トレチノインクリーム0.025%「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

トレチノインクリーム0.025%

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

トレチノインクリーム0.025%は、強力な尋常性ざ瘡(ニキビ)治療薬です。1日1回使用することで、皮膚をきれいな美しいものに生まれ変わらせることができます。その強力な作用より、皮膚の漂白剤ハイドロキノン製剤と併用することで、美容・美白のためにも使用されています。

内容量 30g/本
剤形 クリーム剤
有効成分 クリーム1g中にトレチノイン(Tretinoin)として0.025%含有
ブランド Hesa Pharmaceutica (ヘサ・ファーマ)




□効果・効能

トレチノインクリーム0.025%は、強力な尋常性ざ瘡(ニキビ)治療薬です。

1日1回使用することで、皮膚をきれいな美しいものに生まれ変わらせることができます。

その強力な作用より、皮膚の漂白剤ハイドロキノン製剤と併用することで、美容・美白のためにも使用されています。

トレチノインクリーム0.025%は、インドの製薬企業であるHegde and Hegde Pharmaceutical LLPによって製造・販売されています。

Hegde and Hegde Pharmaceutical LLPは皮膚領域に特化した製薬企業である、皮膚感染症治療薬、水虫治療薬、ニキビ治療薬、ふけ防止薬、保湿剤など皮膚疾患の治療薬を数多く製造・販売しています。

Hegde and Hegde Pharmaceutical LLPの医薬品は高品質なものが多く、本拠地のあるインドのみならず世界中で承認・使用されています。

トレチノインクリーム0.025%もそんなHegde and Hegde Pharmaceutical LLPの製造・販売しているニキビ治療薬であり、強力な効果が期待できます


□用法と用量

日本では有効成分トレチノインは承認されていないので、日本人向けの用法・用量は定められていません。
海外で承認されているトレチノインクリーム0.025%の用法・用量は下記の通りです。

<尋常性ざ瘡(ニキビ)の治療>

  • 1日1回、夕方、にきび病変が出現する皮膚に、患部全体を軽く覆うように十分に使用します。
  • 過度な炎症が起こったり、刺激が強い場合は必要に応じて一時的に使用を中止したり、使用頻度を確実投与にするなど調節します。
  • 治療効果は2~3週間程度であらわれてきますが、確実な効果が見られるまでには6週間程度の使用が必要です。

また、皮膚の美容・美白のためにもトレチノインクリーム0.025%は使用されています。
皮膚の美容・美白のために推奨されている用法・用量は下記の通りです。

  • 漂白期(2~6週目):治療開始2~6週目ではトレチノインクリーム0.025%およびハイドロキノン製剤を併用し、表皮メラニンの排出を促します。多くの場合は治療開始後3~4日のうちに皮膚が紅くなる皮膚炎症状と、ターンオーバーの亢進により落屑(皮膚の皮がうすく剥ける状態)、乾燥がみられます。
  • 治癒段階期(6~12週目):シミが消失あるいは軽減した段階で治癒段階に移行させます。トレチノインクリーム0.025%を中止しハイドロキノン製剤のみを広範囲に使用します。



□副作用

有効成分トレチノインを皮膚に塗ることで、いくつかの副作用が報告されています。

  • 皮膚のターンオーバーを促し、皮膚が生まれ変わりを繰り返すので、多くの方で皮膚のピリピリ感や皮膚炎を感じます。
  • 皮膚が新しく生まれ変わるので、トレチノインを使用開始してから2~3日目には古い皮膚がポロポロと落ちる落屑という現象が起こります。

これらの症状は、皮膚が新しく生まれ変わるのになくてはならない過程です。
多少の副作用は必ず起こってしまいますが、もし副作用が我慢できなければトレチノインクリーム0.025%の使用を中止あるいは減量するなど適切な処置を講じるようにしてください。
通常であれば使用を中止すれば症状は回復します。




□情報広場





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

トレチノインクリーム0.025%