カンピシシリン(アンピシリン)「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

カンピシシリン(アンピシリン)250mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

カンピシリンは、グラム陽性菌グラム陰性菌に対して効果があります。グラム陰性桿菌には抗菌作用が弱いペニシリンに比べても幅広い効果があるので、広域ペニシリンとも呼ばれています。

内容量 100錠/箱
剤形 カプセル剤
有効成分 アンピシリン250mg
ブランド Cadila Pharmaceuticals (カディラ・ファーマ)




□効果・効能

カンピシリンの有効成分はアンシピリンでペニシリン系の代表的な抗生物質の一つで、幅広い感染症に使用します。ペニシリン抗生物質は、感染症の原因となる細菌の細胞壁を破壊することで、細菌を殺菌する働きがあります。 

この細胞壁という部分は細菌の外側にある丈夫な膜で、ペプチドグリカンというタンパク質から作られていますが、カンピシリンはこのペプチドグリカンを合成する酵素の働きを阻害する作用があります。ヒトの細胞には細胞壁は存在しないので、細菌にだけ選択的に影響を与えることができるので、安全性の高い抗生物質といえます。 

それゆえに、カンピシリンは細胞壁をもたないマイコプラズマ細胞壁にペプチドグリカンがないクラミジアには効果がありません。 

カンピシリンは、グラム陽性菌グラム陰性菌に対して効果があります。グラム陰性桿菌には抗菌作用が弱いペニシリンに比べても幅広い効果があるので、広域ペニシリンとも呼ばれています。呼吸器、皮膚、眼科、婦人科、消化器、歯科、耳鼻科などで適応があります。尿路感染症や淋菌感染症(淋病)、梅毒などの性感染症に処方されることが多い薬です。

□用法と用量

  • 使用量の目安
  • 通常、成人は1回250~500mgを、1日4~6回に分けて経口服用します。
※服用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。


□副作用




□情報広場

通常、服用してから3~4日経過すれば、感染症の症状はは治っていきます。服用しても症状が変わらなかったり、悪化する場合は、カンピシリンでは効き目がない感染症や他の病気の可能性があります。医師の診察を受けるようにしましょう。 

カンピシリンは感染症の原因となる細菌を殺して体内で増加しないようにする薬ですが、中途半端に飲むと菌が中途半端に生き残り、生き残った菌は抗生物質に負けない耐性菌に変化していきます。抗生物質の服用は治療に必要な期間にとどめ、耐性菌の発現を防ぐようにしましょう。



□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

カンピシシリン(アンピシリン)250mg