リピトールジェネリック(アトルバスタチン)40mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

リピトールジェネリック(アトルバスタチン)40mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

リピトールジェネリック40mgは血液中のコレステロールを減らすことができるお薬です。有名なジェネリックメーカーによって製造・販売されています。服用することで先発品リピトールと同様に強力に血中コレステロール値を低下させることができます。

内容量 28錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 1錠中にアトルバスタチン(Atorvastatin)として40mg含有
ブランド UK Generic(ユーケージェネリック)




□効果・効能

リピトールジェネリック10mgは血液中のコレステロールを減らすことができるお薬です。

リピトールジェネリック10mgは世界的に有名なジェネリックメーカーであるTeva Pharmaceutical Industries Ltd(テバファーマスーティカル・インダストリーズ)によって製造・販売されています。

テバグループは、製薬メーカーとしては世界10位以内、ジェネリックメーカーとしては世界No.1の企業です。

1901年に創業され、現在では従業員数は約58,000人で、世界100ヵ国で展開されています。

世界No.1ジェネリックメーカーだけあり、リピトールジェネリック10mgは、先発品リピトール錠10mgに勝るとも劣らない優れた治療効果をあらわします。

日本でもテバグループのリピトールジェネリックは展開しています。

アトルバスタチン錠10mg「TYK」という名前で製造・販売されており、日本の多くの医療機関で処方されています。

服用することで強力にコレステロールの合成を阻害し、血中コレステロール値を下げることができます。


□用法と用量

コレステロール血症

  • 通常、成人にはアトルバスタチンとして10mgを1日1回経口投与する。
  • 年齢、症状により適宜増減するが、重症の場合は1日20mgまで増量できる。

家族性高コレステロール血症

  • 通常、成人にはアトルバスタチンとして10mgを1日1回経口投与する。
  • 年齢、症状により適宜増減するが、重症の場合は1日40mgまで増量できる。



□副作用

有効成分アトルバスタチンは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。
報告されている副作用の症状と発症頻度は以下の通りです。

<0.1~5%未満>

  • そう痒感、発疹、皮疹、貧血、白血球減少、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇、Al-P上昇、LDH上昇、肝障害、アミラーゼ上昇、下痢、軟便、嘔気、悪心、胸やけ、便秘、胃不快感、心窩部痛(心窩部の疼痛)、腹部膨満感、食欲不振、消化不良、CK(CPK)上昇、筋肉痛、背部痛、頸・肩のこり、こわばり感、めまい、不眠(症)、四肢しびれ(感)、テストステロン低下、コリンエステラーゼ上昇、TSH上昇、ACTH上昇、アルドステロン低下、グルコース上昇、HbA1c上昇、血清鉄低下、K上昇、BUN上昇、頭痛、全身倦怠(感)、浮腫(顔面・四肢等)



□情報広場

日本では、先発品であるリピトールを病院から処方してもらうことができます。
日本で承認・販売されているリピトールは有効成分を10mgまでしか含有しておらず、1箱28錠分のリピトールジェネリック40mgと同量を手に入れるにはリピトール錠10mgが112錠必要です。

日本の病院から、リピトール錠10mgを112錠処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
リピトール錠10mgの価格:1錠88.2円×112錠=約9,880円
合計約13,380~14,380円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約4,020~4,320円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

リピトールジェネリック(アトルバスタチン)40mg