リリカジェネリック(プレガバリン)「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

リリカジェネリック(プレガバリン)150mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

つらい神経痛などの痛みを緩和するお薬です。米国ファイザー社が開発した、リリカと同じ成分である「プレガバリン」を150mg含むジェネリック医薬品です。

内容量 100錠/箱
剤形 カプセル剤
有効成分 プレガバリン(Pregabalin)150mg
ブランド Intas Pharma (インタス・ファーマ)




□効果・効能

リリカ(プレガバリン)は米国ファイザー社が開発した、神経痛・神経障害性疼痛などの痛みを緩和するお薬で、リリカジェネリックはリリカと同じ成分である「プレガバリン」を含むジェネリック医薬品です。痛みを伝える神経伝達物質の過剰放出を抑えることで、鎮痛作用を発揮します。

神経痛・神経障害性疼痛などは、障害や損傷を受けた神経が興奮しつづけ、痛みを伝える物質が過剰に出されることから、痛みとして感じます。この場合、痛みの原因となる病気やケガが治った場合でも痛みが長引きくことがあります。その結果、ちょっとした刺激でも痛みを感じたり、天気の変化で痛む場合もあります。 リリカはこうした痛みの原因となる神経系の過剰な興奮状態を抑えることで、痛みをやわらげます。 過剰な興奮状態になっている神経をしずめる作用があるので、一般的な鎮痛薬(NSAIDS)が効きにくいとされる、中枢性、末梢性の神経痛、神経障害性疼痛線維筋痛症による痛みにも効果的です。


□用法と用量

成人の場合、初期は1日2~3回に分けて150mgを服用します。症状に応じて1日最大300mgまで増量します。その後、さらに服用量を増やす場合は1日最大600mgまでとなります。

成人の場合、初期は1日2回に分けて150mgを服用します。
その後、徐々に増量し1週間をかけて1日300mgまで増やし、その後は300mgから400mgの間で維持します。1日の最大服用量は450mg以下とし、服用は1日2回に分ける。




□副作用




□情報広場





□レビュー

日本人の5人に1人はどこかしら慢性疼痛症と聞いたことがある。変形性股関節症はそのうちの多くを占めているのかな。
みんな、痛みとどうやって付き合ってるのかな。階段とか大丈夫なのかな?TVで色んなサプリメントとかやってるけど、グルコサミンとかヒアルロン酸とか。でも、即効性がないんだよね。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

リリカジェネリック(プレガバリン)150mg