ゾビラックス・ジェネリック(アシビル)400mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

ゾビラックス・ジェネリック(アシビル)400mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

医療の現場ではお馴染みの有名な抗ヘルペスウイルス薬です。単純疱疹や帯状疱疹などのヘルペスウイルス感染症の症状を改善・治癒します。世界中のヘルペス治療で使用されており、国内の医療機関においても多く処方されています。

内容量 10錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 1錠にアシクロビル(Acyclovir )として400mg含有
使用期限 2021-06-30
ブランド GlaxoSmithKline (グラクソ・スミスクライン)




□効果・効能

ゾビラックス・ジェネリックは世界100ヶ国以上で使用されている有名な抗ヘルペスウイルス薬です。ヘルペスウイルスの増殖を抑制することでヘルペスウイルス感染症の症状を予防改善します。
単純疱疹(口唇ヘルペス、性器ヘルペスなど)・帯状疱疹の代表的な治療薬です。

ヘルペスウイルスにも幾つか種類があり、単純疱疹である口唇ヘルペスや性器ヘルペスは「単純ヘルペスウイルス」、帯状疱疹水疱瘡は「水痘・帯状疱疹ウイルス」の感染によって発症します。両者ともヘルペスウイルス感染症ですが、症状の特徴や治療方法が異なります。

口唇ヘルペス・性器ヘルペスなどの単純疱疹は患部周囲に水ぶくれや発赤がぽつぽつと現れるのが特徴です。再発しやすく(とくに性器ヘルペス)、一度発症すると治療と再発を繰り返す傾向にあります。
単純疱疹ヘルペスは感染力が強く、タオルなどからも接触感染します。
性器ヘルペスは性病としても認知されており、性行為で感染することが多いです。

帯状疱疹は身体の知覚神経の部分に発症し、身体の片側の神経に沿って帯状に大量の水ぶくれや発赤が現れて神経痛を伴うことが特徴です。
子どもの頃にかかった水疱瘡のウイルスが潜伏しており、免疫力が低下するとウイルスが活性化されて発症しやすくなると考えられています。

これらのヘルペスウイルス感染症を早く治癒するには、早期の治療が非常に重要となります。発症後は速やかにゾビラックスジェネリックの服用を開始してください。早く服用することで有効成分アシクロビルが素早くウイルス増殖を抑制し、症状を改善してくれます。
特に再発を繰り返しやすい方は、本剤のような抗ヘルペスウイルス薬を手元に置いておくと安心です。


□用法と用量

口唇ヘルペス・性器ヘルペスなどの単純疱疹に対する治療

  • 通常成人はゾビラックスジェネリック1回0.5錠(有効成分アシクロビルとして200mg)を1日5回服用します。
  • 5日間服用しても一向に改善しない・悪化する場合は医師に相談の上で他の治療に切り替えることとされています。
  • ただし、初めて発症した性器ヘルペスは重症化する場合があるため10日間まで服用できます。

水疱瘡帯状疱疹の場合

  • 通常成人はゾビラックスジェネリック1回2錠(有効成分アシクロビルとして800mg)を1日5回服用します。
  • 7日間服用しても一向に改善しない・悪化する場合は医師に相談の上で他の治療に切り替えることとされています。

性器ヘルペスの再発抑制療法

  • 性器ヘルペスの発症を繰り返す方(年6 回以上の頻度)に対して行われますが、国内には成人に対する性器ヘルペスの再発抑制の適応がありません。
  • アメリカで承認されている用法用量は1回1錠(アシクロビルとして400mg)を1日2回、または1回0.5錠(アシクロビルとして200mg)を1日3~5回服用となっております。
  • 症状の有無に関わらず毎日服用し、1年間続けた後に再発の経過・継続の必要性について検討します。

共通する注意事項

  • 年齢や症状によって適宜増減します。医師が指示した用法用量に従ってください。
  • 血中濃度を安定させるために、毎日同じ時間帯に服用することを推奨します。食事のタイミングは気にせずに構いません。
  • ゾビラックスは身体への吸収効率が悪く効果の持続時間が短いために服用回数が1日5回と多めです。およそ4時間ほど間隔を空け、飲み忘れないように注意してください。
  • 服用期間の目安は単純疱疹で5日~、帯状疱疹水ぼうそうで7~10日ほどです。自己判断で減量・中止しないでください。

最大限の効果を得るために

  • 発病初期に近いほど効果が期待できるので、できる限り早期(~72時間以内)に服用を開始してください。



□副作用

  • 副作用として頭痛、腹痛・下痢・吐き気などの胃腸症状、蕁麻疹・発疹などの皮膚症状、めまい、眠気、頭痛、光線過敏症などが稀に報告されています。
  • 滅多に起こりませんが、重大な副作用としてアナフィラキシーショック間質性肺炎、呼吸抑制、急性腎不全、重い肝障害、重い血液障害、重い皮膚粘膜障害、意識障害、精神神経系症状、急性膵炎などが挙げられます。
  • ゾビラックジェネリック服用後に異常な症状が現れた場合は、服用を中止してすぐに医療機関を受診してください。



□情報広場

ゾビラックスは日本の医療機関でもよく処方されていますが、近年では飲みやすいというメリットでバルトレックス(有効成分バラシクロビル)が主流の傾向にあります。効果の差はほとんどありません。

ゾビラックス400mgの薬価は1錠につき165.5円なので、10錠処方してもらう場合の薬代は1,655円となります。ここに診察料などの受診費用が加算されて総額ではおよそ5,000〜6,000円になるかと思われますが、保険適用の3割負担で総額およそ1,500〜1,800円となります。
また、血液検査など何らかの検査や処置を受けた場合は更に1,000~数千円追加されます。



□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

ゾビラックス・ジェネリック(アシビル)400mg