ピジョン(塩酸ピオグリタゾン)15mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

ピジョン(塩酸ピオグリタゾン)15mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

インスリンに対する身体の感受性を高め、筋肉や脂肪組織による糖の吸収・利用を促進させて血糖値を下げる2型糖尿病治療薬です。日本でも「アクトス」という名前で多く使用されており、世界中で人気のある薬です。

内容量 30錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 1錠に塩酸ピオグリタゾン15mg含有
ブランド SAVA (サバ)

有効成分としてピオグリタゾン15mgを含有しています。ピオグリタゾンはチアゾリジン系と呼ばれる血糖降下薬であり、インスリン抵抗性を改善することで血糖を下げます。

インスリン抵抗性というのは、インスリンが身体に対してきちんと効くかどうかです。インスリン抵抗性が増える(効きが悪くなる)と、筋肉組織や脂肪組織における糖の取り込みや糖の利用が低下したり、肝臓での糖の放出が増えてしまうことで血糖が上がりやすくなります。

ピオグリタゾンはPPARγという受容体(核内受容体型転写因子と呼ばれており、脂肪細胞分化や脂肪酸の取り込みなどの役割を果たします。)に作用し、肥大化した脂肪細胞を分化してインスリン感受性の高い小型脂肪細胞を増やすことでインスリン抵抗性を改善します。

この時、小型脂肪細胞の増加によってインスリンの働きを悪くする体内物質TNF-αの産生が抑制され、インスリン感受性や抗動脈硬化作用に関与する体内物質アディポネクチンが増えます。

こうしてピオグリタゾンは、インスリン抵抗性を改善することによって筋肉・脂肪組織などの末梢器官に血糖を取り込みやすくし、肝臓での糖新生を抑制して糖が血中に送られるのを抑え、更にアディポネクチンを増やすことで脂質を下げたり血管を保護して動脈硬化を防ぎます。





□効果・効能

ピジョンは有効成分として塩酸ピオグリタゾン15mgを含有する血糖降下薬です。本剤はジェネリック医薬品であり、先発品の商品名は「アクトス 」です。日本を含め世界中の2型糖尿病治療に多く使用されています。

2型糖尿病治療に使用される血糖降下薬は大きく「インスリンを出しやすくする薬」・「インスリンを効きやすくする薬」・「食事中の糖の吸収を抑えたり排泄を促す薬」の3種類に分けることができます。ピジョンは「インスリンを効きやすくする薬」です。

ピジョンの有効成分ピオグリタゾンは、体内のインスリン抵抗性を改善することで血糖をコントロールします。肥満気味の方やインスリンに対する感受性が鈍くなった方に特に適しております。

後述しますが、脂質減少作用や抗動脈硬化作用も有していることが特徴です。ただし、インスリン自体を増やす作用はありません。

ピジョン特有の副作用として浮腫・心不全が挙げられるため、特に女性は注意が必要です。心不全の方や心不全になったことがある方は服用できません。


□用法と用量

  • 通常成人はピジョンを1日1回有効成分ピオグリタゾンとして15~30mg(1~2錠)、朝食前もしくは朝食後に服用します。
  • 年齢や症状によって適宜増減しますが、最大用量は有効成分ピオグリタゾンとして1日45mg(3錠)までです。
  • 尚、すでにインスリン注射を使用している場合における最大用量は1日30mg(2錠)までです。
  • 浮腫の副作用が比較的女性に多く報告されているため、女性の方は浮腫の発現に注意してください。1日1回15㎎から服用開始することを推奨します。
  • 男女共に増量時(特に30mg→45mg)に浮腫の副作用が発現した例が多く報告されているため注意してください。
  • 生理機能が低下傾向にある高齢者の方も、1日1回 15㎎から服用開始することを推奨します。

最大限の効果を得るために

  • 糖尿病治療の基本である食事療法・運動療法を並行して行いましょう。

併用して相乗効果のある薬剤

  • HMG-単剤では効果が不十分な場合、医師の判断によって他の血糖降下薬やインスリン製剤を併用することがあります



□副作用

  • 低血糖(冷や汗・脱力感・震え・寒気・動悸・冷や汗・空腹感・頭痛など)
  • 浮腫(手足のむくみ、体重増加など)
  • 心不全(息苦しい・息切れ・胸が苦しい・動悸など)
  • 重い肝障害(倦怠感、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、黄疸、茶褐色尿など)
  • 横紋筋融解症(手足のしびれ・けいれん、筋肉痛、歩行困難、赤褐色尿など)
  • 間質性肺炎(から咳、息苦しい、息切れ、発熱など)
  • 膀胱がん(血尿・頻尿・排尿痛など)

特に注意すべき副作用は血糖値が下がりすぎる低血糖症状と浮腫・心不全です。
低血糖症状が発現したら、すぐに砂糖やジュースなどの糖分を摂取してください。
症状が改善しない場合や重い場合は直ちに医療機関を受診してください。
浮腫・心不全ピジョンの重大な副作用で、国内では過去に緊急安全性情報が出されております。心不全と診断された方や心不全になったことがある方はピジョンの服用を控えてください。

その他、頻度は少ないですが肝機能値の異常・血圧上昇・心胸比増大・心電図異常・発疹・かゆみ・吐き気・胃の不快感・食欲亢進・骨密度低下・骨折などの副作用が報告されています。




□情報広場

有効成分ピオグリタゾンは日本でも処方医薬品として認可されており、国内の多くの医療機関で使用されております。先発品の商品名は「アクトス」です。

アクトス15mgの薬価は1錠62.8円なので、30錠処方してもらう場合の薬代は1,884円になります。
ここに診察料・処方料・調剤料などの受診にかかる費用が加算されると総額では約5,000〜6,000円になることが想定できますが、実際の負担金額は保険適用の3割で約1,500円〜1,800円となります。
尚、何らかの処置や検査を行なった場合は更に数千円加算されます。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

ピジョン(塩酸ピオグリタゾン)15mg