ハルナールジェネリック(ユリマックス0.4mg)「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

ハルナールジェネリック(ユリマックス0.4mg)

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

リマックス0.4mgは、前立腺肥大症の排尿障害改善薬です。有効成分を日本で販売されているよりも高用量の0.4mg配合し、服用することで強力な効果を得ることができます。排尿に関する諸症状を改善することができるので、多くの男性から圧倒的な支持を得ています。

内容量 30錠/箱
剤形 カプセル剤
有効成分 1カプセル中にタムスロシン塩酸塩(Tamsulosin Hydrochloride)として0.4mg含有
ブランド Cipla (シプラ)




□効果・効能

男性のみなさん、最近、歳のせいか尿の切れが悪い、尿の勢いがないなどと感じてはいませんか?

もしかしたらそれは前立腺が肥大してしまい、尿道を圧迫しているからかもしれません。

リマックス0.4mgは、そんな前立腺肥大症によって起こる排尿トラブルを改善することができるお薬です。

リマックス0.4mgは、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

リマックス0.4mgもそんな高品質なジェネリック医薬品の1つで、安価でありながら優れた治療効果があります。

服用することで、日本でも販売されている先発品のハルナールD錠0.2mgに勝るとも劣らない強力な効果を発揮してくれます。

前立腺を縮小することができるので、尿にかかわる諸症状を改善します。


□用法と用量

日本および海外における承認された用法・用量は以下のとおりです。外国での承認状況によりそれぞれ異なります。

<日本での用法・用量>

  • 通常、成人にはタムスロシン塩酸塩として0.2mgを1日1回食後に服用します。なお、年齢、症状により適宜増減します。

アメリカでの用法・用量>

  • 通常、成人にはタムスロシン塩酸塩として0.4mgを1日1回食後に服用します。
  • 0.4mgの服用を2~4週間続けて効果が得られなければ、1日1回0.8mgに増量して服用することができます。

<イギリスでの用法・用量>

  • 通常、成人にはタムスロシン塩酸塩として0.4mgを1日1回食中あるいは食後に服用します。

最大限の効果を得るために

  • リマックス0.4mgはカプセル剤なので、カプセルを開封して服用することは推奨されていません。
  • 服用する際はカプセルを開封したり噛んだりせず、そのまま服用するようにしてください。



□副作用

リマックス0.4mgは、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

  • 主な副作用は、眠気、視界のぼやけ、めまい等が起こることが報告されています。

これら以外にも、ユリマックス0.4mgを服用して副作用を起こすおそれがあります。
リマックス0.4mg服用して、何か気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください




□情報広場

日本では、ユリマックス0.4mgと同じ有効成分を含有するお薬を病院から処方してもらうことができます。
日本ではハルナールD錠0.2mgという販売名で病院から処方されており、タムスロシン塩酸塩を1錠に0.2mg含有しています。
そのため、ユリマックス0.4mg 1箱30カプセルと同じ量のタムスロシン塩酸塩を手に入れるには、ハルナールD錠0.2mgが60錠必要です。

日本の病院から、ハルナールD錠0.2mgを60錠処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
ハルナールD錠0.2mgの価格:1錠101円×60錠=6,060円
合計9,560~10,560円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約2,870~3,170円かかります。

安価に大量のユリマックス0.4mgの購入を希望するのであれば、個人輸入代行サイトを利用するのがおススメです。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

ハルナールジェネリック(ユリマックス0.4mg)