レスピドン(リスペリドン)4mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

レスピドン(リスペリドン)4mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

レスピドン4mgは、気持ちの高ぶりや不安な気持ちを落ち着かせることで心のバランスを調節するお薬です。日本で販売されている先発品よりも高用量の有効成分を含有し、強力な効果が期待できます。

内容量 50錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 1錠中にリスペリドン(Risperidone)として4mg含有
ブランド Torrent Pharmaceuticals (トレント・ファーマ )




□効果・効能

レスピドン4mgは、気持ちの高ぶりや不安な気持ちを落ち着かせることで心のバランスを調節するお薬です。

日本でも販売されているリスパダール錠のジェネリック医薬品として製造・販売されています。

レスピドン4mgは、日本ではあまりなじみがありませんが世界的には有名なインドの製薬企業であるTorrent Pharmaceuticals Ltd(トレント・ファーマシューティカルズ)によって製造・販売されています。

心血管系や中枢神経系のお薬では、トレント・ファーマ社は世界を牽引するリーダー的存在として位置づけられています。

レスピドン4mgもそんなトレント・ファーマ社が得意とする中枢神経系のお薬であり、非常に強力な効果を得ることができます。

日本で販売されている先発品よりも高用量の有効成分を含有し、服用することで心のプラス症状にもマイナス症状にも治療効果をあらわします。

統合失調症の幻覚および妄想等の陽性症状、感情的引きこもり、情動的鈍麻等の陰性症状のどちらも治療することができるため、多くの統合失調症患者に使用されています。


□用法と用量

  • 通常、成人にはリスペリドンとして1回1mg1日2回より開始し、徐々に増量する。
  • 維持量は通常1日2~6mgを原則として1日2回に分けて経口投与する。
  • 年齢、症状により適宜増減する。但し、1日量は12mgを超えないこと。



□副作用

有効成分リスペリドンは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。

  • 主な副作用として、アカシジア不眠症、振戦、便秘、易刺激性、傾眠、流涎過多、不安、倦怠感、筋固縮等が起こることが報告されています。
  • 重大な副作用として、悪性症候群(Syndrome malin)、遅発性ジスキネジア、麻痺性イレウス、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)等が起こることが報告されています。



□情報広場

日本の病院からは、先発品であるリスパダール錠2mgを処方してもらうことができます。
1箱50錠分のレスピドン4mgと同じ量を処方してもらうには、リスパダール錠2mgが100錠必要です。

日本の病院から、1箱100錠分のリスパダール錠2mgを処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
リスパダール錠2mgの価格:1錠46.7円×100錠=4,670円
合計約8,170~9,170円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約2,460~2,760円もかかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

レスピドン(リスペリドン)4mg