プラミロール0.125mg「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

プラミロール0.125mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

有効成分の塩酸プラミペキソールが働き、パーキンソン病の特徴である、手足のふるえやこわばり、体の動作が不自由になるといった症状を改善します。

内容量  
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 (Candesartan)
ブランド Intas Pharma (インタス・ファーマ)




□効果・効能

プラミロールの有効成分は塩酸プラミペキソールです。パーキンソン病では脳内のドパミン系の神経の働きが悪くなり、手足のふるえやこわばり、体の動作が不自由になるといった症状がでてきますが、塩酸プラミペキソールドパミン受容体を刺激することで症状を改善します。

また、むずむず脚症候群(レストレスレッグ、RLS)にも使用します。むずむず脚症候群は、主に夕方から夜にかけて脚に不快な感覚が現れて脚を動かさずにはいられなくなり、不眠にもなる症状です。むずむず脚症候群ドパミンの機能の低下が関係していると考えられています。


□用法と用量

  • 通常、成人は1回0.25mg、1日3回(1日量0.75mg)から始めます。
  • 様子をみながら必要に応じて増量します。1週間ごとに1日量として0.5mgずつ増量し、維持量(標準1日量1.5-4.5mg)を定めてください。
  • 中等度〜高度の特発性レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)の場合は、通常、成人は0.25mgを1日1回就寝2-3時間前に経口服用してください。
  • 服用は1日0.125mgから開始し、症状に応じて1日0.75mgを超えない範囲で適宜増減しますが、増量は1週間以上の間隔をあけて行なってください。



□副作用




□情報広場





□レビュー

レビュー1・
 
 
レビュー2・


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

プラミロール0.125mg