アンドロクールジェネリック50mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

アンドロクールジェネリック50mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

アンドロクールジェネリック50mgは、抗男性ホルモン(抗アンドロゲン)剤アンドロクールジェネリック医薬品です。日本では先発品のアンドロクールは販売中止になってしまいましたが、海外では現在でも前立腺癌の治療のために使用されています。服用することで前立腺癌の原因である男性ホルモンを抑制することができます。

内容量 56錠/箱
剤形 錠剤(素錠)
有効成分 1錠中にシプロテロン(Cyproterone)として50mg含有
ブランド Wockhardt (ウォックハード)




□効果・効能

アンドロクールジェネリック50mgは、抗男性ホルモン(抗アンドロゲン)剤アンドロクールジェネリック医薬品です。

アンドロクールジェネリック50mgは、インドの大手製薬企業であるWockhardt (ウォックハート)社によって製造・販売されています。

日本では先発品のアンドロクールは販売中止になってしまいましたが、海外では現在でも前立腺癌の治療のために使用されています。

服用することで前立腺癌の原因である男性ホルモンを抑制することができます。そのため、アンドロクールジェネリック50mgは男性のみが服用することができます。

前立腺は男性に特有の臓器であり、精液の一部をつくる栗の実の形をした臓器です。

膀胱の下・直腸の前に位置しています(左右の部分に分けて、それぞれ左葉、右葉と呼ぶこともあります)。

前立腺癌は、この前立腺の細胞が何らかの原因で無秩序に増殖を繰り返す疾患です。

前立腺癌は年齢とともに発症頻度が増加し、特に65歳以上の方に多く80歳以上では20%前後の人に前立腺癌が認められるともいわれています。

比較的症状の進行がゆっくりであり、寿命に影響を及ぼさないと考えられる前立腺癌もあります。しかし、中には比較的症状の進行が早く、さまざまな症状や障害を引き起こすものもあります。

進行とともに癌は大きくなり、また、前立腺をおおっている膜(被膜)を破って近くにある精嚢、膀胱の一部などに広がっていくものもあります。癌がこのように広がることを浸潤といいます。

癌細胞は、リンパ液や血液の流れに乗って他の場所に移動し、そこで増殖することもあります。これを転移といいます。

前立腺癌は近くのリンパ節や骨に転移することが多く、肺、肝臓などに転移することもあります。

前立腺癌の原因は男性ホルモンへの依存性が高く、男性ホルモンが発症に大きく関与しています。

アンドロクールジェネリック50mgは、この男性ホルモンの働きを強力に抑制することができ、手術ができないような前立腺癌患者の症状進行抑制のためなどに使用することができます。

強力な抗男性ホルモン作用を目的として、性欲減退や女性化のためにも使用されています。

生物学的に男性で、性の自意識が女性であるMale to Female(MtF)の方が女性化のために服用することがあるようです。

注意点として、アンドロクールジェネリック50mgを服用することにより血栓ができやすくなるという副作用があります。場合によっては命にかかわることもあるので、アンドロクールジェネリック50mgを服用するときは十分に体調を確認するようにしてください。


□用法と用量

  • 通常、成人は症状に応じてシプロテロンとして、1日50~300mgを服用します。
  • 成人男性しか服用することはできません。
  • もし服用を忘れた場合はできるだけ早めに1回分を服用してください。
  • 次の服用時間が近いようであれば、1回分の服用をパスして次の時間から1回分服用してください。
  • 決して1度に2回分の量を服用しないでください。



□副作用

アンドロクールジェネリック50mgの有効成分シプロテロンは、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

  • 主な副作用として、歩行困難、脱毛、リビドー低下(インポテンス)、排便回数の増加、太陽光過敏症、ED(勃起不全)、皮膚出血、胸痛、異常な発毛、体重増加等が報告されています。
  • 重大な副作用として、肝毒性、腹腔内出血、血栓塞栓症等が報告されています。
  • シプロテロンの服用初期は、倦怠感や疲労感の副作用を起こすことがあります。
  • 多くの方は3ヵ月程度で徐々に慣れますが、耐えられないようであれば服用を中止するなど適切な処置を講じる必要があります。
  • 倦怠感や疲労感により思わぬ事故を起こすおそれがあるため、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事する際は注意してください。

これら以外にも注意するべき副作用がいくつかあります。

アンドロクールジェネリック50mgを服用して何か気になる症状があらわれた場合は、速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。




□情報広場

有効成分のシプロテロンは、2000年5月で国内の販売を中止しているため、日本の病院から処方してもらうことができません。

先発品であるアンドロクールも日本には存在していないので手に入れる方法がありません。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

アンドロクールジェネリック50mg