プラセントレックスジェネリック(ヒトプラセンタジェル)「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

プラセントレックスジェネリック(ヒトプラセンタジェル)

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

[新商品] センタサバジェルは、シミやシワ消し、肌のハリ・潤い向上、美白のために使用されているプラセントレックスジェネリック医薬品です。日本でも販売されている健康食品のようなウシ、ブタ、ヒツジ、ウマ由来のものではなく、ヒト由来のプラセンタを配合しているため、使用することで圧倒的な効果が期待できます。

内容量 1箱20gチューブ1本入り
剤形 ジェル製剤
有効成分 1g中にヒトプラセンタ(Human Placenta)抽出物として0.1g、窒素(Nitrogen)0.25%含有
ブランド SAVA (サバ)




□効果・効能

ヒト由来のプラセンタを含む塗り薬、プラセントレックスジェネリック医薬品です。センタサバ(CENTASAVA)という商品名で販売されています。

プラセントレックスジェネリックは、シミやシワ消し、肌のハリ・潤い向上、美白のために使用されています。日本でも販売されている健康食品のようなウシ、ブタ、ヒツジ、ウマ由来のものではなく、ヒト由来のプラセンタを配合しているため、使用することで圧倒的な効果が期待できます。

センタサバジェルは、インドの有名な製薬会社であるSAVA (サバ)社によって製造・販売されています。SAVA (サバ)社は2003年に設立された比較的新しい企業ですが、数多くのジェネリック医薬品を製造・販売しています。インドはジェネリック大国といわれるだけあり、SAVA (サバ)社のセンタサバジェルも安価でありながら先発品プラセントレックスと遜色ない高品質なお薬となっています。

使用することで先発品プラセントレックスと同等の効果が期待できます。老化や紫外線による皮膚のシミやしわの改善、肝斑やニキビ跡をキレイな美しい肌に戻すために使用されています。

※ご注意!:プラセントレックスジェネリックのセンタサバでは、先発品で多くいただいた「香料がキツすぎる」という意見を製品開発に反映し香料の配合量を減らしています。そのため、塗った直後はヒトプラセンタ特有の匂いがあることを予めご了承ください。ジェルを薄く延ばし、空気に触れますとすぐに匂いは気にならなくなります。


□用法と用量

  • センタバジェルは、気になる部位を清潔にし、通常1日3~4回、適量とり塗布します。
  • 必要な場合は、滅菌処理がされたガーゼなどにジェルを塗布し気になる部位に貼ることもできます。
  • 症状に応じて医師・薬剤師の指示通りに使用するようにしてください。

<用法・用量に関連する使用上の注意>

本剤は有効成分としてヒト胎盤由来成分を含有しており、原材料となった胎盤を採取する際には、問診、感染症関連の検査を実施するとともに、製造工程において加熱処理を実施し、感染症の伝播を防止するための安全対策を講じているが、ヒト胎盤を原材料としていることによる感染症伝播のリスクを完全に排除することができないため、疾病の治療上の必要性を十分に検討の上、必要最小限の使用にとどめるようにしてください。




□副作用


センタサバジェルは、ほとんどの方が副作用を起こすことなく安全に使用することができます。

しかし、日本で承認されているヒト由来のプラセンタ(商品名:ラエンネック)では過敏症(発疹・発熱・掻痒感)等の副作用を起こしたと報告されています。

皮膚が荒れやすい方やアレルギー体質の方は、過敏症を起こすおそれがあるので注意してください。



□情報広場

薬局やドラッグストアで販売されているプラセンタ商品はヒト由来のプラセンタではなく、ウシ、ブタ、ヒツジ、ウマ由来の健康食品であり十分な効果が期待できません。

また、ヒト由来のプラセンタ(商品名:ラエンネック)は医薬品として承認されていますが、日本では注射剤のみとしてしか認可されておらず、病院から処方してもらうことができません。





□レビュー

今回はベストケンコーさんからプレゼントでいただいたので、プラセントレックス(先発品)と比較してみました。
テクスチャ(ジェル状) 匂い(例えるならサムライ)色(透き通ったブルー)で先発品と変わりません。
塗ったあとの少しつっぱる感じや時間の経過と共に肌に馴染んでいく感じ(あまり塗りすぎるとベタつきます)も特に変わりなかったです。
一点、先発品はプラスチックチューブですがこちらはアルミチューブです。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

プラセントレックスジェネリック(ヒトプラセンタジェル)