エリンクリーム(ヴァニカクリーム)「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

エリンクリーム(ヴァニカクリーム)

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

顔のムダ毛に悩む女性のためのクリームです。安心・安全な成分が顔のムダ毛の成長を抑制して薄くします。男性が性転換した時のムダ毛対策にも有効です。日本では販売されておりませんが、世界中の女性に大人気のムダ毛対策クリームです。

内容量 15g/本
剤形 外用クリーム
有効成分 エフロルニチン塩酸塩 13.9%
ブランド Ajanta Pharma (アジャンタ・ファーマ)




□効果・効能

エリンクリームは女性の顔面多毛症を治療する外用クリームです。

女性なのに顔のうぶ毛が異常に多い、ヒゲがある、顎にまで毛が生えているなど人知れずお悩みの方多いのではないでしょうか。
また、顔の毛は化粧ノリも悪くしてしまいます。

エリンクリームは、そんな女性のための多毛症改善クリームです。
有効成分のエフロルニチン が毛の成長を抑制して遅らすことでムダ毛を減らします。

エリンクリーム自体が除毛や脱毛をしてくれるのではありませんが、除毛・脱毛・シェービング後に使用することでムダ毛のない綺麗な肌を維持してくれます。

エリンクリームはインドの大手製薬会社アジャンタ・ファーマ社が製造しているジェネリック医薬品であり、先発品の商品名は「ヴァニカクリーム」です。そのため先発品と同一成分・効果ですがより安価で購入することが可能です。

有効成分エフロルニチンは元々アフリカのトリノソーマ病(睡眠病)という疾患の治療薬として開発されましたが、あまり効果が実証できず5年ほどで製造中止となりました。
しかし睡眠病の治療作用の他に、体毛の成長を遅らせる作用やカルチノイド腫瘍の増殖を抑制する作用があることが判明したために2001年に製造が復活したという経緯があります。

現在では主に、エリンクリームのようにムダ毛を抑制するクリームの有効成分として世界中で注目を浴びています。

顔・首・背中などのうぶ毛やムダ毛が気になる方、自己処理をしてもすぐにムダ毛が目立ってしまう方に、カミソリ負けをしやすく毛の処理回数を減らしたい方、女性に性転換したけどヒゲなどの毛が生えてきたという方々にエリンクリームは非常にお勧めです。


□用法と用量

  • エリンクリームを1日2回、顔・鼻の下・顎など顔部の毛の成長を抑えたい部分に適量を塗布します。徹底的に擦り込むように塗布してください。
  • 皮膚の刺激感が強い場合や敏感肌の方は1日1回の塗布でも構いません。
  • 1日2回塗布する場合、最低8時間は間隔を空けてください。
  • また、洗顔して化粧や汚れを落としてからエリンクリームを塗布してください。
  • シェービングや脱毛をした場合は、その5分後にエリンクリームを塗布してください。5分経過したらすぐ塗布するのが効果的です。
  • エリンクリーム塗布後、最低4時間は洗い流さないでください。
  • エリンクリームが付着した手はすぐに洗い流してください。
  • 化粧をする際は、エリンクリーム塗布後5分以上間隔を空けてください。
  • 首、背中、胸、足など顔以外の部分にも使用可能ですが、元々は顔のうぶ毛用のクリームであるため毛が濃く太い部分は効果が弱いかもしれません。
  • 目の周囲や性器周辺など皮膚の弱い部分、粘膜、傷のある部位には使用しないでください。そういった部位にエリンクリームが付着した場合は、すぐに丁寧に洗い流してください。
  • 効果の発現には個人差がありますが、エリンクリームの使用を開始してからおよそ8週間で効果が実感できるようになります。
  • エリンクリームを使用している期間、脱毛やシェービングをしても問題ありません。
  • もしも使用開始から4ヶ月が経過しても改善が見られない場合は医師に相談してください。
  • 尚、エリンクリーム使用中止後はおよそ8週間で元の状態に戻ると言われています。

最大限の効果を得るために

  • 毎日正しい用法用量で継続して使用していきましょう。

併用して相乗効果のある薬剤

  • 女性ホルモン系のサプリメントや低用量ピルは女性ホルモンを安定させる作用があります。
  • 女性ホルモンのエストロゲンが活発化するとムダ毛が薄くなることが分かっているので、効果の発現に個人差はありますがエリンクリームとの併用で相乗効果が期待できます。
  • また、多毛症の治療やニキビ治療でも使用される利尿薬のスピロノラクトンも男性ホルモンを抑制して女性ホルモンが優位になるという効果があるため、エリンクリームとの相乗効果が期待できます。



□副作用

  • エリンクリームの副作用は少ないですが、痒み・乾燥・発赤・毛嚢炎・刺痛・ヒリヒリ感・刺激感・うずき・発疹・ニキビなどの皮膚症状や消化不良、めまいなどの症状が稀に報告されています。
  • また未だ報告はありませんが、重い副作用として重篤なアレルギー反応であるアナフィラキシーショックが挙げられるので念のため注意が必要です。
  • 主な初期症状は発疹や蕁麻疹、喉や唇の腫れ、呼吸困難、血圧低下などです。
  • 肌トラブルをはじめ何らかの身体の異常が生じた場合は、エリンクリームの使用を中止して皮膚科などの適切な医療機関をすぐに受診してください。



□情報広場

エリンクリームの有効成分エフロルニチンはFDAアメリカの厚生労働省的な機関)では認可されていますが、日本では認可されておりません。そのため国内では流通しておらず、医療機関でもドラッグストアでも手に入れることが不可能です。

エリンクリームを試してみたい方は、個人輸入サイトの通販のご利用をお勧めします





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

エリンクリーム(ヴァニカクリーム)