テンビルEM(ツルバダ配合錠ジェネリック)「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

テンビルEM(ツルバダ配合錠ジェネリック)

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

テンビルEMは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の増殖を抑えることができるツルバダ配合錠のジェネリック医薬品です。服用することで後天性免疫不全症候群(AIDS)の治療に用いることができます。海外ではHIV感染予防のためにも使用されています。

内容量 30錠/箱
剤形 錠剤(フィルムコーティング錠
有効成分 1錠中にエムトリシタビン(Emtricitabine)として200mg、テノホビル ジソプロキシルフマル酸塩(Tenofovir Disoproxil Fumarate)として300mg含有
ブランド Cipla (シプラ)




□効果・効能

テンビルEM(ツルバダ配合錠ジェネリック)は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の増殖を抑えることができるツルバダ配合錠のジェネリック医薬品です。

テンビルEMは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

テンビルEMもそんなシプラ社が製造・販売している高品質な商品であり、安価でありながら非常に優れた治療効果を得ることができます。

先発品ツルバダ配合錠と同様に、1日1回服用することで後天性免疫不全症候群(AIDS)の治療に用いることができます。

海外ではHIV感染予防のためにも使用されています。


□用法と用量

  • 通常、成人には1回1錠(エムトリシタビンとして200 mg及びテノホビル ジソプロキシルフマル酸塩として300mgを含有)を1日1回経口投与する。なお、投与に際しては必ず他の抗HIV薬と併用すること。

<用法・用量に関連する使用上の注意>

  • 本剤の成分を含む製剤と併用しないこと。また、テノホビル アラフェナミドフマル酸塩を含む製剤についても併用しないこと。



□副作用

先発品であるツルバダ配合錠は、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

主な副作用として、脂質異常症、肝機能異常及び下痢等が起こることが報告されています。

重大な副作用として、腎不全又は重度の腎機能障害、膵炎、乳酸アシドーシス等が起こることが報告されています。

ジェネリック医薬品であるテンビルEMも同様の副作用を起こすおそれがあるので、注意するようにしてください。




□情報広場

日本では、先発品であるツルバダ配合錠を病院から処方してもらうことができます。

日本の病院から、ツルバダ配合錠を30錠処方してもらうのにかかるコストは、
病院の診察料や処方料:3,500~4,500円
ツルバダ配合錠の価格:1錠3863.6円×30錠=約115,910円
合計約119,410~120,410円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約35,830~36,130円かかります。





□レビュー

レビュー1・
 
 
レビュー2・


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

テンビルEM(ツルバダ配合錠ジェネリック)