ジャヌビア25mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

ジャヌビア25mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

ジャヌビア25mgは、強力な糖尿病治療薬です。世界的に有名な製薬企業であるMerck Sharp and Dohme(MSD)によって製造・販売されており、日本のみならず世界中で承認・処方されています。食事の影響を受けず、1日1回いつでも飲めるので飲み忘れしにくいのが特徴です。

内容量 7錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 1錠中にシタグリプチン(Sitagliptin)として25mg含有
ブランド MSD (エムエスディー)




□効果・効能

ジャヌビア25mgは、Merck Sharp and Dohme(MSD)により製造されたジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)阻害薬で、新しい作用機序の経口糖尿病治療薬です。

2006年8月に世界初のDPP-4阻害薬としてメキシコで承認され、その後2006年10月には米国で承認されました。

2018年6月現在、米国、欧州、アジアの各国を含む134の国・地域で承認されています。

日本でも2009年にはジャヌビアは承認され、現在では多くの医療機関で糖尿病患者の治療のために処方されています。

ジャヌビア25mgの特徴は、食事の影響を受けにくく、1日1回いつ服用してもいいということです。

飲み忘れしにくいので良好な血糖値コントロールを得ることができます。

また、血糖値を下げすぎたりせず適度に下げることができるという作用特性があり、副作用を起こしにくいというのも人気の理由です。


□用法と用量

  • 通常、成人にはシタグリプチンとして50mgを1日1回服用します。
  • 効果が不十分な場合には、経過を十分に観察しながら100mg1日1回まで増量することができます。
  • 本剤は主に腎臓で排泄されるため、中等度の腎機能障害のある患者の通常服用量は1日1回25mg、最大服用量は1日1回50mgです。
  • 重度及び末期腎不全の患者の通常服用量は1日1回12.5mg、最大服用量は1日1回25mgです。



□副作用

ジャヌビア25mgは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。

  • 主なものは低血糖症、便秘、空腹、腹部膨満等が起こることが報告されています。
  • 関連の否定できない臨床検査値の異常変動として、ALT(GPT)増加、AST(GOT)増加、γ-GTP増加等が起こることが報告されています。
  • 重大な副作用としては、アナフィラキシー、反応、皮膚粘膜眼症候群、剥脱性皮膚炎、肝機能障害、黄疸等が起こることが報告されています。

これら以外にも、副作用を起こすおそれがあります。
ジャヌビア25mgを服用して、何か気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてくださ




□情報広場


ジャヌビアは、日本の病院からも処方してもらうことができます。

日本の病院から、ジャヌビア錠25mgを7錠処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
ジャヌビア錠25mgの価格:1錠69.9円×7錠=約490円
合計約3,990~4,990円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約1,200~1,500円かかります。




□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

ジャヌビア25mg