レクサプロ10mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

レクサプロ10mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

レクサプロ錠10mgはうつ病社会不安障害治療薬です。1日1回服用することで、うつ病に対して24時間強力な効果を発揮します。先発品として製造・販売されており、日本のみならず世界中の医療機関で使用されています。

内容量 28錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 1錠中にエスシタロプラム(Escitalopram)として10mg含有
ブランド H.lundbeck (ルンドベック)




□効果・効能

レクサプロ錠10mgは、うつ病社会不安障害治療薬です。

レクサプロ錠10mg(有効成分:エスシタロプラムシュウ酸塩)は、デンマークのルンドベック社により開発されました。

1日1回服用することで、うつ病に対して24時間強力な効果を発揮します。

うつ病寛解率は24週時で59.5%、52週時で68.2%と報告されています。

先発品として製造・販売されており、日本のみならず世界中の医療機関で使用されています。


□用法と用量

  • 通常、成人にはエスシタロプラムとして10mgを1日1回夕食後に経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて行い、1日最高用量は20mgを超えないこととする。

<飲み忘れた場合の対応>

決して2回分を一度に飲んではいけません。気がついた時に、できるだけ早く1回分を飲んでください。ただし、次の飲む時間が近い場合1回とばして次の時間に1回分を飲んでください。

<多く使用した時(過量使用時)の対応>

誤って多く飲んだ場合、めまい、手足のふるえ、不安、いらいら感、興奮、さむけ、汗をかく、発熱、けいれん、意識がなくなる、吐き気、嘔吐、低血圧、胸の痛み、動悸、脱力感、考えがまとまらない、口渇、頭痛などの症状があらわれる可能性があります。いくつかの症状が同じような時期にあらわれた場合は、使用を中止し、ただちに受診してください。




□副作用

レクサプロ錠10mgは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。

主な副作用として、傾眠、悪心、浮動性めまい、頭痛、口渇、倦怠感等が起こることが報告されています。

重大な副作用として、痙攣、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、セロトニン症候群、心室頻拍等が起こることが報告されています。




□情報広場

日本でも、レクサプロ錠10mgを病院から処方してもらうことができます。

日本の病院から、1箱28錠分のレクサプロ錠10mgを処方してもらうのにかかるコストは、
病院の診察料や処方料:3,500~4,500円
レクサプロ錠10mgの価格:1錠202.3円×28錠=約5,670円
合計約9,170~10,170円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約2,760~3,060円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

レクサプロ10mg