カブゴリン(カベルゴリン)0.25mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

カブゴリン(カベルゴリン)0.25mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

カブゴリン0.25mgはパーキンソン病治療薬です。服用することでふるえやこわばりを改善し、体の動作をよくします。そのほか、高プロラクチンによる排卵障害や乳汁漏出症の治療にも用いることができます。

内容量 8錠/箱
剤形 素錠
有効成分 1錠中にカベルゴリン(Cabergoline)として0.25mg含有
ブランド Sun Pharma (サン・ファーマ)

有効成分はカベルゴリンです。

1錠中にカベルゴリンとして0.25mg含有しています。

カベルゴリンはファルマシア株式会社(現ファイザー株式会社)により開発された新規の麦角アルカロイド誘導体であり、中枢神経系のドパミン受容体を刺激して抗パーキンソン作用を示します。

現在ドイツ、イギリスなど約20ヵ国でパーキンソン病治療薬として承認され、販売されている。

またカベルゴリンは、内分泌系のドパミン受容体を刺激してプロラクチンの分泌を抑制し、月経異常を正常化して乳汁漏出を消失させることもできます。

現在、世界70ヵ国以上で高プロラクチン血症あるいは産褥性乳汁分泌抑制の治療薬として、米国においては高プロラクチン血症の適応にて承認され、販売されています。





□効果・効能

カブゴリン0.25mgはパーキンソン病治療薬です。

服用することでふるえやこわばりを改善し、体の動作をよくします。

カブゴリン0.25mgは、Sun Pharmaceutical Industries Limited(サン・ファーマ)によって製造・販売されています。

日本でも承認されているカバサール錠0.25mgのジェネリック医薬品として製造されています。

サン・ファーマ社は日本の有名な製薬企業である第一三共株式会社の子会社で、ジェネリック医薬品で世界5位の優れた企業です。

数多くの高品質なジェネリック医薬品を製造しており、カブゴリン0.25mgもそんな高品質なジェネリック医薬品の1つです。

服用することで先発品カバサール錠0.25mgと同等の効果を得ることができます。

パーキンソン病の治療だけでなく、高プロラクチンによる排卵障害や乳汁漏出症の治療にも用いることができます。


□用法と用量

パーキンソン病

  • 通常、成人にはカベルゴリンとして1日量0.25mgから始め、2週目には1日量を0.5mgとし、以後経過を観察しながら、1週間毎に1日量として0.5mgずつ増量し、維持量を定めるが、最高用量は1日3mgとする。いずれの投与量の場合も1日1回朝食後経口投与する。

乳汁漏出症、高プロラクチン血性、排卵障害、高プロラクチン血性、下垂体腺腫(外科的処置を必要としない場合に限る)

  • 通常、成人には1週1回(同一曜日)就寝前経口投与とし、カベルゴリンとして1回量0.25mgから始め、以後臨床症状を観察しながら、少なくとも2週間以上の間隔で1回量を0.25mgずつ増量し、維持量(標準1回量0.25~0.75mg)を定める。なお、年齢、症状により適宜増減するが、1回量の上限は1.0mgとする。

産褥性乳汁分泌抑制

  • 通常、成人にはカベルゴリンとして1.0mgを胎児娩出後に1回のみ食後に経口投与する。

<用法・用量に関連する使用上の注意>

  • 本剤投与は、少量から開始し、消化器症状(悪心、嘔吐等)、血圧等の観察を十分に行い、慎重に維持量まで増量すること。
  • パーキンソン病治療において、本剤の減量・中止が必要な場合は、漸減すること。[本剤の急激な減量又は中止により、悪性症候群(Syndrome malin)があらわれることがある。]
  • 産褥性乳汁分泌の抑制に投与する際には、胎児娩出後4時間以内の投与は避け、呼吸、脈拍、血圧等が安定した後、投与すること。また、胎児娩出後2日以内に投与することが望ましい。投与後(特に投与当日)は観察を十分に行い、異常が認められた場合には、適切な処置を行うこと。[類薬において血圧上昇、頭痛、中枢神経症状等があらわれたとの報告がある。]



□副作用


有効成分カベルゴリンは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。

  • 主な副作用として、嘔気、食欲不振、胃部不快感、口渇、嘔吐、便秘、幻覚、妄想、興奮、眠気、ふらつき、めまい、頭重感、起立性低血圧等が起こることが報告されています。


□情報広場

日本では、先発品であるカバサール錠0.25mgを病院から処方してもらうことができます。

日本の病院から、1箱8錠分のカバサール錠0.25mgを処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
カバサール錠0.25mgの価格:1錠67.1円×8錠=約540円
合計約4,040~5,040円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約1,220~1,520円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

カブゴリン(カベルゴリン)0.25mg