アテレック錠ジェネリック(シルニジピン)5mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

アテレック錠ジェネリック(シルニジピン)5mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

アテレック錠ジェネリックは、カルシウム拮抗剤と呼ばれる高血圧治療薬の1つです。カルシウム拮抗はアテレック以外にもありますが、心臓や腎臓保護作用を持つカルシウム拮抗薬はアテレック錠のみです。心臓や腎臓保護作用を持つ他の分類の高血圧治療薬もありますが、アテレックの方だが値段が安いです。

内容量 150錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 シルニジピン(Cilnidipine)5mg
ブランド J.B.Chemicals and Pharmaceuticals(J.B.ケミカルズ)




□効果・効能

アテレック錠ジェネリック5mgは、高血圧を治療するためのお薬です。

有効成分は、先発品であるアテレックと同じシルニジピンが配合されているため、効果・作用はアテレック錠とほぼ同一です。

高血圧の原因は様々ありますが、一番大きい原因は、血管の弾性(弾力)が少なくなることによって血液の流れが悪くなることです。その結果、心臓がより強い力で血液を送り出さなければならず、血圧が上昇してしまうということです。

アテレックの作用は、血管の筋肉(平滑筋)にあるL型カルシウムイオンチャネルを阻害し、カルシウムが平滑筋中に流入することを防ぎます。カルシウムが平滑筋に流入すると筋肉が収縮しますので、それを阻害することによって弛緩(筋肉の収縮を防ぐ)させることができます。また他にはないアテレックの特徴として、交感神経に存在するN型カルシウムチャネルも阻害します。このN型カルシウムチャネルを阻害することで、交感神経より放出されるノルアドレナリンの量を抑制します。結果、心臓の拍動を抑えたり、腎臓の血管を拡張させることになります。これを心臓保護作用、腎臓保護作用と呼んでいます。

腎臓保護作用はARB(アンギオテンシンレセプターブロッカー)と呼ばれる高血圧にもありますが、カルシウム拮抗剤に分類する薬剤の中で、腎保護作用があるのはアテレックのみです。ARBに比べるとカルシウム拮抗剤であるアテレックは安いため、使いやすいお薬と言えます。


□用法と用量

アテレック錠ジェネリックの服用は、原則1日1回、朝食後に服用してください。
・1回に服用する量は5mg~10mgですが、年齢や症状などによって増減することができます。1日の最大用量は20mgまでとされていますので、20mgを超えないようにしてください。
・アテレック錠ジェネリックを含むカルシウム拮抗薬は、急激に減量すると逆に血圧が上昇してしまう可能性があります。したがって、用量を調節される場合(増量、減量のどちらの場合も)は、医師に相談してから調節されることをおすすめいたします。
・もし飲み忘れた場合、飲み忘れに気付いた時点が次の服用まで12時間以上間隔があくのであれば、その時点で服用してください。12時間以内に次の服用がある場合は、飲まずに次の服用分から再開してください。
・食事に関して、グレープフルーツジュースとの併用は基本的に避けて下さい。グレープフルーツジュースは皮ごとジュースにしており、皮に含まれる成分がアテレック錠ジェネリック代謝する酵素であるCYP3A4を阻害します。結果、効果が強く現れたり、副作用が発現しやすくなります。グレープフルーツの果実にはその働きはありませんので、果実を食べていただくことで、このように副作用発現のリスクが高まることはありませんので、ご安心ください。
・アルコールに関して、適量であれば筋肉を弛緩させる作用もあり、リラックスするという意味で良いですが、多量のアルコールは逆に血圧を高めることが知られています。またアルコールによって脂っこいものを好んで食べるようになり、高脂血症なども引き起こしてしまい、狭心症心不全心筋梗塞のリスクを高めてしまいます。適度な量にとどめておくようにしてください。
・脂っこいものと併用すること自体は、問題ありません。色々なものをバランスよく摂るようにしてください。

※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。




□副作用

比較的多く認められる副作用として、めまい、ふらつき、倦怠感、眠気などがあります。いずれもこれまでの血圧よりも血圧が低下したことによって、体がそれについていけず生じるものです。従いまして、しばらく服用して体が慣れてくれば、自然と感じなくなる場合がほとんどです。ただし、症状が継続するようであれば、用量が多い可能性がありますので、医師に相談してください。
・その他の副作用としては、かゆみや発赤などの過敏症、肝機能障害、腎機能障害も報告されています。重大な副作用として黄疸(肝機能障害)、血小板減少などがあります。
・普段と異なる症状がありましたら、すぐに医師に相談するように心がけてください。

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

※本剤は医師の指導のもと服用してください。




□情報広場





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

アテレック錠ジェネリック(シルニジピン)5mg