アテレック錠ジェネリック(シルニジピン)10mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

アテレック錠ジェネリック(シルニジピン)10mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

先発薬であるアレテック錠は、現在最もよく使われている高血圧治療薬の種類であるCa2+チャネル遮断薬という部類に属し、後に述べる様々な理由から現在高血圧患者に第一選択薬として投与されることがあります。アレテック錠は現在5mg、10mg、20mgの3錠形があり、1日1回食後投与します。

内容量 150錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 シルニジピン(Cilnidipine)10mg
ブランド J.B.Chemicals and Pharmaceuticals(J.B.ケミカルズ)




□効果・効能

アテレック錠ジェネリックは、Ca2+チャネル遮断薬(カルシウム拮抗薬とも呼ばれます)という分類の高血圧治療薬です。

Ca2+チャネル遮断薬が高血圧治療薬として用いられるのは、効き目がよく、また薬理学がしっかりと解明されていて安全性が高いからです(高血圧治療薬にはこの他にACE(アンギオテンシン変換酵素)阻害薬、利尿薬(ループ系やサイアザイド系)、β遮断薬、α遮断薬などがあります。ACE阻害薬では空咳、利尿薬では低カリウム血症など、それぞれ副作用が目立ちます)。

薬理学を少し説明します。血管壁を構成する細胞の中にカルシウムが流入すると、細胞の中で様々な情報が伝達されたのち、血管は収縮します。この時のカルシウムの通り道がCa2+チャネルです。このCa2+チャネルの機能を阻害することで細胞内にカルシウムを取り込めないようにして、血管を拡張して血圧を下げるのがアテレックなどのCa2+チャネル遮断薬です。

特に、細動脈はこのタイプの高血圧治療薬に高い感受性を持っていて、末梢血管抵抗を大きく低下させることで降圧効果がもたらされます。この、ダイレクトに血管を拡張させて血圧を下げるというのがCa2+チャネル遮断薬の一番の特徴・メリットなのです(だから副作用が少ないのです)。

末梢血管抵抗を下げるとともに、心臓の収縮を抑えることで心臓にかかる負荷を軽減する効果もあります。


□用法と用量

・アテレックジェネリックの服用は原則として1日1回、朝食後に服用してください。
・1回当たり5mg~10mgを服用し、効果が薄い場合は年齢・症状などを加味し、医師からの指導の上で1回当たりの量を20mgまで増やすことが可能です。
・高齢者の場合は、若い人に比べて副作用を起こす必要量が少ないので、少量からの服用で治療を開始します。
・ほかの降圧薬と併用するときは血圧の下がりすぎに注意します。
ジギタリスという心不全や心房細動の治療薬と併用すると、ジギタリス中毒を引き起こすことがあるので十分注意します。
・リファンピシン(結核の薬)やイトラコナゾール(抗真菌薬)との併用は相互作用を起こすことがあります。
グレープフルーツジュースは、アレテックを代謝していつまでも薬が機能しないようにしてくれる酵素を阻害する成分が含まれています。この酵素が阻害されるとアレテックの血中濃度が高いままになり、副作用が出やすくなってしまうので飲まないでください。この成分はグレープフルーツの「皮」に含まれていますので、グレープフルーツの果肉を食べる分には問題ありません(グレープフルーツジュースは皮ごとジュースにしているので問題が生じます)。
・使用にあたり、決められた飲み方、服用量を守って服薬してください。勝手に飲む量を増やしたり減らしたりしてはいけません。勝手に飲む量を減らすと離脱症候群の様に反動で高血圧に戻ってしまう場合があります。
・飲み忘れた場合、飲み忘れに気づいた時点から12時間以上次の服用までに時間がある場合は気付いた時点で飲んでください。12時間以内に次の服用時間がくる場合は、飲まずに次回の服用から開始してください。その際、2回分を同時に飲むことはしないで、決められた容量を服用してください。
・本態性高血圧であれば自身の生活習慣の改善も高血圧治療の一環とされます。薬に頼りきりにならず、減塩や運動習慣を付けるなどして、薬をできるだけやめられるようにしましょう。


□副作用

副作用が少ないと言っても体質によって多少現れる場合があります。その時に多いのが顔のほてりや潮紅、動悸や頭痛などです。直ちに重篤になる場合は少なく、徐々に薬になれて副作用がなくなることが多いのですが、長く続く場合やひどく症状が出る場合は速やかに受診することを勧めます。
・長期間の服薬を続けていると、四肢のむくみや歯肉の腫れを引き起こすことが分かっています。歯肉の腫れは歯磨きの際に丁寧に歯肉まで清潔に保つように意識すればある程度予防が可能であるとされています。
・非常にまれな例ですが、肝障害を引き起こす場合もあります。食欲不振や吐き気、皮膚黄疸や尿の茶褐色化が見られるようでしたらこれも速やかに受診してください。

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

※本剤は医師の指導のもと服用してください。




□情報広場





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

アテレック錠ジェネリック(シルニジピン)10mg