クラビットジェネリック500mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

クラビットジェネリック(レボクイン)500mg10錠

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

エルクィンは、クラビット錠500mgのジェネリックで最も人気の高い商品です。クラジミア、淋病などの感染症に高い効果をもつレボフロキサシンを有効成分にもつ、ニューキノロン抗生物質一番手です。

内容量 10錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 レボフロキサシン(Levofloxacin)500mg
ブランド Cipla (シプラ)




□効果・効能

クラビットジェネリック錠は感染症や炎症など抗菌剤として、クラミジアや淋菌などの性感染症、男性では前立腺炎、女性では膀胱炎や腎盂腎炎などの尿路感染症など、他にも手術後の感染予防や風邪の時など幅広い場面で使用されています。

感染症は感染を引き起こす原因となる病原体が体に入り込み、腫れや赤み、ひどくなると化膿し、痛みや発熱などの症状を引き起こします。これらの症状は、病原体が引き起こすだけではなく、自分の体にある免疫作用が働き、病原体と戦っている証拠でもあります。

病原体は主に細菌やウイルス、真菌(カビ)などがあげられます。クラビットジェネリックはこれらの中でも細菌に効果を発揮します。細菌では、クラミジアマイコプラズマ、レジオネラなどに有効です。

クラビットジェネリック錠の主成分であるレボフロキサシンは、今まで使用されていた抗菌薬はニューキノロン系のタリビットよりも多くの病原体に効果を発揮してくれます。タリビットでは治癒が難しい感染症にも、クラビットは効果を発揮し、抗菌力も強いので、現在では国内でも最も使用されている抗菌薬になっています。

感染症や炎症の症状は疾患によってそれぞれですが、ほとんどの場合痛みや発熱、腫れなどを伴います。クラビットは、これらの症状を引き起こす原因となる細菌の増殖を防ぎ、殺菌する作用があるので、感染症状を軽快・治癒してくれます。

また、今まで経口剤では効果が期待できにくいとされていた膀胱や性器への効果も期待できるので、性感染症などの治療にも多く使用されています。クラミジアの感染は国内でも感染者が多い感染症で、この感染症に効果的な抗菌薬としてクラビットが活躍しています。

他の抗生剤と比較しても副作用症状もあまり出ることなく、即効性も期待でき、安全性も確立されているので、どなたでも安心して使用していただけます。


□用法と用量

クラビットジェネリック錠は、通常1日に1回500mgを内服するか、もしくは250㎎を2回に分けて内服します。内服時は水かぬるま湯で内服するようにして下さい。

症状が重たい場合には、1日1回750㎎を3日間内服する場合もあります。内服時は医師の指示通りに内服するようにして下さい。

クラビットジェネリック錠が良く使用されるクラミジアに感染した時の内服日数は大体1週間と言われています。

抗菌薬として国内では最も使用されている薬で、副作用の症状も少なく、安全性も高いのですが、長期間の内服により、発疹や皮膚炎といった症状が現れる場合があるので、少しでも気になったら医療機関を受診するようにして下さい。

また、クラビットジェネリック錠は「抗菌薬」なので、菌を殺す効果しかありません。インフルエンザやロタなどのウイルス感染の場合には一切効果を発揮しません。

長期間内服を続けても、症状の改善が得られないなど効果が期待できない場合は、ウイルス感染による病気の可能性もありますので、一度病院で検査してもらってください。これは、性感染症でも同じことなので、HIVなどのウイルス感染には効果が出ませんので注意してください。

内服し忘れた時の対処法として、1日1回で内服をしている方は、内服し忘れたその日に気づいた場合、気付いた時点で内服するようにして下さい。何時に内服しても1日1錠なので問題ありません。1日おいて次の日に気づいてしまった場合は、その日に1錠1回分だけ内服するようにして、1日分は内服しないようにして下さい。

1日に2回内服している方は、気付いた時点で内服をするか次の内服時間が近い時は内服せずに次の内服時間まで待って、1回分のみ内服するようにして下さい。内服し忘れたからと言って1度に2回分内服することは絶対にしないようにして下さい。

誤って多量に内服してしまった場合にはすぐに医療機関を受診するようにして下さい。

症状が治まっても菌が完全に死滅したかは分からないので、自己判断で内服を中止せずに出された処方分はきちんと内服しきってください




□副作用

クラビットジェネリック錠の副作用症状は少ないと言われていますので、安心して使用いただけます。

軽い副作用としては、下痢や吐き気などの胃腸障害や発疹などが見られる時があります。

ニューキノロン系の副作用に特徴的な光線過敏症が現れる場合があります。光線過敏症は、肌が日光に当たると赤くなったり、状態がひどければ水膨れを作ることもあります。

クラビットジェネリック錠内服中は、なるべく直射日光を避け、長袖など肌の露出を控えた服装を心がけるようにして下さい。まれに起こる重い症状としては、けいれんやアキレス腱に障害が見られたり、低血糖症状や横紋筋融解症などを発症する可能性があります。

体内での薬の分解に時間がかかってしまう高齢の方や腎臓機能に障害がある方は内服時に注意が必要です。




□情報広場





□レビュー

なぜか膀胱炎を繰り返しやすく 市販薬のボー〇〇ン や腎〇散などを購入して飲んでいましたが、一時的に治るのですがすぐ症状がぶり返してしていました。
結局いつも泌尿器科に通うはめになりますが、こちらは病院の抗生物質と同じ成分なのでよく効きました。ちょっと病院に行けないときに常備薬として今回購入しました。
市販で販売されているお薬ではないので助かりました。
前回は初めて購入したので、ちょっと心配してましたが品物も信用できるものでした


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

クラビットジェネリック(レボクイン)500mg10錠