エゼドック(エゼチミブ)10mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

エゼドック(エゼチミブ)10mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

世界的に有名な高コレステロール血症治療薬で、「ゼチーア」のジェネリック医薬品です。 従来の薬剤とは異なる新しい作用機序で、血中脂質値を改善します。

内容量 100錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 1錠にエゼチミブ(Ezetimibe)10mg含有
ブランド Lupin Limited (ルピン)




□効果・効能

エゼドックは有効成分としてエゼチミブ10mgを含有する高コレステロール血症治療薬です。
日本を含め世界中で有名な高コレステロール血症治療薬「ゼチーア」のジェネリック医薬品であり、グローバルに展開するインドの大手製薬Lupin Limitedが製造販売しております。

エゼドックは新しい高コレステロール血症治療薬です。
現在主流の高コレステロール血症治療薬であるアトルバスタチン(商品名リピトール)などのスタチン系薬剤とは全く異なる、新しい作用機序を持つ薬剤です。

エゼドックの有効成分エゼチミブは、小腸においてコレステロールの体内への吸収を阻害する作用(小腸コレステロールトランスポーター阻害作用)によって血中コレステロール(LDL)を下げます。
また、善玉コレステロール(HDL:血中コレステロールを取り除いてくれるコレステロール)は上げて中性脂肪(TG)を下げる効果も有するため血中脂質値全体を改善します。

血中コレステロールが増加して血中脂質値が悪くなると、血管内でコレステロールの沈着・蓄積ができて血液がドロドロとなり、血管が狭く血液が流れにくい状態になります。
この状態が動脈硬化であり、動脈硬化が進行すると脳卒中心筋梗塞などの様々な重大疾患の発症リスクが高まります。
エゼドックのような高コレステロール血症治療薬によって血中脂質値を正常にすることで動脈硬化を防ぎ、重大な疾患を予防して健康寿命を伸ばすことが可能です


□用法と用量

  • エゼドックを通常成人は有効成分エゼチミブとして1回10mg(1錠)を1日1回食後に服用します。時間帯は何時でも問題ありません。
  • 年齢や症状によって適宜減量します。

最大限の効果を得るために

  • コレステロール血症治療の基本は食事療法・運動療法です。エゼドック服用期間も並行していきましょう。また、飲み忘れがないように正しく服用してください。

併用して相乗効果のある薬剤

  • HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン系薬剤)と併用することで、スタチン系単剤では改善が見られなかった高コレステロール血症を有意に改善するという海外データがあります。



□副作用

主な副作用

  • 便秘、下痢、腹痛、腹部膨満感、吐き気、発疹、肝機能値の異常、コルチゾール上昇など

重大な副作用(ごく稀)

  • 横紋筋融解症(手足のしびれ・こわばり、脱力、筋力低下、筋肉痛、歩行困難、赤褐色尿など)、アナフィラキシーショック、血管神経性浮腫、重い肝障害など



□情報広場

有効成分エゼチミブは日本においても多くの医療機関で使用されている人気の高コレステロール血症治療薬です。
商品名「ゼチーア」で、まだジェネリック医薬品は販売されておりません。

ゼチーア錠10mgの薬価は1錠177円なので、100錠処方してもらう場合の薬代は17,700円となります。
ここに診察料・調剤料などの受診にかかる費用が加算されると総額ではおよそ21,000〜22,000円になるかと想定できますが、高コレステロール血症の治療においては保険適用(全額自己負担)となって実際のお会計はおよそ6,300〜6,600円となります。(保険適用外では全額自己負担となります。)

何らかの検査や処置があった場合は更に数千円加算されます。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

エゼドック(エゼチミブ)10mg