常、視覚障害などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

  • 足の痛み・むくみ、胸の痛み、血を吐く[血栓症]
  • 息切れ・息苦しい、全身のむくみ、からだがだるい[うっ血性心不全]
  • 息切れ・息苦しい、眼と口唇のまわりのはれ、じんましん[アナフィラキシー]
  • 視力の低下、眼球突出、ものが二重に見える、片頭痛[乳頭浮腫]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。




□情報広場

日本では、同量のプロゲステロンを含有しているヒスロンH錠200mgを病院から処方してもらうことができます。

日本の病院から、30錠分のヒスロンH錠200mgを処方してもらうのにかかるコストは、
病院の診察料や処方料:3,500~4,500円
ヒスロンH錠200mgの価格:1錠236円×30錠=7,080円
合計10,580~11,580円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約3,180~3,480円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

プロゲスタン(プロゲステロン)200mg