ケトコナゾールクリーム2%(真菌症治療)「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

ケトコナゾールクリーム2%(真菌症治療)

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

有効成分ケトコナゾール配合の抗真菌外用薬です。即効性と持続性に優れ、世界中で人気があります。水虫、カンジダ脂漏性皮膚炎などの真菌症をしっかり治します。本剤はジェネリック医薬品です。

内容量 40g/本
剤形 外用クリーム
有効成分 ケトコナゾール2%
使用期限 2020-09-30
ブランド Bilim ilac san (ビリマイラクサン)




□効果・効能

ケトコナゾールクリームは古くからある有名な抗真菌外用薬です。
どんな症状にも使いやすく皮膚への負担が少ないクリームタイプです。

真菌はカビの一種です。誰もが聞いたことがあって多くの方がかかってしまう「水虫」も白癬菌という真菌による真菌感染症ですし、女性に多い「カンジダ」もカンジダ菌による真菌感染症です。

白癬菌は高温多湿の環境を好む真菌で、大半は足に寄生して足白癬すなわち水虫となります。共有したタオルやバスマットなどから簡単に感染します。
カンジダ菌は普段から体内に存在する真菌ですが、身体が弱って免疫力が低下すると異常増殖してカンジダ症を発症します。膣カンジダは性行為でも感染するため性感染症としても知られています。

頭皮や顔など皮脂の分泌が盛んな部位に多く発症する脂漏性皮膚炎も、原因はマラセチアという真菌の異常増殖です。(ただし、他にも原因が多数あります。まだ完全には解明されておりません。)脂漏性皮膚炎の症状は発赤、かゆみ、ブツブツ、炎症、大量のフケや脱毛(頭皮)などです。

ケトコナゾールクリームの有効成分ケトコナゾールは真菌の発育を抑制して殺菌し、真菌感染症による症状を改善して根治してくれます。

ケトコナゾールクリームは主に足白癬(水虫)、体部白癬(ぜにたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、皮膚カンジダ症、癜風、脂漏性皮膚炎の治療に世界中で非常に多く使用されています。

本剤はジェネリック医薬品であり、先発品の商品名は「ニゾラールクリーム」です。ニゾラールクリームと同一成分・効果ですが、値段がお安く設定されています。


□用法と用量

白癬、皮膚カンジダ症、癜風などの抗真菌治療

  • ケトコナゾールクリームを1日1回、患部に適量を塗布します。
  • 患部及び周囲に広めに伸ばして塗布してください。広めに塗布することで、周囲に潜んでいる真菌を確実に殺菌することができます。

脂漏性皮膚炎の治療

  • ケトコナゾールクリームを通常1日2回、患部に適量を塗布します。
  • この場合も患部より広めに塗布することを推奨します。

量の目安は1FTU(finger tip unit)、すなわち人差し指の先端から第一関節までチューブから絞り出した量です。1FTUは両方の手のひらくらいの範囲に相当する量です。

患部を清潔にしてから塗布してください。夜使用する場合はお風呂上がりがお勧めです。

ケトコナゾールクリームは速効性に優れていますが、真菌は皮膚の奥深くに潜伏しがちであるため根治するまでには長期間かかることが多いです。
特に足の裏など角質が厚い患部においては数ヶ月以上根気よく使用する必要があります。

症状が改善したからといって自己判断で安易に使用を中止すると再発・悪化してしまう恐れがあります。必ず医師の指示に従ってケトコナゾールクリームの使用を続けてください。

ケトコナゾールクリームの使用を開始してから一定期間(2週間くらい)経っても症状が一向に改善しない場合は、薬が合っていないもしくは原因が真菌以外のものである可能性が高いです。その時は医師に相談して他の治療法を検討しましょう。

最大限の効果を得るために

  • 塗り忘れのないように毎日ケトコナゾールクリームを正しく使用してください。
  • 患部は常に清潔にしてください。



□副作用

  • ケトコナゾールクリームの副作用はごく僅かで、安全性が高い外用薬です。
  • それでも皮膚の刺激感、発赤、紅斑、乾燥、かゆみ、かぶれ(接触皮膚炎)などの皮膚症状が副作用としてたまに報告されているので、塗布後は様子を見てください。
  • そのような症状が発現した場合はケトコナゾールクリームの使用を中止して医師に相談してください。
  • ケトコナゾールクリームに限らず、全ての薬剤の重大な副作用で「アナフィラキシーショック」というものがあります。命に関わる重いアレルギー反応です。
  • アナフィラキシーショックの初期症状は発疹、蕁麻疹、喉や唇の腫れ、呼吸困難、血圧低下などです。滅多に起こりませんが、存在を知っておいてください。
  • 万が一ケトコナゾールクリーム使用後に何らかの異常な症状が現れたら、すぐに医療機関を受診してください。



□情報広場


国内の医療機関でも本剤と同じ外用薬が取り扱われており、非常に多く処方されています。
商品名は「ニゾラールクリーム」です。
ニゾラールクリームの薬価は1gあたり33.4円であるため、40gだと1,336円となります。
この薬代に診察料や調剤料など受診費用が加算されると総額ではおよそ5,000~6,000円だと想定されますが、保険適用の3割負担でおよそ1,500~1,800円となります。
ただし、何らかの検査や処置を受けた場合は更に1,000~数千円追加されます。


□レビュー

以前から水虫に悩まされていたのですが、昨年の夏に両足の指の間にとどまらず、足の甲にまでいっきに広がり、堪らない痒さに最悪でした。さまざまな市販の外用薬を試してみたのですが少しも良くならず、友人から教えられて「ケトコナゾールクリーム」を購入しました。あまり期待していなかったのですが、塗り始めて2日目には効果を自覚するようになり、半月後には爛れたようになっていた足の甲はつるつるになりました。痒みもほとんど感じなくなりました


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

ケトコナゾールクリーム2%(真菌症治療)