ザンタックジェネリック「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

ザンタックジェネリック

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

十二指腸潰瘍や胃潰瘍の症状緩和を緩和する効果が期待できます。有効成分である塩酸ラニチジンが作用し、胃酸の分泌を長時間抑制するだけでなく、胃腸からの止血効果や出血防止の効果も期待できます。

内容量 100錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 塩酸ラニチジン(RanitidineHydrochloride)
ブランド Lupin Limited (ルピン)
 
  • 十二指腸潰瘍でお悩みの方に
  • 胃潰瘍でお悩みの方に
  • 食道逆流症の症状緩和したい方



□効果・効能

ザンタックジェネリックの有効成分は塩酸ラニチジンです。十二指腸潰瘍や胃潰瘍の症状緩和を緩和する効果が期待できます。ザンタックジェネリックは胃酸の分泌を長時間抑制するだけでなく、胃腸からの止血効果や出血防止の効果も期待でき、良性胃潰瘍の予防、術後の潰瘍治療、胃・食道逆流症の症状緩和、食道逆流症の治療にも使用されることがあります。

□用法と用量

  • 通常、成人は1日300mgを1回(就寝時)か、2回(朝・夜に150mgずつ)に分けて服用します。
  • 消化性潰瘍の再発抑制目的で使用する場合には1日150mgを夜服用してください。
  • 消化性潰瘍の治療薬としての服用期間は4-8週間とされています。
  • 逆流性食道炎の治療薬として使用する場合は、症状に応じて12週間までの服用が認められています。



□副作用




□情報広場

十二指腸潰瘍や胃潰瘍は、胃酸などの影響により潰瘍ができる症状です。口から肛門までの消化管の内側は粘膜でおおわれていますが、ピロリ菌、非ステロイド性抗炎症薬、ストレス、喫煙などが原因になり、粘膜が傷つくと胃液の攻撃にさらされ組織の一部がなくなった状態が十二指腸や胃潰瘍となります。日頃からストレス緩和を心がけたり、喫煙者の方は禁煙に取り組むとよいでしょう。



□レビュー

レビュー1・胃潰瘍・胃炎の症状は、私の場合30年程前から診断されておりまして、非常に若い時から苦痛に感じることのひとつでした。その当時より、何かの診察・検査等で診断することあるごとに、ばんたび胃潰瘍、胃炎という診断結果がなされ、私としては、どうにも納得のいかない年月が過ぎました。もちろん、その時々にあったお薬が処方されましたが、そのお薬を飲んだ時には、効果ありましたが、またすぐにぶり返すといった症状で苦痛でした。当然、別件で検査入院した時にも、その症状を調べてもらいましたが、
特に異常なしとのことで、どうにも、すっきりしない年月を送ってきてしまいました。
ここ近年といっても、15年以前より成人病検査の一つに、内視鏡検査のすすめがあり、胃内視鏡検査を毎年受けております。しかしながら、やはり結果は、同様であってなんともやるせない気持ちでいっぱいです。ここ数十年間これで、胃の状態や、それにともなう体調異変が出ないのも不思議なくらいです。こういった症状の人も世の中には、多々存在していると、思われますが、私の中では気持ちがいつもついてまわっております。ザンタックというお薬、これは以前より処方もされ存在していたであろうお薬、というのは、ここへ来てなぜか、この薬がやけに安定して良く効くんです。体調異変?暫くリピートかな!
 
 
レビュー2・飲む薬が決まってるならここで、これで十分です。国内処方薬は糖衣などのコーティングで飲みやすくしてますが、インド製のこの錠剤は本来の色そのままで舌の上に置いておくと苦くすぎて。。。先進国の人間は恵まれてますね。
手持ちがなくなったらまた注文します。



□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

ザンタックジェネリック