ダイアモックス(アセタゾラミド)「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

ダイアモックス(アセタゾラミド)250mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

ダイアモックスは炭酸脱水酵素の働きを抑える薬で、主に緑内障の治療薬として使われます。炭酸脱水酵素は目や腎臓、脳などにある酵素で、水分と炭酸ガスの反応に関わります。緑内障とは眼圧が高くなる病気で、40歳以上の人を検査すると100人に4人がかかっているとされています。

内容量 90錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 アセタゾラミド250mg
ブランド Wyeth (ワイス)




□効果・効能

ダイアモックスは炭酸脱水酵素の働きを抑える薬で、主に緑内障の治療薬として使われます。炭酸脱水酵素は目や腎臓、脳などにある酵素で、水分と炭酸ガスの反応に関わります。緑内障とは眼圧が高くなる病気で、40歳以上の人を検査すると100人に4人がかかっているとされています。眼圧が高くなると視神経が障害を受けやすくなり、症状が進行すれば失明する恐れがあります。

眼の中には房水という液体が循環しており、房水が過剰に作られたり、房水が排出される部分が詰まったりすると眼圧が高くなります。房水の生成には炭酸脱水酵素が必要ですが、ダイアモックスは房水の生成に必要な炭酸脱水酵素の働きを抑えることで房水の生成を抑制し、眼圧を下げて症状の進行を抑える働きがあります。

また、メニエル症候群、月経前緊張症、睡眠時無呼吸症候群の症例に使用されます。また、高山病は血中の酸素濃度が低くなることで起こる症状ですが、ダイアモックスには呼吸中枢が刺激して呼吸回数を保つ働きがあるので、高山病の予防や治療に使われます。


□用法と用量

    • 使用量の目安
    • 緑内障:通常、成人には1日250~1,000mgを分割して服用する。
    • てんかん:通常、成人には1日250~750mgを分割して服用する。

(ただし、他の抗てんかん薬で効果不十分な場合)

    • 月経前緊張症:通常、成人には1日1回125~375mgを月経前5~10日間又は症状が発現した日から服用する。
    • 肺気腫における呼吸性アシドーシスの改善、心性浮腫、肝性浮腫:通常、成人には1日1回250~500mgを服用する。
    • メニエル病及びメニエル症候群:通常、成人には1日1回250~750mgを服用する。
    • 睡眠時無呼吸症候群:通常、成人には1日250~500mgを分割して服用する。
    • 高山病予防:1回125㎎を1日2回、高地に行く前日から服用を開始し、低地に戻るまで継続して服用します。

治療(軽度~中程度の高山病の場合)1回250㎎を1日2回朝夕に分けて服用します。 ただし、重症の場合はすぐに低地に戻り適切な治療を受けてください

※服用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。


□副作用




□情報広場





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

ダイアモックス(アセタゾラミド)250mg