ベットミガ50mg(ベタニス)「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

ベットミガ50mg(ベタニス)

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

ベットミガ50mgは、過活動膀胱治療薬です。1日1回服用することで、膀胱を緩めたくさんの尿を溜めることができるようになり、頻尿や尿失禁を治療することができます。世界的に有名な製薬企業アステラス製薬によって製造・販売されており、安心・安全です。

内容量 30錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 1錠中にミラベグロン(Mirabegron)として50mg含有
ブランド Astellas (アステラス)

<効能・効果>

  • 過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁

<効能・効果に関連する使用上の注意>

  • 本剤を適用する際、十分な臨床症状を確認するとともに、類似の症状を呈する疾患(尿路感染症、尿路結石、膀胱癌や前立腺癌などの下部尿路における新生物等)があることに留意し、尿検査等により除外診断を実施すること。
  • 必要に応じて専門的な検査も考慮すること。



□効果・効能

ベットミガ50mgは、過活動膀胱治療薬です。

ベットミガ50mgは、アステラス製薬株式会社において創製されました。

アステラス製薬は日本の製薬企業であり、2005年に山之内製薬藤沢薬品工業が合併し発足しました。

日本最大規模の営業体制と、優れた研究陣を擁し、2012年医薬品売上高順位で世界18位に輝いています。

日本でもトップクラスの製薬メーカーとして国内大手製薬メーカー5社の1つに数えられており、優れたお薬を数多く製造・販売しています。

ベットミガ50mgもそんなアステラス製薬が製造している優れたお薬の1つで、服用することで強力な治療効果を得ることができます。

ベットミガ50mgは、選択的β3アドレナリン受容体作動薬といわれるお薬です。

服用することで過活動膀胱を治療することができます。

過活動膀胱は、日頃から尿意切迫感があり、頻尿や夜間頻尿をともなうことが多い症状症候群です。

突然に強い尿意を生じ、我慢できないほどでつらいです。

人によっては、その直後に尿漏れを起こしてしまうこともあります。

非臨床試験において、膀胱弛緩作用により蓄尿機能を亢進させる一方、排尿機能に影響を及ぼしにくいということで2011年に日本で初めて、かつ世界で初めて販売が開始されました。

ベットミガ50mgは、そのような過活動膀胱に有効です。

膀胱をゆるめ、その容量を大きくし、たくさん尿がためられるようにします。

尿意切迫感をはじめ、尿の回数が異常に多い頻尿、夜間頻尿、急な尿意のあとの尿漏れなどの治療に用います。


□用法と用量

<用法・用量>

  • 通常、成人にはミラベグロンとして50mgを1日1回食後に服用します。

<用法・用量に関連する使用上の注意>

  • 中等度の肝機能障害患者(Child-Pughスコア7~9)の服用は1日1回25mgから開始する。[肝機能障害患者では血中濃度が上昇すると予想される。]
  • 重度の腎機能障害患者(eGFR15~29mL/min/1.73m2)の服用は1日1回25mgから開始する。[腎機能障害患者では血中濃度が上昇すると予想される。]



□副作用

有効成分ミラベグロンは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。

  • 主な副作用として、γ-GTP上昇、便秘、CK(CPK)上昇、Al-P上昇、口内乾燥、ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇、尿中蛋白陽性、白血球数減少等が起こることが報告されています。
  • 重大な副作用として、尿閉、高血圧等が起こることが報告されています。

これら以外にも、副作用を起こすおそれがあります。
ベットミガ50mgを服用して、何か気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。




□情報広場

日本では、ベットミガ50mgの日本での販売名であるベタニス錠50mgを病院から処方してもらうことができます。

日本の病院から、1箱30錠分のベタニス錠50mgを処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
ベタニス錠50mgの価格:1錠187.5円×30錠=約5,630円
合計約9,130~10,130円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約2,740~3,040円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

ベットミガ50mg(ベタニス)