アドボケート中型犬用「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

アドボケート中型犬用

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

アドボケートは犬用のフィラリア予防薬です。背中に垂らすスポットオンタイプと呼ばれるお薬で、フィラリアだけでなく、ノミや回虫などの寄生虫の予防ができるオールインワン製剤になります。本剤は、中型犬用であり体重10~25㎏の犬のための予防薬になります。

内容量 2.5mlx3本/箱
剤形 塗布剤(液体)
有効成分 本剤1ピペット(2.5ml)当たり以下の成分を含む/ モキシデクチン62.5mg、イミダクロプリド250㎎
使用期限 2020-03-31
ブランド Bayer (バイエル)




□効果・効能

アドボケート中型犬用は10~25㎏の中型犬に使うためのフィラリア予防薬です。本剤は背中に垂らすスポットオンタイプの薬で、フィラリアのみならずノミ・回虫・疥癬などのさまざまな寄生虫に効果のあるオールインワン製剤になります。日本の動物病院でも処方されるお薬ですので、安心して使うことができます。

フィラリアは蚊に刺されることで感染する寄生虫です。フィラリアの成虫は20㎝程度のそうめんのような形をした寄生虫で、心臓に寄生することで心不全を起こします。蚊に刺されて体内に入ったフィラリアの幼虫が、1~2か月かけて成虫に成長することでフィラリアの感染が成立します。

フィラリアに感染すると、初期には咳や運動不耐性(運動するとすぐに疲れてしまう)といった症状が出ます。進行すると、むくみや腹水など心不全の強い症状が出てしまい、心不全で亡くなってしまう怖い病気です。時に、血尿を出して突然死する急性フィラリア症を起こすこともあります。

アドボケートに含まれるモキシデクチンは、フィラリアの幼虫の神経に作用し、殺すことができる成分です。フィラリアの成虫には効果がありませんので、フィラリアが成虫になるまでの間に駆虫する必要があります。

その他、モキシデクチンは消化管内寄生虫である鉤虫や回虫、鞭虫などを駆虫する効果があります。これらの寄生虫は、犬の糞やネズミなどから感染することがあります。

また、疥癬(ヒゼンダニ)、耳ダニ(ミミヒゼンダニ)、ニキビダニ(デモデックス)など目に見えないダニにも効果があります。これらのダニは、犬の皮膚や耳に強い痒みや炎症、脱毛などを引き起こします。免疫力の弱い子犬や老犬に多い病気になります。目に見える大きなダニ(マダニ)には効果はありません。

また本剤には、イミダクロプリドというノミの駆虫成分も含まれています。イミダクロプリドはノミが犬を吸血するとノミの体内に入り込み、20分以内にノミを駆除するという即効性の高い成分です。


□用法と用量

  • アドボケートは背中に垂らすことで効果のある薬ですので、飲ませないようにしてください。
  • 本剤は、フィラリアの予防を目的とする場合には、フィラリア予防期間に月に1回使用するようにしてください。
  • フィラリアの予防期間は地域によって差がありますが、日本の本州では5~12月の6~8カ月間必要になることが多いです。正確なフィラリア予防期間はお住まいの地域の動物病院に確認するようにしてください。
  • 本剤を使う場合は、まずはパッケージを開けてピペットを取り出します。
  • ャップを開けても中にシールがありますので、キャップを開けたら逆向きにしてキャップを付けてください。そうすることで中のシールに穴が開き、使えるようになります。
  • 犬の肩甲骨の間の毛をかき分け、ピペットの先を地肌に付けるようにしてピペットを押して薬液を付けてください。
  • 毛に付くと流れ落ちてしまうことがありますので、必ず地肌に付けてください。
  • 1カ所につけて流れてしまう場合には、2,3カ所に分けて使っい、1回の投与で本剤全量使うようにしてください。
  • シャンプーをした後に本剤を付ける場合には、毛が乾いてから使用するようにしてください。
  • 本剤使用後にシャンプーをする場合には、4日開ける必要があります。本剤が乾いてしまえば水に濡れるのは問題ありません。



□副作用

  • アドボケートの有効成分であるモキシデクチンやイミダクロプリドは、犬を含めた哺乳動物には影響が少なく安全性が高い物質だと考えられております。
  • 副作用の少ない本剤ですが、投与部位の刺激により、皮膚の痒みや赤み、脱毛などを起こすことがあります。
  • また、嘔吐や流涎などが出るケースもあり、薬液を舐めてしまうとよだれが強く出ますので舐めさせないようにしましょう。
  • まれに、興奮や無関心などの行動異常が出ることもあると言われています。
  • もし、本剤を使って副作用と思われる症状が出てしまった場合には、本剤をぬるま湯などで洗い流し、動物病院を受診するようにしてください。



□情報広場

アドボケートは日本の動物病院でも販売されています。動物病院で手に入れるためには、犬を連れて受診し、フィラリアがいないかどうかの検査をしてもらう必要があります。その際には以下のような費用が掛かります。

初診料・検査料:~1,000円
フィラリア検査の費用:1,000~2,000円
アドボケート中型犬(1本あたり):1,800~2,500円
本剤のように3本まとめて購入する場合には、7,000~10,000円程度、1シーズン(6~8回分)購入する場合には15,000円~20,000円程度が相場になります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

アドボケート中型犬用