フェマレグラ「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

フェマレグラ(女性用バイアグラ)

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

フェマレグラは女性のために開発された「女性用バイアグラ」です。性的興奮や性感度を高める・濡れやすくなる・オーガズムに到達しやすくなる効果が期待でき、満足いく性生活を叶えてくれます。

内容量 4錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 1錠にシルデナフィル(Sildenafil)として100mg含有
ブランド Sunrise (サンライズ)

フェマレグラの有効成分シルディナフルは血管拡張を妨げる酵素PDE5を阻害する作用があルため、PDE5阻害薬と呼ばれています。男性が服用する場合はこのPDE阻害作用によって血管を拡張し、陰茎海綿体への血流を促進することで勃起に導きます。

女性が服用する場合においては、シルデナフィルはPDE5阻害作用による血管拡張作用によってクリトリス(陰核)や膣内など女性器全体の血行を促進し血液量を増加させます。

血行が促進され血流が増加されることで、膣内の分泌液が増えて潤い濡れやすくなる・膣の潤いと血流上昇によりクリトリスなど女性器が火照って敏感になり感度が高まる・性感度の上昇により性的興奮が高まりオーガズムに到達しやすくなる・膣の潤いにより挿入による痛みが緩和されるなどといった自分自身もパートナーにとっても嬉しい様々な効果が期待できます。

更に、まだ研究途中ではありますが、シルデナフィルの血管拡張作用と抗酸化作用によりアンチエイジング効果が期待できると言われています。





□効果・効能

男性のED治療薬として開発され、世界的に絶大な人気を誇る「バイアグラ」。このバイアグラの有効成分シルデナフィルが女性に応用できないかと開発されたのがフェマレグラで、バイアグラと同様に満足いく性生活を叶える効果があることから「女性用バイアグラ」と呼ばれています。

女性用バイアグラといえば「ラブグラ」という商品が世界的に有名ですが、フェマレグラはラブグラと同成分・効果の商品です。ジェネリック医薬品のため安価でお買い得です。女性用の薬なので、可愛らしいピンク色の錠剤となっております。

フェマレグラは、女性の性生活のための薬で、性感度や性的興奮を高めて濡れやすくする効果があるため、世界中の女性に人気があります。医学的に確証はまだされていませんが、近年の臨床試験では女性用バイアグラとしての効果が明らかになってきています。

フェマレグラは、オーガズムに到達しない(イケない)・性交中あまり感じない(不感症)・濡れにくく性交痛が辛い・性欲がないという方に非常にお勧めです。


□用法と用量

  • フェマレグラを通常1回1錠、性行為の約45分〜1時間前に服用します。
  • 有効成分シルデナフィル100mgというのは成人男性にとっても高用量なので、女性が100mgすなわち1錠を服用すると薬が効きすぎたり副作用が発現する恐れがあります。
  • 特に初めて服用する際や小柄・痩せ型の女性は、ピルカッターなどで半分や更に半分の4分の1に切って25〜50mgで服用することを推奨します。
  • 効果が認められない場合、副作用などの問題がなければ増量を検討してください。
  • 次に服用する場合は、少なくとも24時間以上間隔を空けてください。
  • 服用後の効果発現には個人差がありますが、早い方だとシルデナフィルの即効性により15~30分程で効果が現れはじめ4〜6時間持続します。

最大限の効果を得るために

  • フェマレグラは食事の影響を受けやすいため、食後に服用すると効果が減弱してしまいます。
  • 最大の効果を発揮させるためには必ず空腹時に服用してください。
  • 服用後も800kcal以上の高カロリー食も控えておくとより効果的です。
  • アルコールとの併用は問題ありません。むしろ少量のアルコールはリラックス効果をもたらし効果の増大が期待できます。



□副作用

  • 偏頭痛、火照り、顔の紅潮、鼻づまり、動悸、消化不良(下痢など)、筋肉痛のような身体の痛みなどの症状が報告されています。特に頭痛とほてりは比較的起こりやすい症状です。症状は軽度であればさほど心配いりません。多くの場合は何度か服用の機会を設けるうちに身体が慣れて症状は出なくなります。
  • もしも症状が重い場合や24時間以上経過しても改善しない場合はすぐ受診してください。
  • 滅多には起こりませんが、その他重大な副作用として心血管系の異常、一時的な視覚障害などが挙げられます。

服用後に何らかの明らかな身体の異常が起きた場合はすぐに受診してください。




□情報広場

フェマレグラと同等の成分を含有している薬は男性のED治療薬である「バイアグラ」ですが、男性用の医薬品であるため女性が処方してもらうのはほぼ不可能だと思われます。
どうしてもクリニックで欲しいという方は、パートナーなど男性に頼んで代わりに受診してもらうのが賢明です。

バイアグラ50mg(国内に100mg製剤はありません。)の価格相場は1錠1,500円~2,000円なので、フェマレグラ4錠分に合うようにバイアグラ50mgを8錠処方してもらうと仮定すると、薬代は合計12,000〜16,000円となります。

バイアグラには国内でもジェネリック医薬品が販売されているためジェネリック医薬品を選べば数千円程度はお安くなりますが、それでも高額な出費です。
更に診察料などの受診費用も加算されることを留意してください。





□レビュー

感じないわけじゃないんだけどイケない性質で、彼に申し訳なく、思い切って購入しました。副作用とかがあるかもしれない、ということなので、まず、どんな感じになるか自宅で確認してみました。
空腹時に半分飲んだときは、30分位で身体が熱くなるような感じがあり。少し鼻がつまるような感覚はあったけど、ひどい感じはありませんでした。
別の日に1錠飲んでみたら、30分位たってから、少しぽかぽかしてきて、さらに目がチカチカしてきて、ちょっと怖くなってしまいました。しばらくしたら段々よくなってきましたが。他に薬を飲んでいたせいかもしれません。とにかく1錠は多すぎるのだと思います。でも、血行が良くなっているのは確か。半分で、今度、彼と会う時に試してみます。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

フェマレグラ(女性用バイアグラ)