リピトールジェネリック(アトルリップ)80mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

リピトールジェネリック(アトルリップ)80mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

アトルリップ80mgは血液中のコレステロールを減らすことができるお薬です。日本でも承認されているリピトール錠のジェネリック医薬品として製造・販売されています。日本で承認されているものよりも有効成分を大量に含有しており、強力な効果を得ることができます。

内容量 7錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 1錠中にアトルバスタチン(Atorvastatin)として80mg含有
ブランド Cipla (シプラ)




□効果・効能

アトルリップ80mgは血液中のコレステロールを減らすことができるお薬です。

日本でも承認されているリピトール錠のジェネリック医薬品として製造・販売されています。

アトルリップ80mgは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

アトルリップ80mgもそんな高品質なジェネリックの1つで、安価でありながら先発品のリピトール錠に勝るとも劣らない非常に優れた治療効果があります。

日本で承認されているものよりも有効成分を大量に含有しており、強力な血中コレステロール値低下効果を得ることができます。

血液中のコレステロールを低下させていれば、将来起こるかもしれない心筋梗塞などの命の危険のある疾患の発症するリスクを少なくすることができます


□用法と用量

コレステロール血症

  • 通常、成人にはアトルバスタチンとして10mgを1日1回経口投与する。
  • 年齢、症状により適宜増減するが、重症の場合は1日20mgまで増量できる。

家族性高コレステロール血症

  • 通常、成人にはアトルバスタチンとして10mgを1日1回経口投与する。
  • 年齢、症状により適宜増減するが、重症の場合は1日40mgまで増量できる。

また、日本では承認されていませんが、海外では1回でアトルバスタチンとして80mgを服用する用法も承認されています




□副作用

有効成分アトルバスタチンは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。

  • 主な副作用として、胃不快感、そう痒感、手指しびれ、不眠、下痢、胸やけ、便秘、頭痛、全身倦怠(感)等が起こることが報告されています。
  • 重大な副作用として、横紋筋融解症、ミオパチー、免疫介在性壊死性ミオパチー、劇症肝炎、肝炎、肝機能障害、黄疸、過敏症、無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少症、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑、高血糖、糖尿病、間質性肺炎等が起こることが報告されています。



□情報広場

日本では、先発品であるリピトール錠10mgを病院から処方してもらうことができます。
しかし、日本で承認・販売されているリピトールは有効成分を10mgまでしか含有しておらず、1箱7錠分のアトルリップ80mgと同量を手に入れるにはリピトール錠10mgが56錠必要です。

日本の病院から、リピトール錠10mgを56錠処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
リピトール錠10mgの価格:1錠88.2円×56錠=約4,940円
合計約8,440~9,440円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約2,540~2,840円かかります





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

リピトールジェネリック(アトルリップ)80mg