フロリネフ「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

フロリネフ0.1mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

犬や猫のアジソン病や副腎皮質機能低下症の治療のために開発されたペット用のお薬です。有効成分の1つである酢酸フルドロコルチゾンは、分泌が不十分な副腎皮質ホルモンを補充することを目的としています。

内容量 100錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 フルドロコルチゾン酢酸エステル0.1mg(1錠中)
使用期限 2021-05-31
ブランド Aspen Pharma (アスペン・ファーマ)




□効果・効能

フロリネフ0.1mgは、犬や猫のアジソン病や副腎皮質機能低下症の治療のために開発されたペット用のお薬です。

人に対する医療用医薬品として、フロリネフ錠0.1mgという商品がありますが、同一ではありませんので、間違えないようにしてください。

犬と猫のどちらにでも使用することが可能です。

フロリネフの有効成分は、酢酸フルドロコルチゾンとフルドロコルチゾン酢酸エステルという物質です。

アジソン病や副腎皮質機能低下症を発症すると、血圧低下による様々な症状を引き起こします。

有効成分の1つである酢酸フルドロコルチゾンは、分泌が不十分な副腎皮質ホルモンを補充することを目的としています。

もう1つの有効成分であるフルドロコルチゾン酢酸エステルは、合成鉱質コルチコイドと呼ばれる物質で、カリウムを排泄して、ナトリウム(塩)を貯蔵する働きをします。

ナトリウム(塩)を取り込むためには、水分も必要になります。体内に水分が多く存在すると、必然的に血圧が高まるため、アジソン病や副腎皮質機能低下症の血圧低下を改善する作用につながります。

この2つの有効成分により、より強力に症状を改善するのが、フロリネフの最大の特徴です。
 

□用法と用量 

元気がない、食欲がない、体重が減る、水をよく飲むなどの夏バテ様の症状が認められたからといって、すぐにこのお薬を使用することはやめてください。

副腎皮質ホルモンが十分分泌されているにもかかわらず、このお薬を投与することで、副作用が発生する可能性があるためです。

必ず獣医師の診察を受けてから、使用するようにしてください。

原則1日1回使用することになります。

猫の場合は1回0.1mg(1錠)、犬の場合は0.1mg~0.4mg(1錠~4錠)が基本となりますが、体重や症状などによって多少前後してきますので、獣医師に相談してから用量を増減するようにしてください。

フロリネフのような副腎皮質ホルモン剤は、急に使用を中止すると離脱症状(腹痛、下痢など様々な症状)が発生することが知られています。症状が改善してきたからといってすぐに中止するのではなく、一度獣医師に相談してから判断してください。



□副作用

比較的起こりやすい服用としては、食欲不振、嘔吐、下痢、喉の渇きが報告されています。お薬の効果として、ナトリウム(塩)を体内に保持しようという働きがあるため、喉の渇きは特に発生しやすく、水を飲むことが多くなります。カリウムを排泄する効果もあるため、元気がなくなるという副作用も比較的よく認められます。軽度なものであれば、問題ありませんが、気になるようであれば、一度獣医師に相談してください。


□情報広場

アジソン病、副腎皮質機能低下症とは、犬や猫の体内で合成される副腎皮質ホルモンの分泌量(合成量)が減少することによって、発症する病気のことです。

副腎皮質ホルモンの分泌量が減少する原因は、ストレスによるものが最も多いとされていますが、その他にも副腎皮質の働きに影響を与えるようなもの(腫瘍(がん)、薬剤、急なステロイドの中止など)があります。

また、犬の場合、発症しやすい犬種が知られており、日本で人気の高いビーグル、コーギー、プードルや、その他グレート・デーンバセットハウンド、スプリンガースパニエル、ロットワイラー、ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアです。6歳までの若い犬で発症しやすく、さらにメスで発症しやすいようです。

一方猫の場合、犬のような犬種や、年齢、性別による発症率の違いはないようです。猫の場合、アジソン病や副腎皮質機能低下症を発症することが、比較的珍しいようです。

初期症状は、元気がない、食欲がない、体重が減る、水をよく飲むなどの夏バテ様の症状が主なものであるため、発症に気付きにくいという特徴があります。重症になると意識消失などのショック状態や死亡に至るケースもあります。

季節の変わり目に発症しやすい疾患であるため、注意してあげましょう。





□レビュー

うちのおチビさんがアジソン病を発症したのは5歳7ヶ月のときでした。少し前から食欲が減り病院にも行き調べていただいていたのですが、特に原因もわからず季節の変わり目だからかな?と言う程度で様子見でしたが、ある日突然ぐったりして歩く事もままならず朝一番で病院に飛び込みそのまま入院して精密検査をしたところ、アジソンクリーゼを発症しておりとても危険な状態との事でしたが、先生も最善を尽くして頑張ってくださりました。
今まで 大きな病気もなく姉妹3匹の末っ子として元気に過ごしていましたが、定期健診もしておりましたので初めて耳にするアジソンと言う病気にとてもショックを受けました。
適切な治療のおかげでみるみるもとの元気な状態には戻りましたがフロリネフと言うお薬は一生服薬しなければならずきらすとまたクリーゼを発症してしまう可能性があるがきちんとお薬と付き合っていけば普通の仔と変わらず生活し寿命も全う出来るとの事。
その言葉通り来月には14歳になりよく遊び見た目にも毛並みも良くとても若々しく毎日ご機嫌に暮らしてくれています。
フロリネフは病院で処方していただくととても高価で毎月の病院での血液検査代などと含めると大変でしたが個人輸入してからは10ぶんの1以下のお値段で手に入りとても助かっております。
貴社とお取引をさせていただくようになりましたのは最近ですがとても迅速丁寧に対応してくださり有り難く存じております。
これからも1日でも長くお付き合い頂きたく思いますのでどうぞよろしくお願い致します。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

フロリネフ0.1mg