レビトラ20mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

レビトラ20mg(おまけのジェネリック付き)

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

レビトラ20mgは、有名な製薬企業であるドイツのバイエル(Bayer)社によって製造・販売されているED治療薬です。

 

ED治療薬は多くの企業から販売されていますが、レビトラ20mgはその中でも最強のED治療薬といわれています。

 

陰茎にガツンと作用し、陰茎を太く・固く・強く勃起させることができます。

 

有効成分として1錠にバルデナフィルを20mg含有し、半分に割って服用するだけでも十分に効果があるので非常にコスパが良いお薬です。

 

効果が持続しているあいだは性的刺激を受けてムラムラすれば速やかに勃起することができるので、何回も性行為を愉しむことができます。

 

一般的なED治療薬は食事の後に服用してしまうと効果が大幅に弱くなってしまいますが、レビトラ20mgは標準的な食事であれば食後に服用しても問題なく勃起誘発効果をあらわします。

 

当ストアでご提供するレビトラ20mg(バルデナフィル)は、Hong Kong Standards and Testing Centre(STC)の成分鑑定を受けておりますので、ご安心してご購入ください。





□効果・効能

レビトラ20mgの有効成分はバルデナフィルです。
1錠に20mg含有しています。

 

バルデナフィルはPDE5(ホスホジエステラーゼ5)阻害薬といわれるお薬です。
PDEには1~11型の種類が存在することが知られています。

 

バルデナフィルは陰茎海綿体に主に存在しているPDE5に対してより強く作用する効果があり、かつ選択性が高いのが特徴です。
すなわち、その他のPDEタイプに対しての作用が弱い、あるいは作用しないので副作用を起こしにくく勃起誘発効果が強いです。

 

勃起とは、性的刺激を受けてムラムラすることでcGMP(サイクリックGMP)といわれる物質が上昇し、陰茎に大量の血液が流れ込むことで起こります。

 

PDE5はcGMPを分解し、無効化することで勃起を解除してしまいます。
バルデナフィルは、このPDE5の働きを抑制し、cGMPを高い状態にキープすることで強力に勃起を促すことができます。

 

注意点として、バルデナフィルは催淫剤や性欲増強剤ではないということです。
性的刺激を受けてムラムラしなければ勃起はしないので、注意してください。
精子の量や質を改善する効果もないので、必要であればそれらの薬を併用するようにしてください。

□用法と用量


  • 通常、成人には1日1回バルデナフィルとして10mgを性行為の約1時間前に服用します。
  • 10mgの投与で十分な効果が得られず、副作用がないと判断できる場合、20mgに増量することができます。
  • 高齢者(65歳以上)、中等度の肝障害のある方については、副作用を起こすおそれがあるので、5mgを開始用量とし、最高用量は10mgとしてください。
  • 1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上としてください。


□副作用




□情報広場

日本では処方箋の薬をもらうとき、基本的に国民皆保険により3割の自己負担で済みます。
しかし、日本で販売されているED治療薬レビトラは保険が適用されず、10割全額自己負担です。

病院を受診しレビトラ20mgを1箱4錠分処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:0~1,500円
レビトラ20mg価格:1錠1,600~2,000円×4錠=6,400~8,000円
合計6,400~9,500円ほどかかってしまいます。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

レビトラ20mg(おまけのジェネリック付き)