アルダクトン(スピロノラクトン)100mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

アルダクトン(スピロノラクトン)100mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

アルダクトン100mgは利尿薬で、昔からある大人気の薬です。利尿作用と降圧作用で、主に浮腫(むくみ)や高血圧の治療に使用されます。 服用することでむくみが取れて顔や手足がスッキリします。男性ホルモンを抑制する作用もあることからニキビや多毛症、更には男性型脱毛症に対する改善効果も期待できます。

内容量 30錠/箱
剤形 カプセル剤
有効成分 1錠にスピロノラクトン100mg
ブランド RPG Life Sciences (アール・ピー・ジー・ライフ・サイエンス)




□効果・効能

アルダクトン100mgは日本をはじめ世界的に有名な利尿降圧薬であり、昔から非常に人気のある薬です。

体内に蓄積された余分な水分を尿として体外に排泄させる作用があり、高血圧、心不全、浮腫(むくみ)の治療に多く使用されます。むくみに対しては、生理前の手足のむくみなどの単なるむくみから心不全など様々な疾患から生じるむくみまで、あらゆるむくみに有効です。

また、アルダクトンはもうひとつの作用である男性ホルモンを抑制する作用が男性ホルモンの優位性によって起こるニキビ・女性の多毛症(ムダ毛が異常に多い)・男性型脱毛症(AGA)に有効であることが明らかになったため、それらの治療に応用されるようになりました。

アルダクトンの作用は比較的穏やかです。強力な利尿降圧薬が他にあるため、高血圧や心不全治療にアルダクトン単独での臨床使用はあまり見られません。ただし慢性心不全に対してアルダクトンは非常に有効であり、アルダクトンを薬物療法に追加することで死亡率が約30%低下したというデータがあります。


□用法と用量


  • アルダクトンを通常成人はは1日50~100mgを1~4回に分けて服用します。年齢や症状によって適宜増減しますが、はじめは少量から開始して様子をみることを推奨します。
    また、むくみが酷い時だけなど症状に合わせた頓服的な服用でも問題ありません。
    食事の影響は受けないので、何時でも服用可能です。
  • 利尿作用により尿量が増加してトイレに行く回数が増えるため、服用タイミングや用量には注意してください。
    服用後およそ1~2時間後に利尿効果が発現し尿意を催すようになるため、午前中に服用するのが一般的です。(夜間に服用すると夜中に何度もトイレに行くことになるかもしれないためです。)
    ただし、症状によっては医師の判断により夜間に服用する場合もあるので、医師の指示に従って服用してください。
  • 脱水症状になる恐れがあるため、むくみがあるからといって水分制限せずに必要な水分は必ずしっかり補給してください。
  • AGA、ニキビ、多毛症などむくみ以外の治療に使用する場合、アルダクトンを通常成人は1日100~200mgを2回に分けて毎日継続的に服用します。
    ニキビの場合は通常1~2ヶ月で新たなニキビができなくなり改善していくので、その段階になったら用量を減らします。
    AGAや多毛症に関しては現在もエビデンスが確立していないため、医師の指示に従って服用してください。

最大限の効果を得るために

  • 自身に合った適切な用法用量で正しく服用してください。
  • アルコールは禁忌ではありませんが、大量のアルコールは体内に水分を蓄積するためアルダクトンの効果が弱まります。
  • 十分な効果を発揮させるためにはアルコールをなるべく控えることをお勧めします。

併用して相乗効果のある薬剤

  • 特にありませんが、むくみ改善目的で服用する場合は塩分控えめの食事を摂る・お風呂にしっかり入るなど、ニキビ治療で服用する場合はニキビ用のスキンケアを丁寧に行う・良質な睡眠をとりストレスを溜めないなど食生活や生活習慣に気をつけるといいでしょう。


□副作用

  • アルダクトンの副作用は比較的少ないですが、女性化乳房(男性)・乳房痛・不正出血・生理不順など性ホルモンに関連した症状、頻尿、倦怠感、めまい、頭痛、動悸などの症状が報告されています。
    軽度であれば服用していくうちに症状が消えることが多くさほど心配いりませんが、症状が重い場合や減量・服用中止しても改善しない場合はすぐ受診してください。
  • アルダクトンは「カリウム保持性」という利尿薬の特徴から血中のカリウム量が増えすぎる状態(高カリウム血症)になることが稀にあります。高カリウム血症になると精神的変調や不整脈を起こす恐れがあるので注意してください。
  • その他にも滅多に起こりませんが、重大な副作用として急性腎不全、皮膚・粘膜障害、発疹などが挙げられるので念のため注意してください。



□情報広場

アルダクトンは日本の医療機関でも非常に多く処方されています。ここでは日本の最大用量規格の商品「アルダクトンA50mg」と比較します。

アルダクトンA50mgの薬価は1錠41.2円です。本剤100mgタイプ×30錠と同一量になるようにアルダクトンAを60錠処方してもらうと仮定すると、薬代は2,472円です。
ここに診察料、処方料、調剤料など諸々の受診費用が加算されると総額ではおよそ7,000円前後になるかと思われますが、保険適用の3割負担でおよそ2,100円前後になります。
血液検査など何らかの処置があった場合はこの金額に1,000~数千円追加されることを想定してください。
また、AGA・ニキビ・多毛症などむくみや高血圧以外の治療の場合は自由診療の全額自己負担になるために7,000円以上かかることになります





□レビュー

ラシックスの代替品として購入して見ました。
ラシックスのような、ラシックスに慣れていたので、
まだ効き目や飲むタイミング等がつかめなくて、効果をいまいち感じられてないのですが、慣れてくればそれもわかってくるのかもしれませんので、いろいろ試してみたいと思います。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

アルダクトン(スピロノラクトン)100mg