ローファスト10mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

ローファスト10mg100錠

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

日本でもお馴染みの抗アレルギー薬「クラリチン」のジェネリック医薬品です。通年性・季節性のアレルギー性鼻炎の症状(鼻水・鼻づまり・くしゃみなど)や皮膚アレルギーの症状(湿疹・蕁麻疹・かゆみ)を速やかに改善します。

内容量 100錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 ロラタジン10mg
ブランド Cadila Pharmaceuticals (カディラ・ファーマ)




□効果・効能

ローファストは有効成分としてロラタジン10mgを含有する抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)です。日本を含め世界中で人気のある「クラリチン」のジェネリック医薬品であり、インドの製薬会社Cadila Pharmaceuticalsが製造販売しております。

アレルギーの発症にはヒスタミンという体内物質が大きく関与しております。ローファストはこのヒスタミンが作用するためのスイッチ的な役割を持つ受容体を遮断することでヒスタミンの働きを抑制し、アレルギー反応を抑えます。また、ヒスタミン以外にロイコトリエンなどヒスタミンと同様にアレルギーに関与する化学伝達物質の遊離も抑制する作用があります。

花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎、ダニやハウスダストで起こる通年性アレルギー性鼻炎、蕁麻疹や湿疹・アトピー性皮膚炎による諸症状を速やかに改善します。アレルギーの根本的な原因を排除することはできませんが、継続的に服用している間はアレルギー反応を抑えることができます。

抗アレルギー薬は数多くの種類がありますが、ローファストはその中でも眠気や口渇などの副作用が現れにくく使いやすい抗アレルギー薬です。また速効性があるため、服用後は割とすぐに効果が発揮されます。持続時間も長く1日1回の服用で効果が持続します。


□用法と用量

  • ローファストを通常成人及び7歳以上の小児は有効成分ロラタジンとして1回10mgを1日1回食後に服用します。
  • 年齢・症状によって適宜増減します。
  • 飲み忘れた時には気づいた時に服用して構いませんが、一度に2回分を服用しないでください。過量投与は予期せぬ副作用が現れる恐れがあります。

最大限の効果を得るために

  • 飲み忘れのないように正しく服用してください。
  • また、花粉症などの季節性疾患の場合はシーズンが始まる直前から予防的に服用を開始し、その後継続的に服用することを推奨します。

併用して相乗効果のある薬剤




□副作用

一番多く見られる副作用は眠気や倦怠感ですが、他の抗アレルギー薬と比較すると副作用は少ないです。

主な副作用

  • 眠気、倦怠感、めまい、頭痛、口渇、腹痛、吐き気、動悸、発疹、肝機能値の異常など

重大な副作用

  • アナフィラキシーショック(蕁麻疹・顔や喉の腫れ・冷や汗・呼吸困難・顔面蒼白・血圧低下など)、重い肝障害(黄疸・食欲不振・倦怠感・茶褐色尿など)、てんかん発作、けいれんなど



□情報広場


ローファストの有効成分ロラタジンは日本でも承認されている成分であり、国内のあらゆる医療機関で非常に多く使用される抗アレルギー薬です。
また近年ではロラタジンの安全性の高さから第一類医薬品として承認され、薬剤師がいるドラッグストアでの購入も可能になりました。

クラリチン10mgの薬価は1錠77.6円なので、100錠処方してもらう場合の薬代は7,760円となります。
ここに診察料・調剤料などの受診費用が加算されると総額ではおよそ11,000〜12,000円になることが想定できますが、保険が効いて(3割自己負担)実際のお会計はおよそ3,300〜3,600円となります。
何らかの処置や検査が行われた場合は更に数千円加算されます。




□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

ローファスト10mg100錠