キュータン(フマル酸クエチアピン)50mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

キュータン(フマル酸クエチアピン)50mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

キュータン50mgは、統合失調症の治療薬です。服用することで脳内の神経伝達物質のバランスを整え、心の不具合を改善し、気持ちを穏やかにすることができます。興奮や妄想、幻覚などの陽性症状だけでなく、無感情や意欲低下、自閉などの陰性症状に対しても優れた治療効果をあらわします。

内容量 100錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 1錠中にクエチアピン(Quetiapine)として50mg含有
ブランド Intas Pharma (インタス・ファーマ)




□効果・効能

キュータン50mgは、抗精神病薬です。

服用することで心の病気の1つ、統合失調症を治療することができます。

心の不具合を改善し、気持ちを穏やかにすることができます。

キュータン50mgは、インドの製薬会社であるIntas Pharma(インタス・ファーマ)社によって製造・販売されています。

日本でも販売されているセロクエル錠のジェネリック医薬品として製造・販売されています。

インタス・ファーマ社は2006年に創業された比較的新しい企業なのですが、本拠地のインドではすでに医薬品シェアの多くを占める大企業です。

キュータン50mgもそんなインタス・ファーマ社によって製造されている高品質なお薬で、服用することで強力な効果を得ることができます。

気持ちの高ぶりや不安感をしずめるほか、停滞した心身の活動を改善する作用から、統合失調症にかぎらず、強い不安感や緊張感、抑うつ、そう状態などいろいろな精神症状にも使用されることがあります。


□用法と用量

  • 通常、成人にはクエチアピンとして1回25mg、1日2又は3回より投与を開始し、患者の状態に応じて徐々に増量する。
  • 通常、1日投与量は150~600mgとし、2又は3回に分けて経口投与する。
  • 投与量は年齢・症状により適宜増減する。ただし、1日量として750mgを超えないこと。



□副作用

有効成分クエチアピンは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。

  • 主な副作用として、不眠、神経過敏、傾眠、倦怠感、不安、傾眠、高血糖、便秘、肝機能障害、体重増加等が起こることが報告されています。
  • 重大な副作用として、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、低血糖悪性症候群(Syndrome malin)、横紋筋融解症、痙攣、無顆粒球症、白血球減少、黄疸、麻痺性イレウス、遅発性ジスキネジア、肺塞栓症深部静脈血栓症等が起こることが報告されています。



□情報広場

日本では、先発品であるセロクエル錠25mgを病院からも処方してもらうことができます。
1箱100錠分のキュータン50mgと同じ量を処方してもらうには、セロクエル錠25mgが200錠必要です。

日本の病院から、セロクエル錠25mgを200錠処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
セロクエル錠25mgの価格:1錠34.7円×200錠=6,940円
合計10,440~11,440円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約3,140~3,440円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

キュータン(フマル酸クエチアピン)50mg