プロペシア+ツゲイン5%セット「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

プロペシア+ツゲイン5%セット

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

AGA治療薬の基本にして最強コンビ『フィナステリド+ミノキシジル』のセットです。まずはここからスタートしてください。

内容量 プロペシア28錠/ツゲイン60ml
剤形 タブレット剤/ 塗布剤(液体)
有効成分 フィナステリド(Finasteride)1mg ミノキシジル(Minoxidil)5%
ブランド Cipla (シプラ)

ミノキシジルは薄毛の治療薬として世界中で使用されています。ツゲイン5はそのミノキシジルを10%配合し、頭皮の血行をよくすることで発毛を促進します。

ツゲイン5は頭皮に直接塗布するタイプの外用薬です。効果が実感できるまで数ヶ月かかります。

また、内服薬「プロペシア(有効成分フィナステリド)」と併用することができます。AGAクリニックでもツゲイン5とプロペシアは併用するように処方されています。 2つの薬の相乗効果により発毛・育毛を実感することが期待できます。

また、女性の薄毛を引き起こす女性型脱毛症に対しては、低濃度の「ツゲイン5」を使用してください。ツゲイン5にはミノキシジルを2%配合しています。女性は高濃度タイプのツゲイン5やツゲイン5を使用しないでください。




□効果・効能

現在日本には1,200万人強のAGA患者がいるといわれています。東京都内のクリニックのデータでは、2014年から2017年の4年間で来院患者数が倍増しており、男性型脱毛症の治療を希望する患者は今後も急激に増加すると予測されています。

驚くべきは、AGA治療クリニックに来院する患者の大半が50代以降の世代ではなく、10代や20代の若年層である、という事実です。このトレンドは近年より顕著に表れており、とある東京23区内のクリニックでは患者全体の27%が30代、56%が10〜20代の若者であると公表しています。

この市場構造は、「薄毛で青春を謳歌できるのか、、、」と愛する息子の今後の人生を憂いて、平均的に60万〜120万円するといわれるAGA治療費用を両親が負担することで成り立っています。支払った高額治療費の対価は、基本的にどこのクリニックにも大差はなく、半年〜1年間かけてミノキシジルやフィナステリドを投薬し続けるという、原価コストはおおよそ5%に満たないクリニックのAGAの治療プロセスです。

クリニックで100万円を消費する前に、同じお薬を個人輸入で調達し数十分の1のコストで3ヶ月間経過をみてはいかがでしょうか??大事をとって、フィナステリド服用前の血液検査のみ事前にクリニックで受けるという手段も賢いですね。

男性型脱毛症は正しく投薬を続ければ99%の患者に改善結果が確認されている「とても治りやすい疾患」です。薄毛の進行に焦って盲目的に大きなコストをかけすぎず、個人輸入というもうひとつの手段をご検討ください。クリニックの利用者数が増加する傍ら、個人輸入代行を活用した通販でAGA治療薬を調達するユーザーも昨年対比で約1.6倍に達しております。べストケンコーはこれまでのべ10万人以上の男性顧客へミノキシジルプロペシアをはじめとするAGAの治療薬をお届けしてきました。


□用法と用量

【ツゲイン5-ミノキシジル塗布剤(5 & 10%)】

  • 成人男性(20歳以上)が、1日2回朝・夕に、1回1mlを脱毛している頭皮に塗布してください。
  • 1回1mlの使用は、脱毛範囲の大小に関係なく守ってください。
  • 1mlは塗り広げれば、頭皮全体に十分に行きわたる量として設計されています。

正しい使用方法:用法用量よりも多量に使用しても、あるいは頻繁に使用しても効果は上がりませんので決められた用法・用量を守ってください。

<最大限の効果を得るために>

  • 毛髪が成長するのには時間がかかります。
  • 目に見えて効果がわかるようになるまでには、ほとんどの方で少なくとも4ヵ月程度かかってしまいます。
  • 毎日決まった時間に忘れずに使用することで、より効果を得ることができます。
  • 効果を維持するには継続して使用していただくことが必要で、使用を中止すると徐々に毛髪が戻ってしまうので注意してください。
  • 他の育毛剤として軟膏や液剤等の外用薬を頭皮に使用してしまうと、吸収に影響を及ぼし、副作用の頻度を上昇させるおそれがあるので併用は推奨されていません。

プロペシア(フィナステリド1mg)】

  • 通常、男性成人にはフィナステリドとして1日1回0.2mgを服用してください。必要に応じて1mg/日を上限に増減可能です。
  • 上記、1日1回0.2mgでの服用開始は日本で承認されているフィナステリドの用法であり、海外では一般的に治療初期から1回1mgの服用が推奨されています。多くの国内AGA治療クリニックでも海外の用法用量が推奨されています。
  • 1mg/日を服用する際は症状を確認しながら注意して服用してください。
  • 食事の影響を受けないので、食前、食後いつでも服用できます。
  • 飲み忘れを防ぐためには毎日決まった時間帯に服用する習慣をつけることがおススメです



□副作用

【ツゲイン5-ミノキシジル塗布剤(5 & 10%)】

  • 頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感、頭痛、気が遠くなる、めまい、胸の痛み、心拍が早くなる、原因不明の体重増加、手足のむくみ

プロペシア(フィナステリド1mg)】

  • 軽度の副作用が報告されていますが、ほとんどの方は安全にフィナステリドを服用することができます。
  • 日本で行われたフィナステリドの臨床試験では、4.0%(276例中11例)の方に副作用が報告されました。(試験期間1年)
  • 主な副作用として、リビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等です。
  • 市販後の使用成績調査ではより副作用が起こる頻度は低く、リビドー減退は0.2%、勃起機能不全は1%未満と報告されています。
  • 起こることは稀ですが、全身倦怠感等の肝機能障害があらわれることもあります。
  • 服用してなにか気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。



□情報広場

薄毛の治療薬は皮膚科やクリニックでも購入することができます。

しかし、現在日本では男性型脱毛症(AGA)の治療には保険が適用されず、クリニックで治療する場合はすべて自己負担になってしまいます。治療薬は長期的に利用する必要がありますので、コストはできるだけ抑えたいところです。

個人輸入ならクリニックで治療薬を購入するのに比べて、初診料や検査料がかからないのでその分安く購入することができます。

日本のクリニックでの初診料は5,000円、そして定期的に行う検査料は5,000〜10,000円というのが一般的です。自由診療ということもあり、費用は高めの設定になっています。

【初回にかかる費用】

  • カウンセリング:無料
  • 初診料:5,000円
  • 血液検査:5,000〜10,000円
  • 治療薬代:5,000〜50,000円
  • 合計:15,000円〜65,000円

【月々かかる費用】

  • 治療薬代:5,000〜50,000円
    (定期的に血液検査を行う場合、+3,000円〜)

【処方される薬剤】

プロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)、オリジナルの治療薬などAGAの治療には長期的に薬を使用する必要があります。使用開始から6ヶ月までに発毛育毛を実感できる人が多いです。そのため日本のクリニックに通院する場合かかる費用は以下になります。

  • 初回〜6ヶ月の合計:40,000〜315,000円




□レビュー

プロスカーとリアップの組み合わせを医師から指示されました。2ヶ月置きに検査に来るようにいわれました。
リアップも同時並行して構わないとの見解なので、ここでツゲインとフィンカーを買うことにしました


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

プロペシア+ツゲイン5%セット