ケトコナゾールクリーム「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

ケトコナゾールクリーム(KZ Cream)

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要


世界中に大人気の抗真菌外用薬で、どんな症状にも対応しやすいクリームタイプです。水虫・カンジダなどの皮膚真菌症や脂漏性皮膚炎を改善します。ニゾラールクリームのジェネリック医薬品です。

内容量 30g/本
剤形 外用クリーム
有効成分 ケトコナゾール2%
使用期限 2020-10-31
ブランド Hegde & Hegde Pharmaceutica (ヘッジ・アンド・ヘッジ・ファーマ)

ケトコナゾールクリームは抗真菌作用を持った外用クリームです。古くから日本を含め世界中で非常に多く使用されています。

真菌はカビの一種です。多くの方々が悩まされる「水虫」は白癬菌、「カンジダ」はカンジダ菌という真菌の感染による皮膚真菌症です。
真菌には沢山の種類がありますが、代表的な真菌は白癬菌カンジダ菌、癜風菌などです。

真菌は身近に多く存在しています。例えばカンジダは常在菌で普段は体内で眠っていますが、疲労・病気・ストレスなどの要因で身体の免疫が低下するとカンジダ菌が異常増殖してカンジダ症を発症します。また、性器カンジダは性器感染するために性感染症としても知られています。

ケトコナゾールクリームの有効成分ケトコナゾールは強力な抗真菌作用を持っており、真菌の発育を抑制して殺菌します。
主に白癬(水虫)や皮膚カンジダ症の治療に世界中で非常に多く使用されています。
膣内・尿道部など粘膜部位を除けば、もちろん陰部にも使用できます。

更にケトコナゾールクリームは「脂漏性皮膚炎」に対しても有効です。
脂漏性皮膚炎は頭皮や顔など全身に起こる皮膚の炎症・湿疹ですが、マラセチアという真菌の異常増殖が主な原因のひとつであるため、有効成分ケトコナゾールの抗真菌作用がマラセチアを殺菌して脂漏性皮膚炎による症状を改善します。

日本でも「ニゾラールクリーム」という商品名で販売されております。処方箋医薬品なのでドラッグストアなどでは購入できません。
ケトコナゾールクリームはニゾラールクリームのジェネリック医薬品なのでお安くお買い得です。




□効果・効能

ケトコナゾールクリームの有効成分ケトコナゾールはイミダゾール系の抗真菌薬で、強い抗真菌活性と広い抗真菌スペクトルが特徴です。
白癬菌カンジダ、癜風菌などの様々な真菌に対して抗真菌作用を発揮します。

ケトコナゾールは真菌細胞の細胞膜の成分であるエルゴステロールの生合成を阻害することで真菌の発育を抑制・阻止し、死滅させます。
エルゴステロールは真菌細胞が持つ特有の成分であるため、エルゴステロールを持たない人間の細胞に対してケトコナゾールは影響しません。そのため細胞毒性がなく安心してご使用頂けます。

ケトコナゾールクリームは白癬菌による足白癬(水虫)・体部白癬(ぜにたむし)・股部白癬(いんきんたむし)、カンジダ菌による皮膚カンジダ症、癜風菌による癜風、脂漏性皮膚炎などの治療に世界中で非常に多く使用されています。

また、有効成分ケトコナゾールにはAGA(男性型脱毛症)の原因物質である悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑制する作用があり、AGAの予防・改善効果も認められています。
ただし、本剤のようにクリームタイプは頭皮への使用はあまり適していません。AGAの予防改善目的や頭皮に発症した脂漏性皮膚炎の治療目的で頭皮に使用したい場合は有効成分ケトコナゾールのローションタイプやシャンプータイプを推奨します。(当サイトで購入できます。)

クリームタイプは頭皮には不向きですが、刺激が少なくどんな症状に対しても万能に使用できることがメリットです。刺激痛や炎症などの皮膚の副作用もほとんどないので長期的な治療に適しています。
また、人間だけでなく犬や猫などペットの皮膚症状にも使用可能です。


□用法と用量

白癬、皮膚カンジダ症、癜風などの皮膚真菌症に対する治療の場合

  • ケトコナゾールクリームを通常1日1回、患部に適量を塗布します。
  • 真菌は患部周辺に幅広く潜伏している可能性があるので、確実に全ての真菌も殺菌するためにも患部よりやや広めの範囲に塗布してください。

脂漏性皮膚炎治療に対し使用する場合

  • ケトコナゾールを通常1日2回、患部に適量を塗布します。
  • この場合も上記と同様、やや広めに塗布することをお勧めします。

患部を清潔にしてから塗布してください。夜使用する際はお風呂上がりがお勧めです。

粘膜部位や傷のある部位には使用しないでください。例えば膣カンジダの場合、陰部に使用できますが膣内に薬剤を入れないでください。膣内には膣錠を使用してください。

ケトコナゾールクリームは速効性に優れていますが、真菌は皮膚の深いところに潜んでいるので完治するまでには長い時間を要する傾向にあります。
特に足の裏など角質層が厚い部分では数ヶ月~年単位で継続的に使用することもあります。
必ず医師の判断に従って継続的に使用してください。自己判断で使用を中止すると再発・悪化する恐れがあります。

ケトコナゾールクリームの使用を開始してから一定期間(2週間程度)経過しても症状の改善が見られない・悪化した場合は薬が合わないもしくは原因が異なる可能性が高いです。
その場合は他の治療法を検討しましょう。

最大限の効果を得るために

  • 正しい用法用量で根気よく使用してください。
  • 患部は常に清潔を保ち、衛生環境を整えましょう。
  • 患部が性器の場合は性交渉時にコンドームを装着する・通気性の良い下着を履く・蒸れやすい服を避けるといったことも心がけましょう



□副作用

  • 頻度は少ないですが、皮膚の刺激感、発赤、紅斑、かゆみ、かぶれ(接触皮膚炎)、乾燥などの皮膚症状が報告されています。そのいった症状が現れたらケトコナゾールクリームの使用を中止して医療機関を受診してください。
  • 全身的な副作用はほとんどありません。
  • 滅多に起こりませんが重大なアレルギー反応であるアナフィラキシーショックというものが挙げられます。初期症状は発疹、蕁麻疹、喉や唇の腫れ、呼吸困難、血圧低下などです。
  • 万が一ケトコナゾールクリーム使用後に何らかの異常が現れたら、すぐに医療機関を受診してください。



□情報広場

日本でも「ニゾラールクリーム」という商品名で、ケトコナゾールクリームと同様の製品が販売されており、数多くの医療機関で頻繁に使用されています。
ニゾラールクリームの薬価は1gにつき33.4円なので、30gの場合の薬代は1,002円です。
これに診察料など受診にかかる様々な費用が加わると総額ではおよそ5,000円前後になると想定されますが、保険適用の3割負担でおよそ1,500円前後となります。
ただし、何らかの処置や検査を受けた場合は更に1,000~数千円かかります。



□レビュー

レビュー1・マラセチア暦 4年の老猫に使用し、2日目くらいに効いたと思えました。
使用期間 まだ10日位です。
今は耳の中はキレイになってるのですが、耳の外の頭部、耳の外側の皮膚へ塗っています。
毎日、先ず 洗浄液で清拭し 丁寧にクリームをつけます。
ローション等も使いましたが、うちの猫にはイマイチでした。
クリームは、皮膚に留まるので効果あるのではないかと思います
こうして、見てると 皆 苦労してるな・・と思います。
がんばって、星 5つにしたいです。 金額に多少 変動があるようですね
 
 
レビュー2・子どもの背中のブツブツがニキビだと思って、ずっとニキビ薬を塗っていましたが治りが悪く、色々調べた結果マラセチアではないかと思い立ち、最初は日本の水虫薬を使っていましたが、子どももショックだろうし、効果の高そうなこちらを注文してみました。
その結果、今までに見られないくらい効果を感じています。
ニキビやその他の皮膚炎も混ざっているのかも知れませんが、細かなプツプツには
本当に良く効きます。薄くなっても安心せずにしばらく使うのが良いとの事なので
更なる効果を目指し、2本目を注文しようと思います。
病院に行く時間の無い人には、大変ありがたいと思います。
ニキビ薬の効かないブツブツに悩んでいる人には、是非試してもらいたいです。



□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

割引イベント開催中!!

 

 

ケトコナゾールクリーム(KZ Cream)