エフェクサーXR37.5mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

エフェクサーXR37.5mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

エフェクサーXR 37.5mgは、世界的に有名な製薬企業Pfizer(ファイザー)によって製造・販売されている抗うつ薬です。憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めることができます。先発品として優れた治療効果を発揮し、1日1回服用するだけでうつ病うつ状態を改善してくれます。

内容量 14カプセル/箱
剤形 徐放性カプセル
有効成分 1カプセル中にベンラファキシン(Venlafaxine)として37.5mg含有
ブランド Pfizer (ファイザー)




□効果・効能

エフェクサーXR 37.5mgは、抗うつ薬です。

服用することで、気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったり、やる気がでない、集中できない、眠れないなどの心の症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助けてくれます。

エフェクターXR37.5mgという商品名はアメリカなどの海外での販売名であり、日本ではイフェクサーSRカプセルという名前で製造・販売されています。

エフェクター(EFFEXOR)の“or”は“実行する者”を意味する接尾辞であり、efficacy(有効性)に関連する“effex”を実行する者という意味で命名されています。

エフェクサーXR 37.5mgは、先発品医薬品として世界的に有名な製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって製造・販売されています。

エフェクサーXR 37.5mg(一般名:ベンラファキシン塩酸塩、以下ベンラファキシン)は、神経伝達物質であるセロトニン及びノルアドレナリンの両方の再取り込み阻害作用を有する抗うつ薬セロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害剤〔Serotonin Noradrenaline Reuptake Inhibitor〕:以下、SNRI)として、1981年に米国ワイス社(現ファイザー社)で発見されました。

当初、ベンラファキシンは1日2~3回投与の即放錠として開発され、1993年にニュージーランドで承認されました。

その後、治療アドヒアランスの向上を目的として、1日1回投与の徐放性カプセル製剤が開発され、1997年にスイスで承認されたのをはじめ、2015年4月現在で90以上の国と地域で承認されています。


□用法と用量

  • 通常、成人にはベンラファキシンとして1日37.5mgを初期用量とし、1週後より1日75mgを1日1回食後に経口投与する。
  • 年齢、症状に応じ1日225mgを超えない範囲で適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて1日用量として75mgずつ行うこと。

最大限の効果を得るために

<用法・用量に関連する使用上の注意>

  • 中等度の肝機能障害(Child-Pugh分類B)のある患者では、血中濃度が上昇し、特に投与初期に副作用が発現しやすくなるおそれがあるため、本剤37.5mgを2日に1回投与から開始し、1週間後に本剤37.5mgを1日1回投与に増量すること。
  • 患者の症状に応じて、1週間以上の間隔をあけて、本剤37.5mg/日ずつ、1日112.5mgを超えない範囲で増量することとし、増量に際しては患者の状態を十分に観察すること。



□副作用

国内臨床試験において、本剤が投与された総症例1,255例中1,028例(81.9%)に副作用が発現しました。

  • 主な副作用は、悪心(33.5%)、腹部不快感(腹痛、膨満、便秘等)(27.2%)、傾眠(26.9%)、浮動性めまい(24.4%)、口内乾燥(24.3%)、頭痛(19.3%)でした。



□情報広場

日本では、エフェクサーXR 37.5mgの日本での販売名であるイフェクサーSRカプセル37.5mgを病院から処方してもらうことができます。

日本の病院から、1箱14カプセル分のイフェクサーSRカプセル37.5mgを処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
イフェクサーSRカプセル37.5mgの価格:1カプセル148.9円×14カプセル=約2,090円
合計約5,590~6,590円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約1,680~1,980円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

エフェクサーXR37.5mg