フマル酸クエチアピン300mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

フマル酸クエチアピン300mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

世界的に有名な抗精神病薬です。日本でも「セロクエル」という商品名で販売されており、統合失調症をはじめ双極性障害躁うつ病)・うつ・強い不安感・不眠などの精神症状の治療に広く使用されています。

内容量 60錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 1錠中にクエチアピンフマル酸塩300mgを含有
ブランド UK Generic(ユーケージェネリック)




□効果・効能

フマル酸クエチアピン300mgは世界的に有名な抗精神病薬です。日本では「セロクエル」という商品名で認知されており、多くの精神科・心療内科で広く使用されております。
本剤はジェネリック医薬品なのでセロクエルよりも安価で購入することができます。

日本では主に統合失調症、海外では統合失調症の他にも双極性障害躁うつ病)やうつ病うつ状態の治療薬として幅広い年齢層で非常に多く使用されています。
フマル酸クエチアピンは気持ちの高ぶりや不安感を鎮め、心身の活動を改善してくれます。

統合失調症は現実を正しく認識できなくなったり思考や感情のコントロールができなくなって、幻覚幻聴・妄想・会話や行動の障害・感情の障害・意欲の障害などの症状が現れる心の疾患です。
このうち幻覚や妄想などの症状を「陽性症状」、無感情や意欲の低下などの内にこもる症状を「陰性症状」と分類します。
発症の原因はまだ解明されていませんが、脳内の神経伝達物質ドパミン」の過剰分泌が大きく関わることが分かっています。

双極性障害躁うつ病)は、ハイテンションな躁状態(妙にはしゃぐ、怒りっぽくなる、判断力低下、衝動的な行動など)とその真逆のうつ状態(気分が落ち込む、悲観的になる、死にたくなる)を繰り返す疾患です。
こちらもまだ解明されていませんが、脳内の神経伝達物質セロトニン」や「ノルエピネフリン」などの働きが関係すると考えられています。


□用法と用量

  • フマル酸クエチアピンを通常成人は有効成分クエチアピンとして1回25mg、1日2~3回より服用を開始します。一般的に少量より開始し、年齢や症状に応じて徐々に増量します。
  • 1日の服用維持量は150mg(0.5錠)~600mg(2錠)とし、2~3回に分けて服用します。
  • 年齢や症状によって適宜増減しますが、1日の最大用量は750mg(2.5錠)です。

最大限の効果を得るために

  • 本人・医師と周囲がよく観察しながら適切な用量を見極め、飲み忘れがないように正しく服用してください。



□副作用

  • フマル酸クエチアピンの副作用で比較的多いのは眠気、めまい、立ちくらみ、口渇、便秘、高血糖、体重増加、神経過敏などです。
  • フマル酸クエチアピンだけではなく抗精神病薬全般の特徴的な副作用である「錐体外路症状」にも注意してください。
  • 錐体外路症状は指や手足の震え、体のこわばり、ひきつけ、体が勝手に動く、そわそわ感、動作が鈍い、無表情、よだれ、目の異常運動、舌のもつれ、歩行困難などが主な症状です。
  • フマル酸クエチアピンがドパミンを遮断することで、ドパミン不足によって発症するパーキンソン病と同じような症状が現れます。
  • フマル酸クエチアピンは他の抗精神病薬に比べると錐体外路症状は起こりにくいとされています。
  • その他、不安感、幻覚、食欲亢進、吐き気、尿が出にくい、目のかすみ、鼻づまり、動悸、頻脈、不整脈高プロラクチン血症、生理不順などの副作用も報告されています。

滅多に起こりませんが、フマル酸クエチアピンの重大な副作用として以下の症状が挙げられます。

  • 重度の高血糖(口渇、多飲、多尿、体重減少、脱力感、意識混濁など)
  • 低血糖(冷や汗、動悸、強い空腹感、頭痛、不安感、吐き気、眠気、けいれん、昏睡など)
  • 無顆粒球症(高熱、寒気、喉痛、口内炎、咳など)
  • 悪性症候群(高熱、手足の震え、体のこわばり、よだれ、頻脈、発汗、意識障害など)
  • 肝障害(倦怠感、食欲不振、発熱、発疹、かゆみ、黄疸、茶褐色尿など)
  • 遅発性ジスキネジア(長期服用時)(頻回なまばたき、口周辺のけいれん、口をすぼめる、口をモグモグさせる、手足が勝手に動く、舌の震えなど)
  • 麻痺性イレウス(食欲不振、吐き気、嘔吐、激しい腹痛、酷い便秘、腹部膨満感など)
  • 静脈血栓症肺塞栓症(手足の痛み・腫れ・むくみ・痺れ、爪の変色、息切れ、呼吸困難、視力障害など)
  • 横紋筋融解症(手足の痺れ・こわばり、脱力感、筋肉痛、歩行困難、赤褐色尿など)
  • けいれん(めまい、頭痛、震え、手足の痺れ、筋肉のぴくつき、意識低下など)



□情報広場

国内でも「セロクエル」という商品名で販売されており、精神科・心療内科をはじめとする多くの医療機関でよく処方される人気の抗精神病薬です。 

セロクエル200mgの薬価は1錠218.6円、セロクエル100mgの薬価は1錠117.5円なので、合計して300mg相当で336.1円になります。そのため、300mg×60錠相当だと薬代は20,166円になります。
ここに診察料・調剤料などの受賞にかかる費用が加わると総額24,000円前後になるかと予想されますが、保険適用の3割負担になるため(年齢によっては1~2割)自己負担金額は7,200円前後となります。
何らかの処置や検査が行われた場合は更に1,000~数千円追加されることを留意しておいてください。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

フマル酸クエチアピン300mg