アロプリノール100mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

アロプリノール100mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

アロプリノール100mgは、尿酸値が高いことにより発生する耐え難い痛み(痛風発作)を予防するためのお薬です。1日2~3回アロプリノール100mgを服用することで尿酸の産生を抑制することができ、それによって高尿酸血症を治療します。

内容量 28錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 1錠中にアロプリノール(Allopurinol)として100mg含有
ブランド Bristol (ブリストル)




□効果・効能

アロプリノール100mgは、尿酸値が高いことにより発生する耐え難い痛み(痛風発作)を予防するためのお薬です。

血液中の尿酸値が高い疾患のことを「高尿酸血症」といいます。

高尿酸血症と診断されるための尿酸値の目安は7.0mg/dLを超える場合です。

痛風(急性関節炎)は、そのような尿酸値が高い状態になると起こります。

血中尿酸値が高いことにより関節中で尿酸が結晶化し、その尿酸結晶がたまることで耐え難い痛みをあらわすのです。

「風があたるだけでも痛い」といわれる痛風

最初に経験する痛風発作は、尿酸の結晶が沈着しやすい足の親指に頻発します。

夜間に突然発症することが多く、激しい痛みと腫れが2~3日続きます。

ちなみに、98~99%の患者は男性です。

痛風を放置すると、関節が変形したり、腎臓など内臓にも悪い影響がでたりするので速やかに治療する必要があります。

アロプリノール100mgは尿酸降下薬といわれています。

アロプリノールは、古くから痛風高尿酸血症の治療に広く用いられています。

服用すること尿酸の生合成をおさえ、体内の尿酸を減らすことができます。

尿から排出される尿酸が減少するので、尿酸結石を合併している人に特におススメです。


□用法と用量

  • 通常、成人は1日量アロプリノールとして200~300mgを2~3回に分けて食後に服用します。
  • 年齢、症状により適宜増減します。

最大限の効果を得るために

  • 服用中は摂水量を多くし、1日の尿量を2L以上とすることが望ましい。(尿量を多くして結石の形成を予防するためにできるだけ水分を多くとるように)



□副作用

有効成分アロプリノールは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。

  • 主な副作用として、発疹、食欲不振、胃部不快感、軟便、下痢、全身倦怠感、脱毛等が起こることが報告されています。
  • 重大な副作用として、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、剥脱性皮膚炎等の重篤な皮膚障害、過敏性血管炎、薬剤性過敏症、ショック、アナフィラキシー再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、劇症肝炎等の重篤な肝機能障害、黄疸、腎不全、腎不全の増悪、間質性腎炎を含む腎障害、間質性肺炎、横紋筋融解症等が起こることが報告されています。

これら以外にも、副作用を起こすおそれがあります。
アロプリノール100mgを服用して、何か気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。




□情報広場

日本では、先発品のザイロリック錠100mgを病院から処方してもらうことができます。

日本の病院から、アロプリノール100mgの1箱28錠分と同じ量をザイロリック錠100mgで処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
ザイロリック錠100mgの価格:1錠21.5円×28錠=約610円
合計約4,110~5,110円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約1,240~1,540円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

アロプリノール100mg