コンビグライゼXR 5/1000mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

コンビグライゼXR 5/1000mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

コンビグライゼXR 5/1000mgは、強力な糖尿病治療薬2種類を組み合わせた配合剤です。世界的な製薬企業アストラゼネカ(AstraZeneca)社によって製造・販売されており、服用することで血糖値を良好にコントロールすることができます。

内容量 28錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 1錠中に以下の成分を配合/ サキサグリプチン(Saxagliptin)として5mg、メトホルミン(Metformin)として1,000mg
ブランド Astrazeneca (アストラゼネカ)




□効果・効能

コンビグライゼXR 5/1000mgは、強力な糖尿病治療薬2種類を組み合わせた配合剤です。

世界的な製薬企業アストラゼネカ(AstraZeneca)社によって製造・販売されており、服用することで血糖値を良好にコントロールすることができます。

コンビグライゼXR 5/1000mgは日本では販売されていませんが、それぞれ2つの有効成分は日本でも承認されており日本人にとっても有効性・安全性が確立されているので、コンビグライゼXR 5/1000mgを1錠服用すれば1粒で2度おいしいお薬となっています。

コンビグライゼXR 5/1000mgは、1錠に有効成分にサキサグリプチンとして5mg/メトホルミンとして1,000mg含有しています。

この2つの成分を1錠服用すれば摂取できるため、様々なメリットがあります。

まずは、効果が強力なことです。

2つの強力な成分を配合しているので強力に血糖値を下げることができます。

しかし副作用は起こしにくく、安全性が高いのも特徴です。

さらに、日本で承認されている有効成分メトホルミンの用法は1日に2~3回に分割して服用する必要がありますが、コンビグライゼXR 5/1000mgは1日1回服用するだけでいいということもメリットの1つです。

1日の服用回数が少なくて済めば、飲み忘れの防止につながりより良好に糖尿病治療をすることができるようになります


□用法と用量

日本ではコンビグライゼXR 5/1000mgは承認されていないので、日本人向けの用法は定まっていません。
しかし、2つの有効成分サキサグリプチン及びメトホルミンの用法は定まっています。

日本で承認されているサキサグリプチンの用法は、通常、成人にはサキサグリプチンとして5mgを1日1回服用します。
なお、状態に応じて2.5mgを1日1回服用することができます。
中等度以上の腎機能障害患者は、排泄の遅延により血中濃度が上昇するため、2.5mgに減量するようにしてください。

日本で承認されているメトホルミンの用法は、通常、成人にはメトホルミンとして1日 500mgより開始し、1日2~3回に分割して食直前又は食後に服用します。
維持量は効果を観察しながら決めますが、通常1日750~1,500mgとします。なお、状態により適宜増減しますが、1日最高服用量は2,250mgまでとします。

通常、10歳以上の小児にはメトホルミンとして1日500mgより開始し、1日2~3回に分割して食直前又は食後に服用します。
維持量は効果を観察しながら決めますが、通常1日500~1,500mgとします。
なお、状態により適宜増減しますが、1日最高服用量は2,000mgまでとします。

また、海外で承認されているコンビグライゼXR 5/1000mgの用法は、1日1回夕食とともにサキサグリプチンとして5mg/メトホルミンとして500mgを服用します。
症状に応じて適宜増減し、最大でサキサグリプチンとして5mg/メトホルミンとして2,000mgまで服用することができます。

最大限の効果を得るために

  • 錠剤は噛んだり砕いたりせず、そのまま飲み込むようにしてください。



□副作用

コンビグライゼXR 5/1000mgの有効成分サキサグリプチンとメトホルミンは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。

  • 主な副作用として、低血糖、下痢、便秘、悪心、食欲不振、発疹、腹痛等が起こることが報告されています。

これら以外にも、服用することで副作用を起こすおそれがあります。
コンビグライゼXR 5/1000mgを服用して、何か気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。




□情報広場

日本では、サキサグリプチン及びメトホルミンを含有する配合剤は販売されていません。
しかし、病院からそれぞれ単剤のお薬を処方してもらうことができます。
サキサグリプチンはオングリザ錠5mg、メトホルミンはメトグルコ錠500mgとして病院から処方してもらうことができます。
1箱28錠分のコンビグライゼXR 5/1000mgと同じ量を処方してもらうには、オングリザ錠5mgが28錠、メトグルコ錠500mgが56錠必要です。

日本の病院から、オングリザ錠5mgを28錠、メトグルコ錠500mgを56錠処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
オングリザ錠5mgの価格:1錠126.2円×28錠=約3,540円
メトグルコ錠500mgの価格:1錠15.4円×56錠=約870円
合計7,910~8,910円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約2,380~2,680円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

コンビグライゼXR 5/1000mg