ロルカム4mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

ロルカム4mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

ロルカム4mgは、腫れや痛みをやわらげてくれる消炎・鎮痛剤です。1日3回あるいは痛みがあるときにサッと服用することで、耐え難い痛みをやわらげてくれます。痛みだけでなく、熱を下げる効果もあり解熱のためにも使用されています。

内容量 30錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 1錠中にロルノキシカム(Lornoxicam)として4mg含有
ブランド Abbott (アボット)




□効果・効能

ロルカム4mgは、腫れや痛みをやわらげるためのお薬です。

世界的に有名な製薬企業であるAbbott Healthcare Pvt Ltd(アボット)によって製造・販売されています。

アボット社はイリノイ州シカゴに本社を置く大企業で、現在では130を超える国や地域で高品質な医薬品を提供しています。

ロルカム4mgもそんな高品質なお薬の1つで、多くの痛みに悩む患者のために使用されています。

1日3回あるいは痛みがあるときにサッと服用することで、耐え難い痛みをやわらげてくれます。

痛みだけでなく、熱を下げる効果もあり解熱のためにも使用することが可能です。


□用法と用量

関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎の消炎・鎮痛の場合

  • 通常、成人にはロルノキシカムとして1回4mgを1日3回食後に服用します。
  • 年齢、症状により適宜増減しますが、1日18mgを限度とします。

手術後、外傷後及び抜歯後の消炎・鎮痛の場合

  • 通常、成人にはロルノキシカムとして1回8mgを頓用します。
  • 1回量は8mgまで、1日量は24mgまで、服用期間は3日までを限度とします。
  • 空腹時の服用は避けることが望ましいです。

最大限の効果を得るために

  • 手術後、外傷後及び抜歯後の消炎・鎮痛に用いる場合、1回8mg、1日24mg及び3日間を超えて、服用された経験はなく、安全性は確立されていないので、用法・用量を遵守するようにしてください。

併用して相乗効果のある薬剤

  • ムコスタ100mg(消化器系の副作用予防のため)



□副作用

ロルカム4mgは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。

  • 主な副作用として、腹痛、腹部不快感、腹痛、胃炎、嘔気、肝機能異常、浮腫等が起こることが報告されています。
  • 重大な副作用として、消化性潰瘍、小腸・大腸潰瘍、ショック、アナフィラキシー、血小板減少、皮膚粘膜眼症候群、急性腎障害、劇症肝炎等が起こることが報告されています。

これら以外にも、服用することで副作用を起こすおそれがあります。
ロルカム4mgを服用して、何か気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。




□情報広場

日本の病院からもロルカムは処方してもらうことができます。

日本の病院から、1箱30錠分のロルカム錠4mgを処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
ロルカム錠4mgの価格:1錠19.5円×30錠=約590円
合計約4,090~5,090円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約1,230~1,530円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

ロルカム4mg