テラマイシン3.5mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

テラマイシン3.5mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

テラマイシン3.5mgは、あなたの大切なペットの眼感染症を治療することができる動物用眼軟膏です。眼に直接塗布することで原因となる細菌を殺すことができ、感染症によって引き起こされる諸症状を改善してくれます。世界的に有名な製薬企業Pfizer(ファイザー)社製で、安心・安全です。

内容量 3.5gチューブ1本/箱
剤形 眼軟膏剤(動物用)
有効成分 1g中に以下の成分を含有/オキシテトラサイクリン塩酸塩(Oxytetracycline Hydrochloride)として5mg、ポリミキシンB硫酸塩(Polymixin B Sulfate)として10,000単位
使用期限 2023-06-30
ブランド Pfizer (ファイザー)




□効果・効能

テラマイシン3.5mgは、あなたの大切なペットの眼感染症を治療することができる動物用複合抗生物質製剤です。

眼に直接塗布することで原因となる細菌に対して殺菌効果を示し、感染症によって引き起こされる諸症状を改善してくれます。

大切な家族であるペットのつらい症状を改善するために、すぐ使用できるようあらかじめ購入しておき常備薬とするのもおススメの商品です。

テラマイシン3.5mgは、世界的に有名な製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって製造・販売されています。

ファイザー社は、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社をおく製薬企業です。

優れた医薬品を数多く世界中の医療機関に提供しているため、2013年には医薬品の売上高世界第1位に輝いています。

テラマイシン3.5mgもそんなファイザー社が製造する高品質なお薬の1つで、日本では未承認のお薬ですが、世界中で動物の眼感染症の治療のために承認・使用されています。

テラマイシン3.5mgを1日3~4回眼に直接塗布することで、2つの有効成分が強力に動物の眼に感染している細菌を殺すことができ、感染症によっておこる眼の痒みや赤み、目やに、腫れなどの諸症状を改善してくれます。

イヌ、ネコ、ウシ、ヒツジ、ウマなどの眼瞼炎、ジステンパーによる二次細菌合併症などの治療にも効果的です。

飼育しているペットの「涙が多い」「顔周辺をしきりにこする」「目やにが多い」などの症状や仕草がある飼い主の方におススメです


□用法と用量

  • テラマイシン3.5mgは、1日3~4回、眼に直接塗布してください。
  • 下瞼をさげて、チューブを絞りながら下瞼に塗布します。



□副作用


テラマイシン3.5mgは、使用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。

  • 主な副作用として、発疹、接触性皮膚炎、オキシテトラサイクリン塩酸塩及びポリミキシンB硫酸塩非感性菌による感染症(菌交代症)が起こることが報告されています。
    菌交代症とは、オキシテトラサイクリン塩酸塩及びポリミキシンB硫酸塩に対して耐性のある菌がテラマイシン3.5mgの使用によって殺菌された細菌のかわりに増殖して新たに感染症を起こす状態です。このような場合は、適切な処置を講じる必要があります。
  • 重大な副作用には、過敏症(アナフィラキシー)が起こることが報告されています。

これら以外にも、テラマイシン3.5mgを使用することで副作用を起こすおそれがあります。
テラマイシン3.5mgを使用して、何か気になる症状があれば速やかに獣医師に相談するようにしてください。



□情報広場

日本ではテラマイシン3.5mgのような動物用の眼軟膏は販売されていません。
しかし、日本ではヒトが使用するためにテラマイシン3.5mgと同じ有効成分を含有するテラマイシン軟膏(ポリミキシンB含有)を病院から処方してもらうことができます。

日本の病院から、3.5g分のテラマイシン軟膏(ポリミキシンB含有)を処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
テラマイシン軟膏(ポリミキシンB含有)の価格:1g10.9円×3.5g=約40円
合計3,540~4,540円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約1,070~1,370円かかります。

しかし、テラマイシン軟膏(ポリミキシンB含有)はヒトの皮膚感染症のために使用するお薬であり、動物の眼感染症治療のために処方してもらうことは不可能です。
購入を希望するのであれば、個人輸入代行サイトを利用するのがおススメです。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

テラマイシン3.5mg