ガラマー4mg(ラザダインジェネリック)「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

ガラマー4mg(ラザダインジェネリック)

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

ガラマー4mgは、認知症治療薬です。アルツハイマー認知症の治療に使用され、症状を軽くすることができます。1錠4mgと有効成分を低用量含有しているので、副作用を起こさないように徐々に増量しながら使用することができます。

内容量 50錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 1錠中にガランタミン(Galantamine)として4mg含有
ブランド Sun Pharma (サン・ファーマ)




□効果・効能

ガラマー4mgは、認知症治療薬です。

アルツハイマー認知症の治療に使用され、症状を軽くすることができます。

主に軽度及び中等度のアルツハイマー認知症における認知症症状の進行抑制のために使用することができます。

ガラマー4mgはラダザイン(日本ではレミニール)のジェネリック医薬品として、Sun Pharmaceutical Industries Ltd(サン・ファーマ)によって製造・販売されています。

サン・ファーマ社は、インドのムンバイに本社を置く製薬会社です。

1983年に設立され、世界各国で製薬会社の買収を重ねる成長拡大路線により、現在では国際的製薬会社として知られ、ジェネリック医薬品だけでなく、心疾患治療薬、糖尿病治療薬、胃薬、呼吸器系疾患治療薬などを製造しています。

日本だけでなく、アメリカやヨーロッパおよびアジアなど世界40カ国に輸出するまでに成長しています。

2014年には世界第5位のジェネリックメーカーとなっており、数多くの高品質なジェネリック医薬品を製造しています。

ガラマー4mgもそんなサン・ファーマ社によって製造された高品質なジェネリック医薬品となっています。

服用することで先発品ラダザインと同等の強力な認知症治療効果を得ることができつつ、安価であるので、多くの患者から愛用されています。

1錠4mgと有効成分を低用量含有しているので、副作用を起こさないように徐々に増量しながら使用することができます。


□用法と用量

<用法・用量>

  • 通常、成人にはガランタミンとして1日8mg(1回4mgを1日2回)から開始し、4週間後に1日16mg(1回8mgを1日2回)に増量し、服用します。
  • 症状に応じて1日24mg(1回12mgを1日2回)まで増量できますが、増量する場合は変更前の用量で4週間以上服用した後に増量します。

<用法及び用量に関連する使用上の注意とその理由>

  • 1日8mg服用は有効用量ではなく、消化器系副作用の発現を抑える目的なので、原則として4週間を超えて使用しないでください。
  • 中等度の肝障害患者では、4mgを1日1回から開始し少なくとも1週間服用した後、1日8mg(4mgを1日2回)を4週間以上服用し、増量します。ただし、1日16mgを超えないようにしてください。
  • 副作用を軽減するため、食後に服用することが望ましいです。
  • 医療従事者、家族等の管理のもとで服用するようにしてください。



□副作用

ガラマー4mgの有効成分ガランタミンは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。

  • 主な副作用として、悪心、嘔吐、食欲不振、下痢、食欲減退、頭痛等が起こることが報告されています。
  • 重大な副作用として、失神、徐脈、心ブロック、QT延長、急性汎発性発疹性膿疱症、肝炎、横紋筋融解症等が起こることが報告されています。

これら以外にも、ガラマー4mgを服用することで副作用を起こすおそれがあります。
ガラマー4mgを服用して、何か気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。




□情報広場

日本では、ガラマー4mgの先発品であるレミニール錠4mgを病院から処方してもらうことができます。

日本の病院から、1箱50錠分のレミニール錠4mgを処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
レミニール錠4mgの価格:1錠100.8円×50錠=5,040円
合計8,540~9,540円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約2,570~2,870円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

ガラマー4mg(ラザダインジェネリック)