ゾビラックス・ジェネリック(アシビルDT)200mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

ゾビラックス・ジェネリック(アシビルDT)200mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

アシビルDTは有効成分としてアシクロビル200mgを含有する抗ヘルペスウイルス薬です。口唇ヘルペス・性器ヘルペス帯状疱疹などヘルペスウイルス感染症を改善します。国内でも有名な抗ヘルペスウイルス薬「ゾビラックス」のジェネリック医薬品です。

内容量 10錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 1錠にアシクロビルとして200mg
使用期限 2021-06-30
ブランド Cipla (シプラ)




□効果・効能

アシビルDT200mgは世界的に有名な抗ヘルペスウイルス薬「ゾビラックス」のジェネリック医薬品です。ゾビラックスと同一成分・効果でありながらお安く購入することができます。インドの大手製薬会社「シプラ社」が製造販売しています。

有効成分はアシクロビル200mgで、古くからあり臨床実績が非常に多い抗ヘルペスウイルス薬です。ヘルペスウイルスの増殖を強力に抑制することでヘルペスウイルス感染症の症状を改善します。ヘルペスウイルスは一度感染すると生涯ずっと潜伏することになるので死滅させることはできませんが、素早くウイルスに働きかけて症状を改善してくれます。

ヘルペスウイルス自体はとても身近にあるウイルスで、成人では非常に多くの方が感染しています。感染していても健康な状態であれば無症状・無害ですが、病気・疲労・ストレスなどの要因で身体の免疫力が低下するとヘルペスウイルスが活性化してヘルペスウイルス感染症を発症してしまいます。
メジャーなヘルペスウイルス感染症は、口唇ヘルペス・性器ヘルペスなどの「単純疱疹」、「帯状疱疹」、そして子供がよくかかる「水疱瘡」です。

口唇ヘルペス・性器ヘルペスなどの単純疱疹は患部周囲に水ぶくれや発赤がぽつぽつと現れるのが特徴です。感染しやすく再発しやすいです。性器ヘルペスは性行為やオーラルセックスからも感染するので性病としても認知されています。女性に多いです。

帯状疱疹は身体の知覚神経の部分に発症して身体の片側の神経に沿って帯状に大量の水ぶくれや発赤を生じて神経痛を伴うことが特徴です。子供の頃にかかった水疱瘡によるヘルペスウイルスが潜伏し続け、ある時活性化して帯状疱疹になると言われています。


□用法と用量

アシビルDTは上記で説明したヘルペスウイルス感染症の種類によって用法用量が異なるので注意してください。

口唇ヘルペス・性器ヘルペスなどの単純疱疹

  • 通常成人はアシビルDT1回1錠(有効成分アシクロビルとして200mg)を1日5回服用します。
  • 服用期間の目安はおよそ5日~です。
  • 5〜初めて発症した場合は10日間以上服用していても改善の兆しがない・悪化したという場合は他の治療法を検討してください。

水疱瘡帯状疱疹

  • 通常成人は1回4錠(アシクロビルとして800mg)を1日5回服用します。
  • 服用期間の目安は7日~10日ほどです。
  • 7日間服用しても改善の兆しがない・悪化したという場合は医師に他の治療法を検討してください。

性器ヘルペスの再発抑制

  • 性器ヘルペスの発症を繰り返す方(年6回以上の頻度)に対して行われますが、国内での適応は小児のみとなっております。
  • 本項ではアメリカで承認されている用法用量で記載します。
  • 通常成人はアシビルDT1回2錠(アシクロビルとして400mg)を1日2回、または1回1錠(アシクロビルとして200mg)を1日3~5回服用します。
  • 症状の有無に関わらず毎日服用しますが、1年経過したら継続の必要性について検討します。
  • 年齢や症状によって適宜増減するので、用法用量は医師の指示に従ってください。
  • 自己判断での減量・中止は再発や悪化のリスクが高まるのでやめてください。
  • 服用回数が多いのは、有効成分アシクロビルの吸収効率が悪く効果の持続時間が短いためです。飲み忘れのないように心がけてください。1日5回なので、およそ4時間間隔目安にしてください。

最大限の効果を得るために

  • できる限り早期(~72時間以内)に服用を開始してください。早期の治療が重症化を防ぎ、スムーズに治癒します。
  • 帯状疱疹の治療においては、原則として症状が現れてから5日以内に抗ヘルペス薬の服用を開始することとされています。そうすることで後遺症(帯状疱疹後神経痛)も防ぎます。
  • 再発を繰り返している方は前駆症状を感じることが多い傾向にありますが、この前兆の段階で服用を開始することを推奨します。

併用して相乗効果のある薬剤

  • 有効成分アシクロビルには外用薬もあります。(当サイトでも販売しております。)
  • 外用薬と併用することで相乗効果が期待できます。



□副作用

  • 頭痛、腹痛、下痢、吐き気、発疹などの皮膚症状、めまい、眠気、頭痛、光線過敏症などの症状が副作用として稀に報告されています。
  • 軽度の胃腸症状や頭痛などはさほど心配いりませんが、症状が重い場合や皮膚症状が現れた場合は服用を中止してすぐ医療機関を受診してください。
  • また滅多に起こりませんが、重大な副作用としてアナフィラキシーショック(重大なアレルギー反応)、間質性肺炎、急性腎不全、急性膵炎、肝障害、血液障害、皮膚粘膜障害、意識障害、精神神経系症状などが挙げられるので念のため注意が必要です。



□情報広場

国内でも「ゾビラックス」という商品名でアシビルDTと同一成分の抗ヘルペスウイルス薬が販売されています。現在ではバルトレックス(有効成分バラシクロビル)が選択されることが多いですが、昔からあって臨床実績が多いゾビラックスも根強い人気があります。
多くの医療機関で処方されています。

ゾビラックス200mgの薬価は1錠あたり101.5円になるので、10錠で薬代は1,015円になります。診察料・処方料など諸々の受診費用が加算されると総額では5,000円前後になるかと思われますが、保険適用の3割負担で自己負担金額は1,500円前後となります。
ただし、血液検査など何らかの処置や検査を受けた場合は更に1,000~数千円かかります。



□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

ゾビラックス・ジェネリック(アシビルDT)200mg