ワーフ(ワルファリン)5mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

ワーフ(ワルファリン)5mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

ワーフ5mgは血液を固まりにくくし、血栓の形成を予防するためのお薬です。日本で承認・販売されている先発品ワーファリン錠5mgのジェネリック医薬品として製造・販売されています。服用することで血液をサラサラにし、心筋梗塞脳梗塞などの命にかかわる病気の原因となる血栓の形成を予防することができます。

内容量 30錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 1錠中にワルファリン(Warfarin)として5mg含有
ブランド Cipla (シプラ)




□効果・効能

ワーフ5mgは経口抗凝固剤です。

ワーフ5mgは、日本でも承認・販売されているワーファリン錠5mgのジェネリック医薬品として製造・販売されています。

ワーフ5mgは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

ワーフ5mgもそんな高品質なジェネリックの1つで、安価でありながら先発品のワーファリンに勝るとも劣らない非常に優れた治療効果があります。

服用することで血液をサラサラにし、固まりにくくし、心筋梗塞脳梗塞などの命にかかわるような疾患の発症を予防することができます


□用法と用量

  • この薬を飲む錠数と回数は、血液凝固能検査(プロトロンビン時間、トロンボテスト、INRなど)等の結果に基づいて決めます。
  • 決められた錠数と回数を守って使用することが重要です。
  • 成人における初回投与量は、ワルファリンカリウムとして、通常1~5mg1日1回である。
  • 通常、小児の飲む量の目安は次のとおりです。
    12ヵ月未満:0.16mg/kg/日
    1歳以上15歳未満:0.04~0.10mg/kg

飲み忘れた場合の対応

  • 決して2回分を一度に飲まないでください。
  • 気付いたらすぐに1回分を飲んでください。ただし、飲むべき時間から半日以上経過していたら、1回分を抜いて、次から規則的に飲んでください。

多く使用した時(過量使用時)の対応

  • 一度に2回分以上飲んだ場合、出血が起こる可能性がありますので、必ず医師または薬剤師に相談してください。過量使用による出血の治療薬としてビタミンKがあります



□副作用

特にご注意いただきたい重大な副作用と、それぞれの主な自覚症状を記載しました。

出血

  • 歯茎から血がでる、鼻血がでる、赤や青いあざができる、尿に血が混じる、便が黒くなる、便に血が混じる

皮膚壊死

  • 皮膚が赤くなり痛い、皮膚の熱感

カルシフィラキシス

  • 痛みを伴う皮膚の潰瘍、痛みを伴う青いあざができる

肝機能障害

  • 疲れやすい、体がだるい、力が入らない、吐き気、食欲不振

黄疸

  • 白目が黄色くなる、皮膚が黄色くなる、尿の色が濃くなる、体がかゆくなる



□情報広場


日本では、ワーフ5mgと同じ有効成分を含有するワーファリン錠5mgを病院から処方してもらうことができます。

日本の病院から、ワーファリン錠5mgを60錠処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
ワーファリン錠5mgの価格:1錠9.9円×60錠=約600円
合計約4,100~5,100円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約1,230~1,530円かかります




□レビュー

二年程前に、わが身に朝起きたら突然、体はぎこちなくなんとか動くことができるものの
文字を書くことができない、ろれつが回らない、体のバランスが取りにくく、非常に躊躇しました。診断の結果、脳幹脳梗塞とのことで、比較的軽症だったこともあり、生命の危機に陥らなかったことが幸いなこともありました。その時から、血液サラサラの薬が処方され、毎日自身の必要量飲んでおります。先達、大腸内視鏡的ポリープ切除術の後で、クリップを留めるのに、数ヶ所をしっかりと処置しておいたよ、ということからも、やはり通常の人よりは、出血すると止まりにくく、サラサラしていて薬が充分効いてるとのことでした。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

ワーフ(ワルファリン)5mg