ワーフ(ワルファリン)2mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

ワーフ(ワルファリン)2mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

ワーフ2mgは血液を固まりにくくし、血栓の形成を予防するためのお薬です。服用することで血液をサラサラにし、心筋梗塞脳梗塞などの命にかかわる病気の原因となる血栓の形成を予防することができます。

内容量 30錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 1錠中にワルファリン(Warfarin)として2mg含有
ブランド Cipla (シプラ)




□効果・効能

ワーフ2mgは血液を固まりにくくし、血栓の形成を予防するためのお薬です。

服用することで血液をサラサラにし、心筋梗塞脳梗塞などの命にかかわる病気の原因となる血栓の形成を予防することができます。

ワーフ2mgは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

日本でも承認・販売されているワーファリン錠のジェネリック医薬品として製造されています。

注意点として、有効成分ワルファリンは、作用機序からビタミンK拮抗薬と呼ばれており、体内のビタミンKの影響を強く受けてしまいます。

血液凝固因子の合成に欠かせないビタミンKの働きを邪魔することで、凝固系の働きが抑制され、抗血栓効果を発揮するわけです。

そのため、ビタミンKの豊富な食べ物を摂取してしまうとワーフ2mgの効果が弱くなってしまいます。

納豆、クロレラ、青汁はビタミンKを大量に含んでおり、効果を弱めるので絶対に摂取しないようにしてください


□用法と用量

  • 本剤は、血液凝固能検査(プロトロンビン時間及びトロンボテスト)の検査値に基づいて、本剤の投与量を決定し、血液凝固能管理を十分に行いつつ使用する薬剤である。
  • 初回投与量を1日1回経口投与した後、数日間かけて血液凝固能検査で目標治療域に入るように用量調節し、維持投与量を決定する。
  • ワルファリンに対する感受性には個体差が大きく、同一個人でも変化することがあるため、定期的に血液凝固能検査を行い、維持投与量を必要に応じて調節すること。
  • 抗凝固効果の発現を急ぐ場合には、初回投与時ヘパリン等の併用を考慮する。
  • 成人における初回投与量は、ワルファリンカリウムとして、通常1~5mg1日1回である。
  • 小児における維持投与量(mg/kg/日)の目安を以下に示す。
    12ヵ月未満:0.16mg/kg/日
    1歳以上15歳未満:0.04~0.10mg/kg



□副作用

  • 有効成分ワルファリンの最も注意するべき副作用は「出血」です。
  • 脳出血等の臓器内出血、粘膜出血、皮下出血等を生じることがあります。
  • このような場合には、本剤の減量又は休薬、あるいはビタミンK製剤投与、プロトロンビン複合体の静注又は新鮮凍結血漿の輸注等の適切な処置を行うこと。
  • 同時に血液凝固能検査(プロトロンビン時間及びトロンボテスト)を行うことが望ましい。



□情報広場

日本では、ワーフ2mgと同じ有効成分を含有するワーファリン錠0.5mgを病院から処方してもらうことができます。
1箱30錠分のワーフ2mgと同じ量を処方してもらうには、ワーファリン錠0.5mgが120錠必要です。

日本の病院から、ワーファリン錠0.5mgを120錠処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
ワーファリン錠0.5mgの価格:1錠9.6円×120錠=約1,160円
合計約4,660~7,660円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約1,400~1,700円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

ワーフ(ワルファリン)2mg